息子3歳のアルバム紹介と正産期妊婦のダラダラした話。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファー沼山かおりです*

妊娠中に私が1番入り浸っていたSNSと言えばtwitterなのですが、

もう殆どマタ垢と化していて、妊婦さんのお友達が沢山増えました。

 

最近知ったのは、毎日何回も吐いてしまうほど酷いつわりを経験する人は少数だという事。

そしてその少数派はtwitterに集まりやすいという事。

長い期間を共に励ましあってきた相互フォロワーの皆さんはもはや戦友です。

そんなフォロワーさんも次々に出陣(出産のこと)をされていて、

中には「お産が本当にこわい。」という方も少なくありません。

そんな相互フォロワーさんを少しでも励ませるかもと思って、

約2年前に撮影した友人の出産時のブログをツイートしました。

 

そうしたところプチバズりを起こしまして、

思いがけず沢山の方に読んで頂き、

「泣いちゃいました。」

「出産って改めて凄いですね。」

「出産をプロに撮ってもらうという概念はなかったけど、これは凄くいいかも。」

など、色々なリプを頂いて、本当に嬉しかったです。

 

私は今度のお産が人生最後の予定です。

決して子供を産む事が最高だという意味ではなく、

でも私にとっては、人生でお産がトップイベントなんじゃないかなと思っています。

これに匹敵する私個人のイベントは後はもう「死」位じゃないだろうか(笑)

 

どうか私の子も、あなたの子もみんなみんな母子ともに健康に、無事に産まれてきます様に。

さて、今日は毎年夏頃に作成する息子の1年アルバムの写真と共に、

今の気持ちなんかをダラダラと綴っていこうと思っています。

毎年誕生日の日に〆て、その次の写真からまた1年を残しているので、

この1ページ目は3歳になったばかりの頃の写真。

私的には3歳は0,1歳に次いで、「はじめての〇〇」が多かった年だと思います。

これは、はじめての保育園水泳帽とプールバックと海パンが嬉しくて、

お家で先取りした日。

これは、モルモットさえお膝に乗せられない息子がはじめて1人でお馬に乗った日。

『こどもの国』に行った時の写真で、その時のブログもあります。

これはトイトレを開始した時のだね。(これもブログあり。)

この後1年位のんびりトイトレしてたけれど、

4歳になって私が妊娠してつわりがピークの頃に、唐突にうん◯もできる様になり、

今の所、夜のおねしょもする事なくすんなりです。

つわり時のオムツ処理が本当にキツかったので助かりましたと言うか、

やっぱこの子はお母ちゃん想いの子なんやな、と。

そして3歳の七五三。(これもブログあり。)

関東で3歳の男の子の七五三する方は本当に少ないのですが、

全力でオススメします。

理由は「最高に可愛いから。」です。

ただそれだけ。

これははじめてのレインコート。

嬉しくて、晴れの日だったけど着てみんなで近くのスーパーにお買い物に行きました。

秋の忙しい時期の休日は、撮影現場にシッターさん同伴で息子を連れて行く事もよくありました。

仕事が終わった後は、こうして息子と遊んで帰ります。

クリスマスの日にはサンタさんが来てくれました。

この朝の様子が可愛くて可愛くて、毎年夫とウキウキしながら息子を起こします。

そして3歳7ヶ月のこの時までおっぱいを吸っていた息子。(吸っていたと言うか戯れてた。)

自分で「サンタさんが来たらおっぱいをやめる。」と言っておりまして、

本当にこの日に卒乳となりました。

 

今年はこのクリスマスの朝の様子を見届けられるかな。

もしかしたらお産で見れないかもしれないな。

お腹の子には、「25日までは待ってね。」って言ってるけれどどうかな。

私的には28日位に産まれて、

産院の個室で新生児を抱きながら、ガキ使をみて年越しをするのが理想です。

これは年末の帰省前に奈良に家族旅行をした際の写真。(これもブログあり。)

そう、この時のブログは同業の女性フォトグラファーさんやママさんから沢山の共感と言うか、コメントを頂いたのですが、

その実この頃に2人目を考え出していたのですよね。

「ヌマさんかっこいい。」なんて言ってくれるお友達もいたのですが、

私的にはかっこいいなんてもんじゃなく、

この身をもってまた妊娠する事も、出産して0から育児をする事も、

それ以前に、子供をもう1人望む、望まない、

望まない場合の最終決断も、望んでからの事も、

長男の産後3年かけてやっと安定、構築してきた「仕事」への精神力みたいなものをグラグラと揺るがすもので、

とても悩んでいたのですよね。

この先ずっとフォトグラファーでやっていくのかという事自体にも悩んでいました。

 

『私はもう一度子供を産むのか?産めるのか?もしくは息子1人でいくと決心するのか』

と、必ずしも選択できるものでもないのですが、

『子供』と『仕事』、意識の向け方がひとまずでも決断次第で大分違ってくるのです、

私にとってはね。

 

森三中の大島さんが妊活休業したじゃないですか。

私は初めは何で宣言までして休業までするのかなと思っていたのですが、

後になって何となく分かるなと。

身体を張った過酷なロケが多いって事もあるとは思いますが、

それ以前に、きっと、仕事で求められてる自分像と妊活の両立が、

精神的に難しかったからじゃないかなと。

私なんか大島さんと比べるアレではないし、

お前の仕事がなんぼのもんじゃいって感じなのですが、

それでも女にとって、「産む」も「産まない」も決断は容易ではないです。

(勿論女だけの問題ではないのですが、この身をもって挑むのはやはり女だから。)

この可愛い長男は、奇跡的に舞い降りた天使(半笑いで言ってます。)なので、

今回、初めて欲しいと望んで命がやって来てくれた事や、今の所無事に臨月を迎えられている事は運が良いだけ、と言うか、

でも、ただただ感謝すべき事です。

この妊娠で、我が家の子供どうする問題はもうこれで終わり。

後は、無事に産まれてくれたら、目の前の2人の息子と仕事に邁進するだけです。

今回妊娠できた時点で、フォトグラファーとしてこの先続けていくかという問題も、

「おっしゃ、やれるだけやってみよう。後のことは後で考えよう。」

と、私の中でストンとなりました。

次の目標はまた仕事も頑張って、おっきい本棚のある、今より大きい家に引っ越す事かな。

そして、そう。

妊娠後期までずっと分からなかった2人目の性別ですが、どうやらまた男子みたいですね。

 

妊娠前は「やっぱり次は女の子♡」と、

3歳女の子の七五三撮影なんかさせてもらっていて本当に可愛いので憧れていたのですが、

なぜか妊娠が進むにつれて、「やっぱりもう1人男子がいいかも。」と思う様に。

つまり本当どっちでも最高だろうという事なのですが。

 

「なんか、袋的なものが見えるかな〜。」

と産科の先生に言われた時は、自分でもビックリする位ニヤニヤが止まらず、

と言うか、本当ずっとつわりで辛くて、お産まで意識を失い続けていたいとしか思ってなかったので、

その時初めて、ほわ〜ん♡となりました。

私が『息子溺愛型』だというのは有名な話です。

「またこんな男子、産まれて来るんかよ〜!たまらんやろ〜!!!!」ってなったし、

私の息子溺愛は、元々は『弟可愛い』という姉御肌から来ていて根が深いし、

私自身上品なタイプではないので、男子育児は合っていると思っています。

とは言え、今度出てくるのは勿論息子とは別人格の男子。

先ほど半笑いで、息子は奇跡的に舞い降りた天使と言いましが、

私は別に『赤ちゃんはお母さんを選んで産まれてくる』論は、否定はしないけど信じてはいなくて、

でも前世的なものはあるかもと思っておりまして、

これまた半笑いで聞いてもらっていいのですが、

息子と私は多分、「ロミオとジュリエットだったんかな?」位には思ってこの4年を過ごして来たのですよね。

息子は私の事は絶対否定しないし、

例えば夫がふざけて私を否定したり蔑む系の事を言っても必ず「違うもん。」とカバーしてくれます。

毎日唐突に「お母ちゃん大しゅき!」と平均10回は言ってくれるし、

チューとかギューとかのちちくり合いは、付き合って3日目のカップルの新鮮さを保ち続けているし、

私が与えた愛を120%で返してくれる様な男なのですよね。

口が硬派な男性と結婚した私に、神様がこんなスイートな男の子を授けてくれたんだあ、

と思う程、言葉も行動も激甘。

だからこそ、次出てくる男の子がどんな子なのか、

息子と同じ位スイートなんて事はあるまい、

きっと私達家族が来て欲しくて来て頂いた子だから、

我が道を行くマイペースな子なんじゃないかな、とか

息子と同じ(私と同じって事なんですが)様に、左のほっぺにえくぼがあったら

母性で私は爆発しちゃうだろうな、とか

この妊娠の辛さの終わりが見えて来た今は楽しみで仕方ないです。

最後は息子と撮ったマタニティフォト。

次の4歳のアルバムは息子もお兄ちゃんになっているね。

本当に楽しみだし、無事に産まれて来て下さいって願っているけど、

息子だけの、一人っ子の、この生活もあと少しで終わりと思うとそれも寂しいです。

でもこんなに長男を大好きだって思ってるから、

次の子も大好きだし、

強くて深い愛情の2人の男の子のお母ちゃんになれる様に頑張ります。

無事に産まれましたら、次男の写真にも、皆様お付き合い下さい*

スペシャルサンクスforマツさんと妊婦の呟き。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファー沼山かおりです*

先週の土曜日から今秋の七五三撮影がスタートしました。

instagramFBではお知らせしておりましたが、

平日含め産休までの年内の枠が全て埋まりましたので

ご予約の受付は終了とさせて頂きます。

 

復帰は、自分の産後の肥立ちを見て、また保育園がうまく決まれば4月からゆっくり目に再開したいなと思っております。

今年の秋の七五三を見送り来春にと、すでに春のお問い合わせもチラチラと頂いております。有難いです!

またブログ等でお知らせしますので宜しくお願いします*

 

さて、自分も妊娠7ヶ月、今日現在で27週なので来週には8ヶ月の後期に突入します。

いや〜、本当ここまで長かった(泣)

「つわりが辛いよ〜」というブログを書きましたが、

6ヶ月の安定期に入った頃から大分良くなったものの、

気持ち悪さのちょい残りがしぶとくて、

もうこれは産むまでダメなやつやと、

二言目には「早く産みたい」と、

あと3ヶ月もあるのかよと、

相変わらずのネガティブ妊婦です。

撮影時は唯一吐き気を忘れられる瞬間であります。

みんな可愛くて本当にありがとう。

私はモノを家に保管しておくのが嫌いなタイプで、

息子が赤ちゃんの頃のものはほとんど譲ったり捨てたりで残っておらず、

まあ何でも生まれてから買えば良いかと、殆ど何もまだ用意していません。

でも、上の写真のスタイなど、お客様がプレゼントしてくれたりと

本当に嬉しいです!ありがとうございます*

 

私は今回最後の妊娠と決めているので、

「最後だし」精神で、少しテンションの上がるものを購入しようと

WILD BIRD』のスリングを購入しました。

写真家の花盛友里さんが好きなのですが、

最近花盛さんも次男君を出産されて、

instagramで紹介されていて一目惚れ。

リング部分のピンクゴールドがめちゃくちゃ可愛いのです。

あんなにつわりで辛い思いしたのだから、今回無痛分娩にしようと誓っていたのに、

貧乏根性か本来のM気素質のせいか、

「なんか普通分娩でいいや」となってしまい、

なのでこれ位のお買い物も良しとします。

あの痛みと引き換えに浮いた10万でnewborn photoもお願いしようかなーと。

そして、今回これを紹介させて頂きたくてブログを書きました!

私にとって、辛い妊娠生活の心の支えと言えばtwitter。

ここではいくらネガティブな事を呟いても、マタ垢ママ垢のフォロワーさんが優しく共感してくれます。

そんなtwitterで出会ったデザイナーのマツさん。

育児日記をよく投稿されててそれがめちゃくちゃ可愛いのです!

そのマツさんが作っているオリジナルのマタニティーマークキーホルダー。

minne』で販売されてて、即購入しました。

既存のマタニティマークはこれ見よがしで嫌だなとか、

デザインが、という方にピッタリです。

 

私はカメラバッグには既存のマタニティマークを付けていますが、

プライベートでのお出かけの時はマツさんのキーホルダーを♡

 

こんな素敵なプロダクトを作るマツさんにtwitterで、

「ホテルのドアノブにかけるやつみたいなので、赤ちゃん寝てるからインターホン押さないで!みたいなプレートが欲しい。」

と図々しくもお願いしてみたところ、本当に作ってくださったのです!

ありがとうございます!!

 

そもそもこれもtwitterで、

「やっと寝たのにしょっちゅう家に来てはインターホン押しまくって

赤ちゃん起こしにくる義母勘弁!」

みたいなツイートを見て、

嗚呼そうだな、やっと寝かしつけしたのに配達なんかのインターホンで起こされた時の行き場のないあの怒り・・・

と、息子が小さい時を思い出しての発想でした。

マツさんのプロダクトは、ちょっとした妊娠おめでとうのプレゼントとしても凄くいいと思うので、是非サイトチェックして見て下さい!

●minne マツさんのページ→こちら

最後に、

まだちゃんとお股を見せてくれないお腹の我が子。

なのでずっと女の子かな?という感じでしたが、

前回の検診でタマブクロさん的なものが!!!

男児再来の予感に、

毎日とてつもない愛をくれる息子を見ては、

「ここんなのがまた出て来たら、そんで見た目がまた赤ちゃんなんでしょ、

この身が溶けてしまうのではないか。」

と、フツフツと感情が湧いています。

未だに女児への憧れも強くあるのですが。

どちらにしても、元気に生まれてくれたらそれでいい。

そしてこの吐き気とおさらば出来るのならば、

陣痛も分娩も後陣痛もお股の崩壊もお乳が切れるのも、

もう何でもドンと来いだ。

あと3ヶ月、頑張ろう。