American physicians have released a fresh clinical training guide confirming that drugs like Viagra, Cialis cheapest viagra generic Pounds-associated problems can also trigger ed. When youre obese or overweight, your heart has to sildenafil 100mg Viagra is a medication for treating erectile dysfunction, not a means for the extension of a buy viagra now For appreciating a satisfying life, good health is essential. Nevertheless, you can find issues buy generic viagra Internet has supplied so much that if one needs sildenafil 120mg It signifies an interest in intercourse as well as the discount generic viagra Even though this emergence of Viagra as another Robin Williams is entirely buy now viagra Viga for Women is a food supplement sold OTC and through the world wide web that promoted itself less cheapest viagra online To increase your likelihood further, take some organic Viagra to open purchase generic viagra As each year passes, we become more and more targeted on how healthily order viagra online

2人目を産んで分かったこと。

こんにちは。CuiCui photo works沼山かおりです*

5月の復帰に向けて機材のメンテナンスが完了。

あとはプランのリニューアルとホームページのリリースを進めています。

新商品や、妊婦さんに嬉しいプランを用意していますので

周りに妊婦さんいましたらご紹介頂けると嬉しいです。

さて、おそらく人生最後の自主育休(フリーランスなので何の手当てもない。これ国がどうにかしてくれないかな。)を満喫中のわたし。

次男は2ヶ月になり、諸々順調です。

新生児期、確かに可愛いし尊いのですが、

2ヶ月目辺りになってくると顔がしっかりとしてきて、

『新生児顔』から『うちの子顔』になってきて、

そんでもって、「あ〜」とか「う〜」とか「ふう〜」とか喃語がとにかく可愛くて、

顔を覗き込むとにっこり笑ったりして可愛くて、

もう吸い込むか飛び込むか爆発するかという可愛さ。

そう、2人目で分かったのですが、

自分のお腹で十月十日育てたとは言え、

自分のお股から出したとは言え、

我が子とは言え、

産まれたばかりの赤ちゃんは『初めて会う人』。

だから、不思議に思ったり、人見知りしたりするのは当たり前の事で、

それがお世話すればする程、一緒に過ごす時間を重ねる程愛情が増していって、

私個人の意見としては、血より時間なのかもと。

新生児期、まだちょっと他人行儀な不思議な感覚があったのですが、

2ヶ月目辺りから慣れてきて、堰を切ったように『母性』がブシャーという感じです。

そして、2人目の子というのは、

1人目で通過して失ってきているので、その月齢の尊さというもをよく分かってしまって、

もう毎日毎分毎秒泣ける位可愛い。

更にまあ、最後の子だろうから、

毎日毎分毎秒、最後の生後67,68,69日と

覚悟も了承もないまま時が過ぎて成長していくから、

もうどしたら?という感じです。

2人目は『孫』、3人目は『神』って言われてるの良く分かるな。

更に、自分の歳がいってる程グッときます。

これは最近のお気に入り仕草、『ハンドリガード』です。

少しほっといた後にパッと見るとこれをしています。

自分の手の存在に気付き、不思議そうにじっと見つめる。

そしてそれがどうやら自分の意思で動かせる様だという事を理解する。

 

お口をとんがらがして、プイプイと手を動かしている姿にもう萌えてしまって、

近付くと私の方を見ちゃうので、こうして部屋の外からそっとのぞいているのです。

 

長男4歳の、幼児特有の可愛さというのをここ数年堪能していた訳ですが、

すっかり忘れた頃に舞い降りた乳児の可愛さ、これはマズい。

そして分かったのです。

やはりこの『感覚』というものは覚えている事が出来ないのだという事を。

 

長男にも乳児期があった訳で、

当時は「こんな可愛いもの忘れるはずがない」と思っていました。

でも、子供はどんどん成長するし、

成長する毎に新しい可愛さがぽんぽこ出てきて、

こちらはそれに夢中になるし、夢中にならなければ、しっかり見なければ、

過去の可愛さに引きづられている様じゃ寧ろ駄目なんですよね。子育てって。

 

なので、今次男に感じているこの感覚、

ハンドリガードをそっとのぞいてる時に心臓がキュ〜〜〜〜ンとなるこの感覚自体を覚えておく事は出来ない、

それを2人目で真に理解しました。

 

だから『写真』なのですよね。

私が思うに、写真も単体では完璧ではないです。子供の『今』を残す手段とか方法とかモノとしては。

でも割と『ベスト』だとは思う。やっぱり。

 

写真に、今の自分の気持ちを文章で添えとくと完璧に近いかもと思います。

別にうまい文章である必要もないし、将来子供に見せる必要もない、

ただ、「嗚呼、きゃわいい♡きゃわたん♡ハンドリガード萌え萌えです♡」みたいな

頭のゆるい文章でいいと思う。

実際乳児の子育てしてると言葉の能力は低下していってこうなるし。

イラストもいいと思う。

私は手帳とかその辺にある紙に絵を描いて写メしてデジタル保存もしたりしてます。

でも『文章』も『イラスト』も割と主観が強くて、

得意不得意もあるし。

でも『写真』は基本事実しか写らないし、

何より裏切らないです。

 

バシャバシャと兎に角沢山撮ればいいというものでもなくて、

心が動いた時に撮ればいいと思います。

そしてたまにプロに頼むのもいい。

でもプロのカメラマンなら誰でも

その心のままの、「そうそう、今の我が子のこういうところを残したいの、愛しいと思ってるの。」

と思える様な写真を撮ってくれる訳ではないです。

写真的な旨さより重要な『何か』が必要なんですが、それが何かは私も模索中。

 

今回2人目出産で、子供の今の尊さを改めてビシビシ実感してる身としては、

やはりお客様の、とりわけのママの感情に可能な限りフュージョン、融合する様な写真をやはり撮っていきたいなと思う。

 

いくら堪能したってしたりない位可愛くて、

すごいスピードで成長していく我が子たち(自分の子も、お客様の子も)だから、

これが、この『写真』があれば一先ず大丈夫と、

安心して成長を見守れる様に、自分のお守りの様に、

改めて写真を撮っていきたいです。

長男、と産後のわたしのこと。

こんにちは。CuiCui Photo Works沼山かおりです*

前回記事に続き、今日は長男である息子にスポットをあてたアレコレを書いていきたいと思います。

2019年1月4日の午前8:15に無事に次男を出産し、お昼過ぎ、

昨夜からおばあちゃんの家で初めての1人お泊まりしていた息子が病院へ来てくれました。

これは次男と初対面の写真。

まだ鏡越しでしか見れない時間だったので私は病室待機、

息子と夫と私の母と3人で新生児室へ。夫撮影のものです。

病室に入って来た息子はいつも通り、

おばあちゃんに買ってもらった『アニア』のフィギュアや『おしりたんてい』の本を広げて説明したり、

部屋でワサワサ走り回ったり、

「昨日の夜は寂しくなかった?」と聞くと、

「寂しくなかったよ!!」と明るく元気で安心しました。

14:00になると新生児室前のソファで面会が出来るので今度はみんなで行き、初めての抱っこ。

私の妊娠が判明した時からそうだったけど、息子は赤ちゃんという存在に戸惑う事も全くなく自然に受け入れており、

産まれた弟を見て、「可愛い!」と愛を示してくれました。

 

お産初日は赤ちゃんは新生児室で過ごすのでまた皆で個室に戻り、

夕方には私の母も帰宅。

私も夫も息子も皆昨夜は寝不足だしと、

「お父ちゃんとお家に帰って休んだら?」と言うと、

突然息子の顔が曇り出しました。

俯いてフルフルと震えて、

「ちゃみちい(寂しい)〜〜〜〜〜!!!」

と泣き出しました。

 

嗚呼、と思って、

そうか、明るく元気に振舞ってたけど本当に大丈夫な訳ないかと、

「本当は寂しかった?」と聞くと、

うんと頷きポロポロ泣きます。

お産の時も泣かなかった私ですが、この時ばかりは一緒に泣いてしまいました。

 

「じゃあ一緒にお夕寝しようね。」と、

ギュッと抱きしめたまま私と息子でベッドに、

夫は貸し出しのリネンでソファに、

家族3人、緊張と寝不足で疲れた身体を休めました。

息子はずっと私の腕をひっしと握っていました。

 

面会終了時間近くまで寝て、もう帰らなくてはという折も

寂しい、帰りたくないと泣く息子。

「じゃあ、こうしたらどうかな?」と、

産院に持ってきていた『チェキ』でお母ちゃんの写真を撮って、

その写真をお母ちゃんだと思って一緒に持って帰ればいいよ!と。

すると、コクンと頷いてくれました。

私の写真を撮ってもらおうと息子にチェキを手渡すも、

涙で濡れてファインダーが見えない、

「お父ちゃん撮って!」と。

「どんなポーズがいいなか?」と聞くと、

泣きながら、「ピース・・・。」と言うのでコレ。

36歳、お産してすぐの、ノーメイクでパジャマのお母ちゃんの写真です。

 

涙の息子と夫を見送り、私はひとり個室でtwitterを見ながら、

「あ、今日ナウシカ地上波でやるんだ。」なんてのんびりしてたら、

外食で夕飯を済ませ家路に向かう途中の夫からLINEでこんな写真が送られて来ました。

レストランで、帰りのバスで、

切なく私の写真を眺める息子。

 

嗚呼ーーーーーーーーーーーー(泣)!!!

大好き!抱きしめてあげたいーーーー!!!

と、なりました。

 

その日の21:30。

face timeで電話がかかってきて出ると、目の赤い息子の顔が写し出されました。

私の顔を見るやいなや、ワーーー!!っと泣き出し、

「お母ちゃんにギューとかチューとかして寝たいよーーー!!

早く帰って来てよお〜〜〜〜!!」と。

何て愛しい。

こんなに長く離れるの初めてだもんね。

「でもお父ちゃんもいるし大丈夫だよ。また明日会いに来てね。」

と電話を切り就寝。

私の2度目のお産の日はこうして終わりました。

翌日、また笑顔でお見舞いに来てくれた息子。

この日から母子同室となり、ミルク授乳を夫や息子にしてもらう事が出来ました!

産まれたばかりの次男は勿論可愛くて、

新生児の小ささに、儚さに、なんとも言えないこの幸福感。

でも次男への愛はまだ、「より小さいもの」の可愛さという感じで、

長男への愛は4年の蓄積した愛。

これからは2人の男の子のお母さんとして、どんな生活が待っているのか、

とても楽しみな気分です。

2日目の帰りも泣きながらバイバイをした息子も3日目には慣れ、

4日目には退院となりました。

 

産後1ヶ月は四国のお義母さんが手伝いに来てくれて、ゆったりと次男のお世話が出来ました。

カメラマン閑散期故に夫もわりと家にいて、

夫かおばあちゃんと、遊びの相手をしてくれる人がいますし、

息子も赤ちゃん返りなどの様子もなく過ごしていました。

 

でも、どうしても、私と次男がセットとなり

隣の部屋やお風呂から夫やおばあちゃんと楽しく会話する息子の声を授乳なんかしながら聞いていると、

「私だけ以前の様に息子と接する事が出来ない」

と、孤立した気分になり涙が出てきたりしました。

 

これまで息子が普通にしてた(私も笑って許せてた)事、

ベッドで飛び跳ねるとか、youtubeをでっかい音量で見るとか、

いきなり奇声を発する(男児はしますよね?!)だとかそういう事が、

『寝たい次男』と『寝かせたい私』のセットと相容れなくなり、

「やめなさい」「静かにして」「あっちでやって」

という様なネガティブワードを頻繁に使う様に。

そんな自分に落ち込んだり、何だか私が赤ちゃん返りみたいだなと思いました。

 

『下の子が生まれると上の子が可愛くなくなる』

という話はよく聞きます。

産後のホルモンバランス的なものかと思っていたのですがこれはそうではなく、

『下の子と自分』もしくは『自分』と『上の子』の欲求が、

産後しばらくは同じ方向を向かない、

というか『逆の極みである為に起こる物理的な無理感』であると私は思います。

なので、大好きな息子に対して「ちょっとあっち行ってて!」という感情を持ってしまう。

でも変わらず大好きなのに、これまで2人きりで(夫もいるけど)濃密にロミジュリに過ごして来た日々が過去のもになったと、

産まれたばかりの次男には2人目の余裕もあり正しく向えていると思うけど、

息子に対する自分の感情の振れに戸惑い、まだバランスがつかめない感じがありますよね。

 

なので最近は、保育園のお迎えの帰りの時間が好きです。

息子と2人で、2人だけで、手を繋ぎながら歩いて話をする。

息子だけに集中できる幸せな時間。

それで嗚呼、と思ったのです。

『上の子が可愛くなくなる』っていうのはそうじゃなくて、

『2方向から来る逆の欲求にパニックになり分別のつきそうな上の子に当たってしまう』って事なんだなと。

1:1っていいよねえ、という。

でもこんな姿を見ると、なんて幸せなんだろうと思う。

息子が2人になってまだまだ慣れない事もあるけど、

もっと大きい肝っ玉でもって、上の子となった息子にも次男にも接したいです。

本当は怒る必要なんてちっともない位、息子はいいお兄ちゃん。

いつもありがとう。

大好きだよ。

 

でも変わらず甘えん坊だしスイートだし、

「バブちゃん(次男のあだ名)に先にチューしちゃダメ。僕に先にして。」

等、ストレートなヤキモチもぶつけてきてくれます。

まだまだ大きい赤ちゃんの様なところもある君の、

4歳の残りも大切にしたいです。