もしもう一度願いが叶うなら。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファー沼山かおりです*

ブログがかなり久々となってしまいましたが、

無事に産休に入り全納品が完了致しましたので、やっと再開できます。

紹介したい写真が溜まりに溜まっていますが、

しかし明日で正産期の37週に入ってしまう。

産気付くまで、できる限り書きたいと思っていますのでお付き合い下さい!

 

そして改めて、全ての撮影を無事に終了できました事、

皆様には身体の事を気遣って頂いたり、お祝いのプレゼントを頂いたりと、

本当本当に感謝しています。ありがとうございました!

そしてお客様を紹介させて貰って撮影してくれたフォトグラファー仲間の皆もありがとう〜!!

 

私の妊娠経過としては、お子は順調でしたが、

兎にも角にもずっとつわりが終わらず、

後期も便座とface to faceの日々が続きました。

助産師さんに、「つわりで実際吐いちゃう人って少ないのよ〜。」

なんて言われて、え、となりましたよね。

twitterの世界にはこんなに沢山いて励ましあってきたのに。

でも何よりもお子が元気ならそれでいいか。(って思えたのも本当は最近やっとだけど。)

後は無事に産まれてくれれば、ただそれだけです。

今日は3個前のブログで、お宮参りを撮影させてもらいました0歳の男の子の授乳フォトの紹介です。

到着した時はねんねしてました〜〜!!嗚呼!可愛い!

スーハースーハーと荒い息で迫っていく私。

我が子ならばここでほっぺに吸い付くところです。

私が撮影に伺う際に、こうしてお子様がねんねしてしまった場合も

気にせず寝かせておいてあげて下さい!

ねんねのシーンを撮れる事は日常・お家フォトの醍醐味です。

 

パパがそっと起こしてみますが、ぐっすり。

ママが優しく起こしたら、あっ、起きた!!

さっき寝たばっかやんか〜!!と足ビョーン。

でも、あれ?何か誰かいる!楽しい事がはじまるのかもとニッコリ笑顔を見せてくれました!

ちょっと寝ぼけ顔で本当可愛い。

寝起きにも関わらずゴキゲンで、

絵本を読んだりかじったりする姿を撮影。

そしてこの日の目的のシーンその1のお風呂撮影の為に全脱ぎです!

鳴呼〜、可愛すぎてどうしよう。

このムチムチは0歳ならではですよね。

おティンはweb上ではモザイクをかけております。

お尻も何と可愛い事か!

パパがツンとしちゃう気持ち分かります。

(勿論掲載の了承は頂いておりますが、私のブログでは男の子の場合お尻はそのまま載せています。)

はあ、もう可愛くてため息が出ます。

0歳がいる風景。

息子が4歳の私には懐かしいものでもあり、

お腹に子がいる私にはまたこの感じが訪れるのかなと、

とにかくたまらなく尊い。

わー(涙)

何だこの立ち姿、バランス。

この可愛いフォルム、宝物すぎます。

さて、そろそろ大好きなお風呂の時間にしましょう。

嬉しそう〜♡

なんて可愛いのでしょうか。

でも大胆にお湯かけられてこの表情w

ホカホカ君のご帰還です。

お風呂あがりの子供って特に可愛くないですか?

私は息子のお風呂上がりにタオルで拭いてあげる時、

「可愛いちゃん♡」とか「プリンプリンちゃん♡」とか未だに言っていて病気です。

しっかり拭き拭きして、

気持ちよかったね〜♡

保湿もね。

髪もとかしてピッチリと。

持ちげられてお着替えで完了。

次はお風呂の後の離乳食タイム!

おいちいね〜♡(もう私普通に話せません、可愛くて。)

やあ、もう、離乳食って本当面倒ですし大変ですが、

今になって思えば本当にあっという間に終わってしまうのだよな。

私なんかレトルトによく頼っていましたが、2人目はもっと楽しんでみようかなと思います。

ご飯もよく食べましたが、次はお待ちかねの授乳タイムです。

鳴呼、この景色。

何度もしつこくて申し訳ないのですが、

私本当に今回の妊娠期間が辛くって、

でもまたこの「授乳」ができるであろう事が本当に嬉しくて、

赤ちゃんに会えるのは勿論ですが、

また授乳が出来るならば、頑張らなくちゃとずっと思っていました。

母乳は必ず誰でも普通に出てくるものでもないですし、

上手く出たとしてもトラブルなど大変な事は本当に多いです。

私は出が悪くて、ミルクの量との調節に神経過敏になったりしたけれど、

母乳でもミルクでも、子供の成長が第一で、後は楽しむのが一番と思える様になってから

本当に授乳が幸せなものになりました。

一つ、紹介したいエピソードがあって、

10月に七五三撮影に向かう為に小田急線の優先席に座っていた時の事。

私の隣に、上品で可愛らしいおばあちゃんが座ってきました。

その時はもう妊娠8ヶ月で、胎動も激しく、

私の今お腹にいる子は右側にあんよがあって、

私の右脇腹をボコボコ蹴ってきます。

なので、「イテテ」とさすっていたら、その可愛いおばあちゃんが、

「もしかして赤ちゃん、そこ蹴ってるの?」と。

「私の子も同じところ良く蹴ってたから、何だか思い出しちゃって話しかけちゃった。」

と微笑みました。

そのおばあちゃんのお子様は女の子で、早産で生まれたけれど元気に育って、

今は孫もいるのよというお話を聞いて、

「本当に楽しみね。」「はい。」

なんて和やかに話していたら、おばあちゃんが、

「ねえ、もし私がもう一度だけ何でも願いを叶えてあげるって言われたら、

なんて言うと思う?」

と私に聞いてきました。

 

私は話の流れから、また子供を産みたいなとか、

妊婦さんになりたいなとか、そんなかな?と考えていたら、

おばあちゃんはこう言いました。

 

「もしもう一度、何でも願いが叶うなら私、もう一回赤ちゃんにおっぱいをあげたいわ。」と。

 

乗り換えの駅の豪徳寺に着いたので、おばあちゃんに挨拶をして降り、

世田谷線に乗りながら、私はさっきのおばあちゃんの言葉を思い出して泣きそうになりました。

あの可愛らしいおばあちゃんがまだ若く、

生まれた女の子の赤ちゃんに微笑みながらおっぱいをあげている姿が頭に浮かんで

実際泣いたかも知れません。

鼻はすすりました。

多分こんな私も、産後直後の頻回授乳や痛み、寝れない事で辛いと思うと思うのだけど、

でももし無事に生まれて、少しでも母乳が出たならば

多分人生最後の授乳を、大切に、できる限り楽しみたいなと

そう思います。

そしてきっと私も、おばあちゃんになって、

「もし願いが叶うなら、赤ちゃんにおっぱいをまたあげたいな。」って同じ様に思うだろうな。

でも別に、母乳でなくても全然いいのです。

パパもあげれるミルク授乳だって幸せ。

私の息子4歳も、

「赤ちゃん生まれたら、たかほ君とお父ちゃんでミルクあげるんだよね〜!

それを見たらお母ちゃん、鼻血ブーって出ちゃうんだよね!!」

と楽しみにしていますw

(私が息子に「たかほが赤ちゃんにミルクあげてるとこ見たら、お母ちゃん可愛すぎて鼻血ブーーーーって出ちゃう!」と言っています。)

別にお誕生日でも何でもない、普通の、お家での1日の記録。

ちょっと贅沢に思うかも知れませんが、

こんな普通の日を写真に残す事が愛おしくて、宝物になるはずです。

前回のお宮参りからの直ぐのご依頼で、また会えて本当に嬉しかったです!

ありがとうございました*

そしてアルバムも作らせて頂きました。

納品後にママからこんなメールを頂きました。

 

”昨日アルバムが届きました。

夫婦で「撮ってもらって良かったね」と話したあと、

子供と夫が寝て洗い物をしながら涙が出ました。

 

出来上がったアルバムは、息子のむちむちの腕や柔らかい髪やちょっとくさい頭や(笑)

おでこから放出する熱、寝ている時の息づかいをかじれるようなリアル感で

これで、この先どんどん成長して、息子が変わってしまったとしても

きっとこの幸せを思い出せる。

寂しいですが、安心して、これからの成長していく息子に目を向ける事ができる気がします。

本当にありがとうございました。”

私もこのメールを読んで涙が出ました。

こんな素晴らしいお礼のメールを頂いて本当に嬉しかったです。

 

ママのメールの最後の部分。

「息子がこの先どんどん成長して変わってしまっても、この幸せを思い出せる。

安心して成長に目を向ける事ができる。」

 

本当にそうなのです。

写真ってそういうものなのです。

そしてカタチにして残せばもっと強く、ずっと、私たちに寄り添ってくれると思うのです。

授乳フォトと大桟橋と赤レンガと@みなとみらい*

こんにちは。CuiCuiフォトグラファーの沼山かおりです*

うちにはテレビがないので、息子はもっぱらyou tubeかDVDなのですが、

最近『ドラえもん』を観はじめました。

私にとってのドラえもんは、大山のぶ代さんの時代のものなので、

昔のTVシリーズを借りてきは息子と一緒に観ています。

 

で、先日DVD vol.33「のび太の結婚式!?」という回を見ていた時の事。

もうネタバレも何もないと思うので書きますが、

のび太がしずかちゃんとの結婚式前夜の日にタイムマシンで行く話でして、

そこでしずかちゃんの家の様子を子供ののび太とドラえもんは見に行きます。

みなもと家は家族3人でディナーをし終わったところで、

しずかちゃんは自室にいるお父さんにおやすみの挨拶をしに行きます。

そこで、しずかちゃんは突然、

「私結婚するのやめるわ!だって、私がお嫁に行ったらパパ寂しいでしょ!

私、パパやママに何にもしてあげられなかった!」

と言って泣きます。

すると、しずかちゃんのパパはこの様な事を言います。

「とんでもない。お前が生まれてからの楽しかった毎日、満ち足りた思い出こそが最高の贈り物なんだ。

これがあれば少し位寂しくたって平気さ。」と。

そしてパパの手元にはしずかちゃんの赤ちゃんの頃のアルバムが!!!!

走馬灯の様に流れる思い出の写真。

ハイハイする赤ちゃんのしずかちゃん、パパとママと手を繋いで歩く幼児のしずかちゃん、

かけっこで一等賞をとる小学生のしずかちゃん、そして成人式の日のしずかちゃん。

泣けます。

 

そして私は、息子の結婚式前夜、先日のブログで紹介した息子のアルバムをめくりながら、

自室で一人涙ぐむ自分の姿をはっきり見ました。

息子が結婚まで実家にいたら嫌なので、そこは一人で涙ぐみたいのですが、

とにかくやはり、写真とアルバムなのですよ。

 

と、前書きが長くなりましたが、本日は授乳フォトの紹介をさせて下さい*

もうすぐ1歳になる男の子!お伺いしてすぐニコっ。

人見知りもなく、可愛い笑顔に「は〜ちゃわいい〜(可愛い)」と声が漏れました。

私は子供が好きすぎて、可愛い赤ちゃんを前にするとちゃんとした言葉が喋れなくなります。

息子ももう3歳だし(私も35だし)、赤ちゃん言葉やめなきゃなと思いつつも、

可愛すぎて、公私共にグニャグニャ〜っとなってしまっています。

ちゃわわ♡

サーフィンを愛するパパとママ。

お部屋のコーディネートがマリンテイストでとっても可愛かったです。

3人で撮ろうとするも、一人前に飛び出てくる子がいるぞ。

「Oh ! No~ !!」

というリアクションを自作自演してくれるこの可愛さよ。

お揃いの白シャツとジーンズのコーディネートも素敵です。

ブニっとなった顔もお腹も可愛い♡

そう、よく撮影時の服装について事前に相談されることが多いです。

基本的には何でも大丈夫ですが、この様にお揃いにしてもらったり、

ここまで揃えるのが難しくても、「チェック柄」で統一するとか、

「差し色」を同じ色にするだけでもかなり纏まりが出てくるので、

特に撮影会などの時は、ある程度揃えるのはお勧めです*

(でも、どうしても「カーズ」のTシャツが良くて次男だけ揃ってないとかも可愛いコーデなのでいいですね!)

本当は1歳のお誕生日と授乳フォトを一緒に撮るつもりでしたが、

多忙なパパさんが誕生日周辺にお休みが取れた!との事で、

せっかくなので旅行に行きたいなと、

ですので少し撮影を早めました。

この様な日程変更は大歓迎なので、皆様も何かあればお気軽にご相談下さい。

(日祝以外でしたら柔軟に対応できます!)

おっぱい好きな子、そして男の子に多い?気がする、この「立ち飲み」。

おっぱいが好きすぎて、突っ込みたい、ていうか溶け込みたい!!

みたいな気持ちの表れだと思うのですが、いかがでしょうか。

うちの息子は9ヶ月頃からおっぱい好きの頭角を表してきまして、

立ち飲みはあまりなかったけど、「両方を制覇したい」派でした。

左右の乳を5秒毎に交互に飲む、まるで長い間放置してたら誰かに盗られるかのごとくでした。

沢山の授乳を見ている私ですが、この派閥の方はなかなかいません。

もしくは、「飲んでない方を常にチロチロ弄ぶ」党でもあります。(今も・・・)

ママさんがマタニティフォトを撮った時のドレスでも撮影しました!

ママさんは写真好きで、結婚式やマタニティの素敵な写真が部屋に飾ってありました。

プロカメラマンに写真を頼む機会が多いとの事。

同じカメラマンに人生の節目毎に撮ってもらうというのは勿論いいと思いますが、

色んなカメラマンに撮ってもらう、という事もすごくいいと思うのです。

「結婚式の写真はこの人が素敵だな。」

「ニューボーンならこの人かな。」

「子供の自然な姿を残したいならこのカメラマン。」

など、そうやってピンポイントだけで選ばれても私はすごく嬉しいです。

特に私は、写真の仕事なら何でもします。というタイプではなく、

撮りたいジャンル、得意なジャンルが明確で、そこをアピールしているつもりなので、

そうして親御さんに届くととても嬉しいです。

授乳フォトの際の定番の「オムツ一丁」写真。

振り向きポーズもキマっています。

ちょっとおしりがクイってなってるのが最高です!

お部屋で可愛いショットも沢山撮れたので、お着替えしてお外に行く事に。

お家の庭がみなとみらいというロケーションでしたので、大桟橋と赤レンガへ行く事にしました。

ベビーカーでゆらゆらしたら寝ちゃった!!

すぐ起こすのも忍びないし、まだ寝てていいよ〜。

あ、起きた!?

大桟橋の名物スポットでも撮りました〜。

上から大声で叫ぶ私。

声は聞こえるけどもどこにカメラマンおばさんがいるかイマイチわからない彼。

さらに叫ぶ私。

で、やっとこっち向いてくれたショットです♡

「色々なカメラマンさんに写真撮ってもらったけど、いつも海行っちゃうから

家の周辺ロケーションで撮ってもらったのは実は初めてです。」

とママさん。

今回は横浜らしいロケーションで沢山お写真残して頂けたと思います!

は〜〜、本当に可愛く、幸せな撮影でした!

ずっとニコニコごきげんでいてくれてありがとう!

 

そして、納品後にママさんからとっても嬉しいメールを頂きましたので是非紹介させて下さい。

 

”息子の笑顔をこんなにたくさん残していただけたことがとても印象的でした。

また、いつも撮影の時は息子をあやすことに必死で、せっかくカメラマンさんにお願いしても撮影に集中できずなかなか満足できないことが多いのですが、

今回はヌマヤマさまがまるで遊ぶ様に自然に息子をあやしてくださり、

おかげで私たちは安心して写真撮影にのぞむことができたのです。

その結果、データにはなんと!息子の笑顔(それも自然な表情)だけでなく、

今まであり得なかった、『家族全員がカメラ目線で笑っている』写真もたくさんありました。

このことが今回とても嬉しかったです。”

 

こんな丁寧なお礼を頂けて本当に嬉しかったのと同時に、

「いつもの撮影は我が子をあやす事に必死で、撮影に集中できず満足度が低かった。」

という部分がとても勉強になりました。

私は人様のお子様と遊ぶ為にカモフラージュでカメラ持ってるだけなので

そこで親御さんがゆったりと、撮影それ自体を楽しんで頂けたのは本当に良かったです!

そしてママがお気に入りの写真も教えてくれました^^

この2枚は、「私の宝物たちの2ショット」とママさん。

この言葉、すごくいいですよね(涙)

この言葉がどれだけのものか!!!

出産後しばらく軽めの「産後クライシス」気味だった私には、この言葉の深さが沁みました。

同じく男の子を産んだ私としては、息子の宝物レベルが高すぎて、また日々上昇して行く中、

夫の宝物レベルを自分の中でキープする大変さと言ったら・・・。

(夫からしても同じだと思いますがね。)

私は撮影中(勝手にですが)、このパパさんがママさんを「妻」と言うか、

「女性」として扱うシーンをしっかり見ていたので、

嗚呼素敵な夫婦だなと、心から思っており、

だからママのお気に入りのこの2枚チョイスに心を打たれたのです。

あとこの1枚も!

この笑顔は、ママが本当に毎日見ている笑顔そのままなのですって!

分かりますよね。

撮影時の笑顔と普段見てる笑顔って、ママからすると微妙に違うものなのですよね。

可愛いな〜♡

片方の目がクシュっとつぶれちゃって、歯がちらっと見えてて。

ママが大好きな笑顔が撮れて良かった!

 

もうついつい、気持ちが溢れて文章が長くなってしまうのですが、

皆さま、いつもお付き合いありがとうございます。

また成長した彼にも、素敵なパパさんとママさんにも会えたらいいなと思います。

本当にありがとうございました!