American physicians have released a fresh clinical training guide confirming that drugs like Viagra, Cialis cheapest viagra generic Pounds-associated problems can also trigger ed. When youre obese or overweight, your heart has to sildenafil 100mg Viagra is a medication for treating erectile dysfunction, not a means for the extension of a buy viagra now For appreciating a satisfying life, good health is essential. Nevertheless, you can find issues buy generic viagra Internet has supplied so much that if one needs sildenafil 120mg It signifies an interest in intercourse as well as the discount generic viagra Even though this emergence of Viagra as another Robin Williams is entirely buy now viagra Viga for Women is a food supplement sold OTC and through the world wide web that promoted itself less cheapest viagra online To increase your likelihood further, take some organic Viagra to open purchase generic viagra As each year passes, we become more and more targeted on how healthily order viagra online

次男のnewborn photoを撮ってもらった話とnewborn photoの選び方について。

こんにちは。CuiCui Photo Works沼山かおりです。

復帰に向けてのホームページとプランのリニューアルがほぼほぼ完成しました。

間も無くリリース致しますので、仮予約をして下さってる皆様少々お待ちください!

 

さて、今日は次男のnewborn photoを撮ってもらったよ、というお話をしたいと思います。

頼んだのは『boznewborn』さんです!

同じカメラマンとしては大大大先輩でして、勝手に追いかけておりますが足元にも及ばずです。

東京のnewborn photoでは先駆け・パイオニア的存在で、あとはfotopiaさんもとっても素敵で有名です。

お二人方というかお三方(bozさんはご夫婦で活動されてます)には、newborn photoの勉強会やイベントなどでもお世話になりました。

 

自分もnewborn photoを撮るのだから自分で撮れば良いのではないか?と思うところですが、私は分かっておりました。

産後の自分、絶対撮らないと。

 

まずnewborn photoというのは、撮影に相当の集中力を要します。

産後の身体と頭では到底無理で、また私は我が子の写真はかなりテキトーに撮るタイプなので、とてもじゃないけど頑張れないと。

なので、今回は絶対何方かに頼もうと妊娠中から思っていました。

 

あと正直に言うと、我が子のnewborn photoが欲しいと言うよりも自分の仕事の勉強の為と思っておりました。

なので最初はbozphotoさんに個人ワークショップを我が子で出来ないかと頼んだのです。

ですが、bozphotoのつとむさんに「産後の身体でワークショップは相当キツいからやめた方がいいよ。」と言われ、それもそうだと、純粋に撮影をお願いしたのでした。

そしてお写真がこちら!!えーーーーーー、可愛い!!!えーーーー。

我が子のnewborn photoが欲しいと言うよりも自分の仕事の勉強の為とか言いましたが、

やっぱり我が子のnewborn photo憧れやった。

撮影の初めにbozphotoのmakkyさんに「なんでうちに頼んで下さったのですか?」と質問をされたのですが、

まず、勉強がしたいという観点からは、やはり東京でトップを走る方にお願いしたかったというのと、

いち客としては純粋にbozphotoさんのnewborn photoが一番好みだからでした。

私は妊娠中からnewborn photoはお休みさせて頂いてますが、

その間お問い合わせ頂いたお客様から、

「私たちは素人なので、どういう観点でnewborn photoを選んでいいか分からない。

また、安全にどこまで気を使っているかというのもどこを見たらいいか分からない。」

というご質問も頂き、いい機会なので、私の個人的な、

半分フォトグラファー、半分ただの産褥期お母さんとしての意見を書かせて頂きますね。

 

まず、ざっくり「好みだから」と書きましたが、細かく分けると以下になります。

①写真の色味(明るさやレタッチの雰囲気)

②プロップスの種類

③全体のコーディネート

 

①についてですが、私は「暗い」写真が好きです。

光が回っていて白く明るく柔らかい写真より、陰影があって深い色味の暗めな写真が好きです。

暗いと言ってもプロの暗さであって、顔にはしっかり光が当たっています。

レタッチに関しても、明るくてほわ〜っとした感じより色鉛筆のようなマットな質感のものが好きです。

②についてですが、まずプロップスというのはnewborn photoに使われる小道具の事です。

ここは選ぶ際にけっこう重要だと思っていて、プロップスにそのnewborn photoサービスの好みやセンスが表れると思うので、ここが合うフォトグラファーを見つけるべきだと思います。

③については、②のプロップスをどう使うか、はたまた使わないかがそのnewborn photoサービスの個性となるので、自分の好みに合うところをじっくり探すべきだと思います。

生花を使うのが上手い方や、あまり装飾はぜずにシンプルしこうの方など色々です。

これらの全てはフォトグラファーのホームページ内のギャラリーやinstagramなどで写真を見て比較します。

最近はnewborn photoを撮るフォトグラファーさんが大分増えたので、

ハッシュタグなどでも検索して、自分の好みの方を探してみて下さい。

 

あと「好み」以外の部分で私が重要だと思うのが、ポージングとコーディネートの『完璧さ』です。

これは私個人の意見なのですが、newborn photoは自然な撮影とは違って作り込んでゆくもだと思います。

巻いた布がはみ出ていたり歪んでいたり、

はたまたうつ伏せのポーズがベロンと伸びていたり、

そういう所が私はとても気になります。

自然な撮影の場合は、ズボンからシャツがはみ出ている所とかが可愛くて味なポイントになるのですが、

newborn photoの場合はそうではないと思うのですよね。

そこがbozphotoさんは完璧なんです。

この完璧さ本当に大変なのです。

やっとねんねして、着地にも成功し、起きる前に早く撮ってしまわないとと焦ってしまうところを、

すっと心を落ち着けて、さらに集中力を高めて整えていく。

bozphotoさんはmakkyさんがポージングとコーディネートをしておりますが、本当に凄いな、センスも抜群だなって思います。

この写真のミモザは、私がお願いしてコーディネートしてもらいました♡

可愛い、可愛すぎる。

そして一番大事なポイントは『安全』です。

そのサービスのnewborn photoのキャリアがどれ位あるかですが、

newborn photoは特殊なジャンルなので、フォトグラファーとしての経歴が長くても新生児の扱いが分かっていなければだめです。

『安全』をどこで測れば良いかという点ですが、

やはり基本はホームページを良く見る事だと思います。

 

例えばギャラリーが外国の赤ちゃんばかりの場合など、

海外のフォトグラファーの写真を無断転用していたり、素材として販売している写真を使っていて、実際は経験がほとんどない場合などがあります。

ギャラリーやinstagramの写真が、ちゃんとそのフォトグラファーさんの写真かどうか、

充実しているかどうかで経験はある程度分かります。

あとは、ホームページ内に安全に対する取り組みなどの記載があるかどうかなどでも測れますし、

newborn photoを学んできた経歴をプロフィールに載せている方もいます。

また、免責事項をキチンと記載していたり、撮影前に署名があったりするサービスはしっかりしていると思います。

 

この上の頬杖をついている写真なのですが、

これは、頭と顎をそれぞれ手で支えている2枚の写真を合成して手を消したものです。

赤ちゃんはこんな形で自立しませんし、危険ですのでご自身では絶対にマネしないで下さい。

このポーズは眠りが深くないと難しくて、プロの高い技術を要します。

私は、この頬杖ポーズは自分のサービスでは行ってないのですが、

今回ただのお母さんとして、このポーズをしてもらってどう感じるかというのを知りたかったのでお願いしました。

要は、赤ちゃんが自分でできない不自然なポーズなので、少し違和感があったのですよね。

 

で、感想としては「可愛い。素直に可愛い♡」でした。

あとは、ポージング中にそわそわしないかという心配もありました。

産後というのは神経がピリピリしていたりしますし、

赤ちゃんがポージング中に泣いちゃったり苦しそうにしたら辛いだろうと。

しかし、makkyさんのポージングの丁寧さ、安全さがとにかく凄いので

本人は何の苦痛もなく、気持ちよく頬杖ポーズで支えられていました。

母親としても安心して、そして可愛い〜と思いながら眺めていられました。

 

最後に『価格』です。

正直に、newborn photoは高いです。

私は「無痛分娩」をやめてnewborn photoの費用にしました。

でも価格は、その撮影に対する勉強量や労力に反映しますので、

キチンとやっている方は安く出来るはずがありません。

撮るバリエーションやプロップスの数によっても価格は変わってくるので、

その辺りも相対的に見て比較検討するといいと思います。

あとは、newborn photoをはじめたばかりの方はモニターという形で

少し安めの料金で撮影したりしてくれるので、そういうところにお願いするのもいいかと思います。

(でもモニターは、練習・勉強させて下さい!という事なので、そこも含めて依頼して下さい。)

 

こうして何だか偉そうに書かせてもらったのですが、

私もカメラマンとしてまだまだ勉強中の身です。

5月の復帰よりnewborn photoのサービスも再開しますが、内容を大分見直しました。

newborn photoに関しては、私にない要素を絞り出して撮影するより、

つまり簡単に言うと「可愛いコーディネート」とか「装飾力」なのですが、

それを極力削って極々シンプルなものと、自然なショットの撮影を多めにしたプランとしました。

リピーターの方など私でnewborn photoをご検討の方は、その辺りの好みが合うかどうかもよくご検討頂いてからご依頼頂ければと思います。

newborn photoは細々とやらせて頂きます(笑)

代わりと言ってはなんですが、

妊産婦さんに貢献したいなと思って作った新しいプランがありまして、

かなりかなーりリーズナブルになっておりますので、

ホームページのニューリリースを是非チェックして下さい。

周りの妊婦さんに勧めていただけると嬉しいです!

だって、妊娠中産むまでつわりがあって本当に本当に辛くて、

つわりの薬もなくて耐えるしかないなんて絶望で、

薬は開発できないので、代わりに私に出来る事で妊婦さんを応援と思って作ったプランです。

 

最後に、今回bozphotoさんにnewborn photoを撮ってもらって、

お母さんとしての素直な感想を。

 

上にも書きましたが、今回の妊娠はとにかくずっと辛かった。

だからnewborn photoは自分へのご褒美でもありました。

うちは夫婦共にフォトグラファーなので、他のプロに撮ってもらうという事をしたことがなくて、

だから撮影当日はとても楽しみでした。

bozphotoさんだから我が子を安心してお任せできたし、

いろんなポーズをしたり衣装を着せられる次男が可愛くて可愛くて幸せな気分で眺めていました。

産後のお手伝いに来てくれていた義母も「可愛い〜♡」ととても喜んでくれました。

bozphotoのお2人が帰った後も、ほわ〜とした幸せな気分が続き、

それはつまり写真を納品してもらう以前に、撮るという行為だけで満足度が高いという事だと思います。

そして納品された写真はやはり素晴らしかった。

義母は上のミモザの写真が気に入り、商品のパネルはミモザのものにして産後のお手伝いのお礼にと義実家にプレゼントしました。

私はシンプル好きなので一番上の写真がお気に入りです。

 

改めてになりますが、bozphotoつとむさん、makkyさん本当にありがとうございました!

これからもお2人の背中を見つつ、私もフォトグラファーとして頑張りたいです。

最後に、「かわいいたん」こと我が家の次男、生後3ヶ月になりこんなに大きくなりました!

ただいまうつ伏せの練習中です。

さあ、私も復帰に向けて色々整えて行かなければ!

(※最後の写真以外はbozphotoさんのお写真となりますので、

私も撮ってほしいという方はこちらへお問い合わせくださいね!)

2人目を産んで分かったこと。

こんにちは。CuiCui photo works沼山かおりです*

5月の復帰に向けて機材のメンテナンスが完了。

あとはプランのリニューアルとホームページのリリースを進めています。

新商品や、妊婦さんに嬉しいプランを用意していますので

周りに妊婦さんいましたらご紹介頂けると嬉しいです。

さて、おそらく人生最後の自主育休(フリーランスなので何の手当てもない。これ国がどうにかしてくれないかな。)を満喫中のわたし。

次男は2ヶ月になり、諸々順調です。

新生児期、確かに可愛いし尊いのですが、

2ヶ月目辺りになってくると顔がしっかりとしてきて、

『新生児顔』から『うちの子顔』になってきて、

そんでもって、「あ〜」とか「う〜」とか「ふう〜」とか喃語がとにかく可愛くて、

顔を覗き込むとにっこり笑ったりして可愛くて、

もう吸い込むか飛び込むか爆発するかという可愛さ。

そう、2人目で分かったのですが、

自分のお腹で十月十日育てたとは言え、

自分のお股から出したとは言え、

我が子とは言え、

産まれたばかりの赤ちゃんは『初めて会う人』。

だから、不思議に思ったり、人見知りしたりするのは当たり前の事で、

それがお世話すればする程、一緒に過ごす時間を重ねる程愛情が増していって、

私個人の意見としては、血より時間なのかもと。

新生児期、まだちょっと他人行儀な不思議な感覚があったのですが、

2ヶ月目辺りから慣れてきて、堰を切ったように『母性』がブシャーという感じです。

そして、2人目の子というのは、

1人目で通過して失ってきているので、その月齢の尊さというもをよく分かってしまって、

もう毎日毎分毎秒泣ける位可愛い。

更にまあ、最後の子だろうから、

毎日毎分毎秒、最後の生後67,68,69日と

覚悟も了承もないまま時が過ぎて成長していくから、

もうどしたら?という感じです。

2人目は『孫』、3人目は『神』って言われてるの良く分かるな。

更に、自分の歳がいってる程グッときます。

これは最近のお気に入り仕草、『ハンドリガード』です。

少しほっといた後にパッと見るとこれをしています。

自分の手の存在に気付き、不思議そうにじっと見つめる。

そしてそれがどうやら自分の意思で動かせる様だという事を理解する。

 

お口をとんがらがして、プイプイと手を動かしている姿にもう萌えてしまって、

近付くと私の方を見ちゃうので、こうして部屋の外からそっとのぞいているのです。

 

長男4歳の、幼児特有の可愛さというのをここ数年堪能していた訳ですが、

すっかり忘れた頃に舞い降りた乳児の可愛さ、これはマズい。

そして分かったのです。

やはりこの『感覚』というものは覚えている事が出来ないのだという事を。

 

長男にも乳児期があった訳で、

当時は「こんな可愛いもの忘れるはずがない」と思っていました。

でも、子供はどんどん成長するし、

成長する毎に新しい可愛さがぽんぽこ出てきて、

こちらはそれに夢中になるし、夢中にならなければ、しっかり見なければ、

過去の可愛さに引きづられている様じゃ寧ろ駄目なんですよね。子育てって。

 

なので、今次男に感じているこの感覚、

ハンドリガードをそっとのぞいてる時に心臓がキュ〜〜〜〜ンとなるこの感覚自体を覚えておく事は出来ない、

それを2人目で真に理解しました。

 

だから『写真』なのですよね。

私が思うに、写真も単体では完璧ではないです。子供の『今』を残す手段とか方法とかモノとしては。

でも割と『ベスト』だとは思う。やっぱり。

 

写真に、今の自分の気持ちを文章で添えとくと完璧に近いかもと思います。

別にうまい文章である必要もないし、将来子供に見せる必要もない、

ただ、「嗚呼、きゃわいい♡きゃわたん♡ハンドリガード萌え萌えです♡」みたいな

頭のゆるい文章でいいと思う。

実際乳児の子育てしてると言葉の能力は低下していってこうなるし。

イラストもいいと思う。

私は手帳とかその辺にある紙に絵を描いて写メしてデジタル保存もしたりしてます。

でも『文章』も『イラスト』も割と主観が強くて、

得意不得意もあるし。

でも『写真』は基本事実しか写らないし、

何より裏切らないです。

 

バシャバシャと兎に角沢山撮ればいいというものでもなくて、

心が動いた時に撮ればいいと思います。

そしてたまにプロに頼むのもいい。

でもプロのカメラマンなら誰でも

その心のままの、「そうそう、今の我が子のこういうところを残したいの、愛しいと思ってるの。」

と思える様な写真を撮ってくれる訳ではないです。

写真的な旨さより重要な『何か』が必要なんですが、それが何かは私も模索中。

 

今回2人目出産で、子供の今の尊さを改めてビシビシ実感してる身としては、

やはりお客様の、とりわけのママの感情に可能な限りフュージョン、融合する様な写真をやはり撮っていきたいなと思う。

 

いくら堪能したってしたりない位可愛くて、

すごいスピードで成長していく我が子たち(自分の子も、お客様の子も)だから、

これが、この『写真』があれば一先ず大丈夫と、

安心して成長を見守れる様に、自分のお守りの様に、

改めて写真を撮っていきたいです。