年越し時差プリントの勧めと、自分の写真には『色』があるのか問題について。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファーの沼山かおりです*

この夏に、ずっと習いたいと思っていた「文章を書く」為の講座に通い、

先週全5回の講義が終了しました。

目的としては、このブログがより皆様に伝わりやすいものになればという事だったのですが、

本来「書く」事は大好きで、学生時代からずっと「思った事を書く」という事はし続けていました。

ですが、子供が生まれてからは、プライベートで「書く」という時間はなかなか持てなくなりました。

また、人の親になった事による自分自身の変化、つまりただただ子供が可愛い毎日に、

ペンを握ってみても、「息子可愛い。ちゃわいい。ちゃわちゃわ♡私が背を向けて寝ると寂しがってグイッと引っ張ってくる♡」など、

もうバカみたいな文章しか出てこなくなり、書く事から遠ざかっていました。

 

このブログの更新は割とマメにしていますし、

写真をみてもらう為のものにしては文章量が多いとは思います。

ですが講座に通い、もう一度書く事をちゃんとしてみたいと思った事もあり、

自分が書きたい事を自由に書くコーナー(?)も設けてみようかと思います。

このブログには「カテゴリー一覧」なるものがございますが、

その中の『コラム』というカテゴリーで書いて行きたいと思います。

そしてさらに、書く力を鍛えていって、ゆくゆくは

取材に行って写真を撮る、かつ、書くという仕事をしてみたいな、なんて思います。

(お仕事お待ちしています。人件費も削減出来ますし。)

さて、このフィルム写真ですが、夫が撮ったものです。(夫もカメラマンです。)

0歳の時の息子。

で、この写真が現像されたのが最近なので撮影日から3年程経っております。

夫は仕事以外で、なかなかの量の写真をフィルムで撮ります。(多分本人的にはまだまだの量なのだと思いますが。)

撮るには撮るけど、現像のタイミングを逃し、家には大量の未現像フィルム。

ですが、最近やっと一部を現像に出すとの事で、300枚のプリントを持って帰ってきたのですが、その中に26枚だけ私と息子の写真がありました。

え、300分の26?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、はい、そうです。

 

で、枚数はまあいいのですが、とにかくもこのフィルム写真の玉手箱感?

違うな、タイムカプセル感ですかね、

が、すご〜くいいなと思ったのです。

フィルム写真の「時差」感って本当に良くて、

今息子は3歳ですが、もう一度0歳の頃の新しい息子に会えたという感じ。

また、この写真は夫の目線なので、私が知らない、もしくは見ていなかった息子にもう一度出会えた感じで、大層徳をした気分になります。

そこでこんなのはどうかなと思ったのです。

皆さま、「写ルンです」を買ってですね、旦那さまに「これでテキトーに気が向いた時でいいから子供を撮って」と渡します。

マメじゃない旦那さまの方がいいと思います。1本の「写ルンです」を消費するのに3年もかかる様なタイプの方がいい。あと別に写真が上手い必要は全くない。

そして使いきった頃、0歳だった息子も今や3歳という頃に現像に出すわけです。

その時の「現像を待つ時間」と「フィルム写真を見る時間」のワクワク感とか高揚感ってすごいです。味わって欲しいと思います。

そして、「私が見てなかったかもしれない新しい過去の我が子の姿との出会い」をしてみて欲しいです。

要は、自分が撮った子供の写真はもう知っているし、

自分が見てきた子供の姿は全てだし、

それ以上なんてないだろうと思っていたところに、

時間差で「まだあった!!」という感じを味わえる、という事です。

よければ、「遊び」だと思ってやってみて下さい。

 

あともう一つ、今日書きたい事。

自分の写真には『色』があるのか問題についてです。

 

昨日の話ですが、家族写真を出張撮影するカメラマン仲間4人でディナーをしました。

皆子供がいるのですが、「今回は絶対子なしで、何としてでも夫に預ける、そして夜に集まる、お酒を、お酒を飲む」という意気込みで調整して集まりました。

私たちの素晴らしいところは、誰からも夫の愚痴なんかの話題が出てこないところにもありますが、

ほとんどが仕事の話になる、というところです。

 

皆同業なのでライバルではあるのですが、

私たちは割とそれぞれが独立しつつも横の繋がりを大切に、皆認め合っているという雰囲気です。

それは、同じ写真を撮るのでも、カメラマンの『色』(そのままの意味の色でもあり、構図や感性の違いのイロでもある、カメラマンのキャラって意味もある)がそれぞれ違っており、

お客様が好みのカメラマンを選び、

私たちは選んでくれたお客様を大切に、ただ一生懸命撮るだけだと、

その様に思っているので、

他を蹴落とす事に何の意味もなく、努力すべきは自分のみであるから認め合えるのだと思います。

 

そんなこんなで、『色』というか、まあ個性とも言えると思いますが、

それはカメラマンにとっては大事なものであります。

だからこそ昨日の会でも、

「私の写真に果たして『色』なるものはあるのだろうか、どこかの誰かでも撮れる写真なのではないか、確立していないのでは」という葛藤の話になりました。

 

そこで、「本当そうだよね!分かる!」とならなかった自分。

それはあたかも、「そうかそうか、君たちはそうかも知れないけど私は確立してるんでノープロブレム。」

といった様な態度とも取れそうで、どうなんだろうかと思ったものの、

その事に関してもっとよく考えてみたくなりました。

 

ひとつ思うのは、「商品」としての価値といういう意味で『色』の好みを選別するのはお客様であり、少なからずでもプロとして売れている場合はその時点で色がない人はいないのではないかという事です。

ただ、私たちが葛藤する『色』は自分自身の中の問題なのだと思うのです。

だから周りが「あなたの色はちゃんとありますよ」と言っても、

自分で自分の思うひとまずの『色』までは、自分でたどり着けたと思えないといけないものなのだろうなと。

ただ自分の中の『色』なんて不安定極まりないから、

その前に、どんなお客様でも状況でも安定したクオリティの写真を提供できる

という事の方が大切なのではないかなと思うのです。

『色』、つまり個性がなければ、お客様からは選ばれにくいので重要な事には変わりないのですが、最重要ではないのではと。(ニューボーンフォトだとまた違うとも思いますが。)

もし自分の中で何か確立していない感があるとして、

それを個性がないみたいな問題にすると、けっこうつらいのではないでしょうか。

ただ、まだクオリティが不安定なのであれば、それは場数を踏めば絶対解決します。

安定してくる頃には『色』は嫌でもついてきてしまうし、むしろ今度はそこに自分の限界を感じて突き破りたくなって、人の『色』が気になる。

 

お客様に「沼山さんに撮ってもらいたい」「沼山さんの写真が好きです」と言ってもらえるのは本当に嬉しいし、

それがなくなってしまったら生きていけないのですが、

誰が見ても沼山かおりの写真と分かるものを提供したい、みたいな感じはあまりないのかもです。

他から言ってもらえる事はとても大事ですが。

 

何だかもっと掘り下げてみたくなる問題ですが、ひとまずこの辺でお終いにします。

 

しかし、昨夜は本当に楽しかったです。

子なしでちょっとお高め6,000円のタイ料理のコースとお酒in新丸ビル、贅沢な時間でした。

みんな楽しい時間をありがとう!時間がまだまだ足りなかったしまた行きましょう〜*

友人の出産にカメラマンとして立ち会いました。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファーの沼山かおりです*

今日は友人の出産にカメラマンとして立ち会った話です。

まだ写真は編集していないので今日は文章が中心です。

出産 撮影 ベリエの丘

2017年1月31日、私の高校時代からの友人の計画分娩の予定日。

私は高校時代に「犬男」という名前のバンドを組んでいました。

Vo&Gのりっちゃん、Gのゆみこ、Bの光子、Dの私の基本4人編成。

ランシドなんかをコピーするアバンギャルドなバンドでした。

Gのゆみこが25歳の時に亡くなりました。今年で10年になります。私たちは35歳。

 

その犬男のベースの光子が2人目の赤ちゃんを授かりました。

「もしタイミングが合えば、出産中の写真をかおりん撮ってくれない?」と言われて撮らせてもらう事になりました。

計画分娩でしたが、早く産気づく事もあるし、私が動ける時間帯も限られており予定通りいくかなとドキドキしていました。

ですが予定の31日の日を無事に迎える事が出来ました。

 

朝の9時に上の7歳のお姉ちゃんと旦那さんと3人で産院へ向かいます。

同じ頃に光子は促進剤投入。

9:30に到着して、まだまだ陣痛が来る事もなくのんびりと、

ホテルのような素敵な産院の個室でお姉ちゃんが借りてきたDVDをでっかい画面の液晶テレビで鑑賞。

お昼の頃には強めの陣痛が来る様になっており、波が治まるのを待って合間合間で昼食。

一流レストランのランチの様な豪華なご飯で、陣痛が来てる隙にランチを狙う旦那様。

13:00になる頃にはだいぶ陣痛も強く間隔が狭くなって来ます。

出産 撮影 ベリエの丘

これ、私が今回の撮影ですごく好きな写真。

促進剤を投与してから意外と陣痛がのんびりだった事もあり、

「ミニオンズ」「アーロと少年」を見終わり「ペット」と3本目に突入してあくびをかます長女。

なんというかお産は痛みを分け合う事が出来ないという、家族と一緒でも孤独な戦いである事を表す様な写真で好きなのです。

(しかし、この後は「ママがんばれ!!」と一生懸命応援してました!)

 

14:00頃、やっと子宮口が8センチほどに開いて来たので分娩室に移動する事になります。

出産 撮影 ベリエの丘

波の間隔が眉毛の間くらい狭くなってる子宮口8センチ段階で、歩くんですよ、自分で歩いて分娩室に向かうのです!

多分これが男性だったらほとんどの人が「歩ける訳ないじゃん」って泣き喚くと思うわ。

歩いてる間に波来たら廊下で出ちゃうよ!!という感じで、

自分の時は陣痛室と分娩室が割と近かったのですが、それでも人生で一番急いだ時かもです。だって波来たら死ぬから。

それを彼女の場合はエレベーターに乗って移動という。

先に出てボタンを押して待ちました。

普段の撮影で私を映り込ませる事はしませんが、この1枚だけ。

 

光子の陣痛が強まってきた時点で私は我慢をしなければ泣き出しそうでした。

彼女のお母さんが「もうすぐだよ!可愛い赤ちゃんにもうすぐ会えるよ!」と励ましの声をかけをかける中、私も「かんばれ、がんばれ」と声をかけながら目頭がじわじわするのでファインダーの中に隠れていました。

 

依頼をもらってから、「お産を撮るってどういう事だろう」と私になりに考えました。

依頼をした光子からすれば、産まれたての赤ちゃんをおさめて欲しいという事で(あと特に旦那さんがビデオやカメラを回さなくてはいけない負担がなくなりますよね)、苦しむ自分の姿や、ましてや股からのアングルなんかはそんなに見たくないだろうと。

でも今回、陣痛に苦しむ光子の姿も撮ったし、お産の瞬間は私は股の方から撮影しました。

私はお産は血の匂いのする生々しいものだと思うし、美しく撮ろうという気分が全くしっくりこなかったからです。

で、結果なのですが、お産で苦しむ光子は美しかったし、赤ちゃんがでてくるところは生々しくなんかなかったのですよね。

 

苦しむ光子の、励ます家族の、呼吸の指示を出す助産師さんの声が、

あと光子が持ってきたi podから激しいロックの音楽が分娩室には満ちているのですが、

赤ちゃんはとても静かに、お地蔵様の様なお顔で回転して出てきました。

本当に静かで、ファインダー越しに見ていた私の音も全て止み、一緒に静寂の中にいました。

 

でも出てきた瞬間は、もうダメですね。

ブワッと感情が溢れてしまって号泣しました。

 

お産は特にプライベートなもので、家族だけの大切なものと私は考えます。

他人であり友人でもある私がそこに入っている事に対して、分娩室に入ってからは特にどういう距離感を取ればいいかなと考えていました。

光子より先に赤ちゃんの顔を見る事に対しても少し迷いはありましたし。

でもまあ私は仕事をしているのだから、そういう意味では助産師さんと同じで先も後もない他人。

しかし大切な友人の赤ちゃんが産まれた感動は他人事とは言えず、もう心が持ってかれすぎて、結構うわーーーーって感じで泣いてたし、出てきた瞬間のカットはブレてるものも多いし、プロとしてはどうかと思われます(笑)

「ああ〜〜〜〜〜!産まれた〜〜!産まれたよ〜〜〜!可愛い可愛い可愛い!!」とカメラを放り投げてしまいたい気分以外の何物でもないのですが、

結局、友人とプロカメランの間でどっちつかずの感じで、

うわっと泣き叫びながらも撮り続けました。

でも後から聞いたら、光子も旦那さんも私が泣いてる事に気付いてなかったとの事。

それ位親は必死という事です。

そしてブレてるカットも写真としてはすごく良かった。

 

一度子供を産めば多かれ少なかれ2人目問題にぶつかると思うし、私もそうです。

家計の事、自分の仕事の事、息子の育児がどんどん楽になって落ち着いてきている事、

あと何より息子が可愛すぎて2人目が想像できない等、

とにかくどちらかと言えば消極的でした。

 

だけど出産に立ち会ってみて、

お産と産まれてくる赤ちゃんにはそういう事を木っ端微塵にするパワーがありました。

そして新生児室に並ぶ赤ちゃん達の可愛い事、可愛い事、可愛い事。

感情でもって、全身でもって、産みたい!!!と思いますよ。思っちゃいますよ。

「案ずるより産むが易し」って言葉はホンモノです。

とにかく素晴らしさの破壊力が凄いのです、赤ちゃんというのは。

授かったら一生懸命産んで、一生懸命育てる、だたそれだけだなーと。

 

光子には写真の掲載の許可を頂いてますので、後日アップしたいと思います。

その時は私がベラベラ喋りたくないので先に文章を書いちゃいました。

写真を見て産みたくなってもわたくしは責任を持ちません(笑)

そして、積極的に今後出産撮影を請けるつもりもありません。

特に面識のない方のご依頼は請ける事はできないかなと私は思っています。

でも私に写真を撮られた事があったり友人であって条件が揃えば、撮影させてもらう価値があるものも残せるかもしれません。

まだ考えはまとまっていませんが、その写真が光子と家族にどう迎えられるか、また産まれた赤ちゃんが将来その写真を見た時にどう思うか、それが私には大事です。

 

とにもかくにもとても貴重な体験と仕事をさせてもらいました。

光子、本当に頑張ったね!!!そしてご家族の皆さま本当におめでとうございます。

立ち会わせて頂きありがとうございました。

お写真大切に編集してお渡ししますので楽しみに待っていてください*