次男のnewborn photoを撮ってもらった話とnewborn photoの選び方について。

こんにちは。CuiCui Photo Works沼山かおりです。

復帰に向けてのホームページとプランのリニューアルがほぼほぼ完成しました。

間も無くリリース致しますので、仮予約をして下さってる皆様少々お待ちください!

 

さて、今日は次男のnewborn photoを撮ってもらったよ、というお話をしたいと思います。

頼んだのは『boznewborn』さんです!

同じカメラマンとしては大大大先輩でして、勝手に追いかけておりますが足元にも及ばずです。

東京のnewborn photoでは先駆け・パイオニア的存在で、あとはfotopiaさんもとっても素敵で有名です。

お二人方というかお三方(bozさんはご夫婦で活動されてます)には、newborn photoの勉強会やイベントなどでもお世話になりました。

 

自分もnewborn photoを撮るのだから自分で撮れば良いのではないか?と思うところですが、私は分かっておりました。

産後の自分、絶対撮らないと。

 

まずnewborn photoというのは、撮影に相当の集中力を要します。

産後の身体と頭では到底無理で、また私は我が子の写真はかなりテキトーに撮るタイプなので、とてもじゃないけど頑張れないと。

なので、今回は絶対何方かに頼もうと妊娠中から思っていました。

 

あと正直に言うと、我が子のnewborn photoが欲しいと言うよりも自分の仕事の勉強の為と思っておりました。

なので最初はbozphotoさんに個人ワークショップを我が子で出来ないかと頼んだのです。

ですが、bozphotoのつとむさんに「産後の身体でワークショップは相当キツいからやめた方がいいよ。」と言われ、それもそうだと、純粋に撮影をお願いしたのでした。

そしてお写真がこちら!!えーーーーーー、可愛い!!!えーーーー。

我が子のnewborn photoが欲しいと言うよりも自分の仕事の勉強の為とか言いましたが、

やっぱり我が子のnewborn photo憧れやった。

撮影の初めにbozphotoのmakkyさんに「なんでうちに頼んで下さったのですか?」と質問をされたのですが、

まず、勉強がしたいという観点からは、やはり東京でトップを走る方にお願いしたかったというのと、

いち客としては純粋にbozphotoさんのnewborn photoが一番好みだからでした。

私は妊娠中からnewborn photoはお休みさせて頂いてますが、

その間お問い合わせ頂いたお客様から、

「私たちは素人なので、どういう観点でnewborn photoを選んでいいか分からない。

また、安全にどこまで気を使っているかというのもどこを見たらいいか分からない。」

というご質問も頂き、いい機会なので、私の個人的な、

半分フォトグラファー、半分ただの産褥期お母さんとしての意見を書かせて頂きますね。

 

まず、ざっくり「好みだから」と書きましたが、細かく分けると以下になります。

①写真の色味(明るさやレタッチの雰囲気)

②プロップスの種類

③全体のコーディネート

 

①についてですが、私は「暗い」写真が好きです。

光が回っていて白く明るく柔らかい写真より、陰影があって深い色味の暗めな写真が好きです。

暗いと言ってもプロの暗さであって、顔にはしっかり光が当たっています。

レタッチに関しても、明るくてほわ〜っとした感じより色鉛筆のようなマットな質感のものが好きです。

②についてですが、まずプロップスというのはnewborn photoに使われる小道具の事です。

ここは選ぶ際にけっこう重要だと思っていて、プロップスにそのnewborn photoサービスの好みやセンスが表れると思うので、ここが合うフォトグラファーを見つけるべきだと思います。

③については、②のプロップスをどう使うか、はたまた使わないかがそのnewborn photoサービスの個性となるので、自分の好みに合うところをじっくり探すべきだと思います。

生花を使うのが上手い方や、あまり装飾はぜずにシンプルしこうの方など色々です。

これらの全てはフォトグラファーのホームページ内のギャラリーやinstagramなどで写真を見て比較します。

最近はnewborn photoを撮るフォトグラファーさんが大分増えたので、

ハッシュタグなどでも検索して、自分の好みの方を探してみて下さい。

 

あと「好み」以外の部分で私が重要だと思うのが、ポージングとコーディネートの『完璧さ』です。

これは私個人の意見なのですが、newborn photoは自然な撮影とは違って作り込んでゆくもだと思います。

巻いた布がはみ出ていたり歪んでいたり、

はたまたうつ伏せのポーズがベロンと伸びていたり、

そういう所が私はとても気になります。

自然な撮影の場合は、ズボンからシャツがはみ出ている所とかが可愛くて味なポイントになるのですが、

newborn photoの場合はそうではないと思うのですよね。

そこがbozphotoさんは完璧なんです。

この完璧さ本当に大変なのです。

やっとねんねして、着地にも成功し、起きる前に早く撮ってしまわないとと焦ってしまうところを、

すっと心を落ち着けて、さらに集中力を高めて整えていく。

bozphotoさんはmakkyさんがポージングとコーディネートをしておりますが、本当に凄いな、センスも抜群だなって思います。

この写真のミモザは、私がお願いしてコーディネートしてもらいました♡

可愛い、可愛すぎる。

そして一番大事なポイントは『安全』です。

そのサービスのnewborn photoのキャリアがどれ位あるかですが、

newborn photoは特殊なジャンルなので、フォトグラファーとしての経歴が長くても新生児の扱いが分かっていなければだめです。

『安全』をどこで測れば良いかという点ですが、

やはり基本はホームページを良く見る事だと思います。

 

例えばギャラリーが外国の赤ちゃんばかりの場合など、

海外のフォトグラファーの写真を無断転用していたり、素材として販売している写真を使っていて、実際は経験がほとんどない場合などがあります。

ギャラリーやinstagramの写真が、ちゃんとそのフォトグラファーさんの写真かどうか、

充実しているかどうかで経験はある程度分かります。

あとは、ホームページ内に安全に対する取り組みなどの記載があるかどうかなどでも測れますし、

newborn photoを学んできた経歴をプロフィールに載せている方もいます。

また、免責事項をキチンと記載していたり、撮影前に署名があったりするサービスはしっかりしていると思います。

 

この上の頬杖をついている写真なのですが、

これは、頭と顎をそれぞれ手で支えている2枚の写真を合成して手を消したものです。

赤ちゃんはこんな形で自立しませんし、危険ですのでご自身では絶対にマネしないで下さい。

このポーズは眠りが深くないと難しくて、プロの高い技術を要します。

私は、この頬杖ポーズは自分のサービスでは行ってないのですが、

今回ただのお母さんとして、このポーズをしてもらってどう感じるかというのを知りたかったのでお願いしました。

要は、赤ちゃんが自分でできない不自然なポーズなので、少し違和感があったのですよね。

 

で、感想としては「可愛い。素直に可愛い♡」でした。

あとは、ポージング中にそわそわしないかという心配もありました。

産後というのは神経がピリピリしていたりしますし、

赤ちゃんがポージング中に泣いちゃったり苦しそうにしたら辛いだろうと。

しかし、makkyさんのポージングの丁寧さ、安全さがとにかく凄いので

本人は何の苦痛もなく、気持ちよく頬杖ポーズで支えられていました。

母親としても安心して、そして可愛い〜と思いながら眺めていられました。

 

最後に『価格』です。

正直に、newborn photoは高いです。

私は「無痛分娩」をやめてnewborn photoの費用にしました。

でも価格は、その撮影に対する勉強量や労力に反映しますので、

キチンとやっている方は安く出来るはずがありません。

撮るバリエーションやプロップスの数によっても価格は変わってくるので、

その辺りも相対的に見て比較検討するといいと思います。

あとは、newborn photoをはじめたばかりの方はモニターという形で

少し安めの料金で撮影したりしてくれるので、そういうところにお願いするのもいいかと思います。

(でもモニターは、練習・勉強させて下さい!という事なので、そこも含めて依頼して下さい。)

 

こうして何だか偉そうに書かせてもらったのですが、

私もカメラマンとしてまだまだ勉強中の身です。

5月の復帰よりnewborn photoのサービスも再開しますが、内容を大分見直しました。

newborn photoに関しては、私にない要素を絞り出して撮影するより、

つまり簡単に言うと「可愛いコーディネート」とか「装飾力」なのですが、

それを極力削って極々シンプルなものと、自然なショットの撮影を多めにしたプランとしました。

リピーターの方など私でnewborn photoをご検討の方は、その辺りの好みが合うかどうかもよくご検討頂いてからご依頼頂ければと思います。

newborn photoは細々とやらせて頂きます(笑)

代わりと言ってはなんですが、

妊産婦さんに貢献したいなと思って作った新しいプランがありまして、

かなりかなーりリーズナブルになっておりますので、

ホームページのニューリリースを是非チェックして下さい。

周りの妊婦さんに勧めていただけると嬉しいです!

だって、妊娠中産むまでつわりがあって本当に本当に辛くて、

つわりの薬もなくて耐えるしかないなんて絶望で、

薬は開発できないので、代わりに私に出来る事で妊婦さんを応援と思って作ったプランです。

 

最後に、今回bozphotoさんにnewborn photoを撮ってもらって、

お母さんとしての素直な感想を。

 

上にも書きましたが、今回の妊娠はとにかくずっと辛かった。

だからnewborn photoは自分へのご褒美でもありました。

うちは夫婦共にフォトグラファーなので、他のプロに撮ってもらうという事をしたことがなくて、

だから撮影当日はとても楽しみでした。

bozphotoさんだから我が子を安心してお任せできたし、

いろんなポーズをしたり衣装を着せられる次男が可愛くて可愛くて幸せな気分で眺めていました。

産後のお手伝いに来てくれていた義母も「可愛い〜♡」ととても喜んでくれました。

bozphotoのお2人が帰った後も、ほわ〜とした幸せな気分が続き、

それはつまり写真を納品してもらう以前に、撮るという行為だけで満足度が高いという事だと思います。

そして納品された写真はやはり素晴らしかった。

義母は上のミモザの写真が気に入り、商品のパネルはミモザのものにして産後のお手伝いのお礼にと義実家にプレゼントしました。

私はシンプル好きなので一番上の写真がお気に入りです。

 

改めてになりますが、bozphotoつとむさん、makkyさん本当にありがとうございました!

これからもお2人の背中を見つつ、私もフォトグラファーとして頑張りたいです。

最後に、「かわいいたん」こと我が家の次男、生後3ヶ月になりこんなに大きくなりました!

ただいまうつ伏せの練習中です。

さあ、私も復帰に向けて色々整えて行かなければ!

(※最後の写真以外はbozphotoさんのお写真となりますので、

私も撮ってほしいという方はこちらへお問い合わせくださいね!)

7/20予約開始、秋の撮影についての詳細。ご予約検討の方は必ずお読み下さい*

こんにちは。CuiCuiフォトグラファー沼山かおりです*

先週の火曜日の17日に妊娠5ヶ月、無事に安定期に突入しました。ついでに36歳にもなりました。

そして、ちょうど戌の日でもあったので家族3人で水天宮さんへ安産祈願へ行ってきました。

 

そうです、ついに出歩けるほどにつわりが治まってきましたーーーー!!!

 

前回のブログにFacebookでも沢山コメントを頂き、

わざわざメールを下さるお客様もいて、本当にありがとうございました!

これからお腹が大きくなって来て、撮影時にご迷惑おかけする事もあるかも知れませんが、今後ともどうぞ宜しくお願いします。

 

そして、今日は大事なお知らせをさせて下さい。

明日の7/20より、秋(10月11月)のご予約の受付を開始致します。

現在、私が妊娠中という事で、例年と違った形態を取らせて頂きます。

それに伴い注意点が何点かございます。

秋のご予約をご検討の方は以下を必ずお読み頂き、ご了承頂けましたらご予約をお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①年内のご予約の最終日が11/15となります。11/16〜来春まで産休・育休を頂きます。

復帰の目処については出産後またお知らせ致します。

②平日・土日祝日共に1日1枠のみの受付となります。

土日祝日はご予約が重なる可能性がございますので、撮影の候補日を複数設ける事ができる場合は、ご予約フォームの希望の日時の第三希望までご入力頂けると助かります。

③ご予約日時が重なった場合は基本メールの先着順とさせて頂きますが、希望日が複数の場合は調整させて頂く事もございます。

④既にプライベートの予定で埋まっている日程もございます。

詳しくは「ご予約状況カレンダー」からご確認お願い致します。

⑤最後に一番重要なお願い事となりますが、万が一「切迫早産」や「強いお腹の張り、出血」などがあった場合、こちらから急に撮影をキャンセルさせて頂く可能性もございます。

可能な限り、仲間のカメラマンを探し紹介するなどの努力は致しますが、繁忙期の為に紹介できない可能性も充分にございます。

今年はその様なリスクがございますので、特に七五三の撮影のご予約に関しては上記を充分考慮してご検討頂けばと思います。

その為今年は、前入金制や、キャンセル料の規定もなしとさせて頂き、

お客様都合のキャンセル・日程変更も柔軟に対応させて頂きます。

日曜・祝日の撮影に関しては、こちらでシッターさんの手配がある関係で、前々日以降の日程変更・キャンセルは変わらず実費負担〈5,000円前後になると思います〉をお願いしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上となります。

私事でごちゃごちゃと申し訳ありませんが、それでもという方がいらっしゃればご連絡お待ちしております。

 

現在のところ、お腹の赤ちゃんの経過も順調で、私自身お腹が張るとか、張りやすいとかいう事はありません。

長男妊娠時も臨月まで撮影しておりました。

ただ、10/9で妊娠8ヶ月に、11/6で妊娠9ヶ月に入りますので、お腹はまあまあ大きいと思われます。

動きがのっそりになってしまうと思うので、すんごい走る男児の撮影などは追いつかないかも知れません。

赤ちゃんや七五三の撮影は追いかけ回す感じはあまりないので、ほぼ問題なく撮影できるかと思います。

9月のご予約も空いており、まだお腹もさほど大きくないと思うのでこちらも併せてご検討下さい。

 

数日ご予約の様子を見させて頂きまして調整し、皆様にご返信致します。

とりあえず日程重視で埋めていきますので、詳しい場所や時間は追い追いで大丈夫です。

調整の時点で、「予約状況カレンダー」を埋めて行きますので、7/20以降にご予約の方は都度カレンダーで空き日程をご確認お願いします。

ご希望に添えなかった場合、今の時点で私が自信を持ってお勧めできる仲間のカメラマン(私とテイストが近いとか、私自身が頼みたいと思う方でかなり絞り込んでます。)を紹介させて頂きます。

特に七五三撮影に関しては日程の融通も効きにくく、一生に一度の大事な行事ですので、沼山でと考えてたけどリスクあるよな〜って方も「カメラマン紹介して!」とお気軽にご連絡下さい。

 

今秋は撮影枠自体をかなり減らさせて頂く予定なので、どの位で予約が埋まってしまうか自分としても未知なのですが、既に事前問い合わせを数件頂いております。

安定期にも入りましたので、これからも無理なく、体力作りや体調管理に気をつけて、

何も問題なく元気に臨月まで仕事を続けられる様頑張りますので、

どうぞよろしくお願いします*

最後に写真を貼っつけておきます。

安定期前は本当につわりが辛くて、仕事以外は寝たきりでした。

何を食べても食べなくても気持ち悪くて1日に何度も吐き、体重は3キロ減りました。(もうほぼ妊娠前に戻ったけど。)

何とか水分はとれたので入院などはしなかったけれど、精神的にもおかしくなりそうでした。仕事がなければなってただろうな。

余裕は全くありませんでした。

 

息子は、例えば洋服を脱ぐ時など、自分がいて欲しい場所にお母ちゃんが来てくれないと写真の様に泣いて怒ったりして、

それはこれまでモロ一人っ子的に私が息子を甘やかしてというか、

「う〜ん、わかった、そっち行く行く〜♡」とチュッチュして育てて来たツケなんだけれども、

少しでも起き上がると吐きそうで辛くて、

寝たまま言葉で息子を制したり、誘導しようとしたり、イライラして「お母ちゃんは辛いんだ!」とそのままの感情をぶつけたりして、

息子はもっと泣いて叫んで、日常でもイライラする事が増えました。

 

私が辛そうにしてる時、頭を撫でてくれたり、

臥せっていても、ずっと私の横でピトッとくっついて遊んだりしていて、

「お母ちゃんちゅらいね。お母ちゃんだいしゅき。」

と言ってくれる優しい、健気な息子なのに、

私は何でこんなポンコツなんだろうと涙が出ました。

何で私から大事な息子との「日常」を奪うのか、

私をこんなにする「つわり」というモノに、ものすごい怒りを感じました。

(妊娠した事や赤ちゃんに対する怒りでは勿論ない。)

でも、

吐いてもいいから、なるべく起き上がって息子の側にいってやろうと

つわりのピークを過ぎたあたりからそうして頑張ってみました。

まあ単なるワガママなんだけど、

そういう細い要望にちゃんと答えて抱きしめてあげないと息子はダメなタイプなのですよね。

こりゃ、2人目が生まれた後も大変だろうなと思うけれど、

そうして一緒にキレたり、チュッチュしたりしながら、

ジェットコースターの様にしばらくはやっていこうと思います。

 

でも、4歳になった今でも毎日本当に可愛いなと思う。

つわりが辛くても笑っていれたのは、息子のおかげです。

妊婦生活、トシだからかな、今回は辛い事のがまだ多いのですが、

こんな可愛いモノをまた0から育てられるんだから、

お母ちゃん頑張らないとね。

残りの息子一人っ子期間も、大切に過ごしたいと思います*