子供の『今』を残すもの、アクセサリーという手段。

こんにちは。 CuiCuiフォトグラファー沼山かおりです*

うちは夫がウエディングフォトグラファーなので休日は殆ど仕事でいません。

なので、私が日祝仕事の日は息子を撮影現場まで連れて行き、

シッターさんにも来てもらって現場周辺の児童館や公園で遊んでてもらい、

撮影が終了したら一緒に帰るという働き方をしています。

もちろん毎回ではありませんが、日祝依頼のお客様は割と高い確率で息子に遭遇すると思います。

 

昔は私が見えると泣いてしまったりしていたので離れた場所でシッティングをお願いしていましたが、

3歳になる頃には神社などの現場ですれ違ってもすっかり大丈夫になりました。

お客様にご迷惑かけてしまう事も殆ど無くなったかなと最近は事情をオープンにしており、

お客様に近くの遊べる公園を紹介してもらったり、

カメラマン仲間の撮影の時などは、ご自宅の一室を貸してもらってそこでシッターさんと遊んでてもらったりと、

この様な働き方をさせて貰えて本当に感謝しています。

 

仕事を選べば子供を犠牲に、

子供を選べば仕事を犠牲にしている感が否めず、

「何で女ばかりこんな苦しまなければいけないのか。」と

私は前世からそんな事を強く憤って生きてきた様な気がします。

幸い今世はKIDSLINEさんやmormorさん(こちらのサイトの写真撮影させて頂いてます!)など素晴らしいシッターサービスと巡り会う事が出来て

諦める事を最小限に生活できる事はとてもありがたいです。

 

さて、この様に、しとしとぴっちゃんの『子連れ狼』(分からないお若い方はgoogle検索「子連れ狼 画像」で検索下さい。)の様に働いている私と息子ですが、

先月2月11日の建国記念日の日、八王子で仕事がありまして、

撮影中はシッターさんと息子には公園と図書館で過ごしてもらう様にお願いしていました。

撮影が終了し、待ち合わせの図書館に向かうと息子とシッターさんは本を読んで待っていました。

息子に「お待たせ〜!」と抱擁し、一通り様子などを聞いていると、

「あ、そうだ。お母さんにお土産があるんだよね?」とシッターさん。

見ると、オムツごみを入れるためのビニール袋の中に何か小さなものが入っていました。

 

それはちっちゃいけれど、とても綺麗にカタチが残っている貝殻でした。

公園のお砂場で遊んでいる時に見つけて、

「お母ちゃんにお土産に持ってく。」

と言ってくれたと。

ズキューーーーン♡♡♡

 

これまで男性にサプライズでこんなラブリーなものをもらった経験はなく、

私は一気に乙女の様な気分になりました。

「これはお母ちゃんの宝物♡ずっと大事にするね!!!」

と、お花畑な脳内ではアクセサリーに出来ないかなと既に考えておりました。

しかし「貝殻 手作り ピアス」などで検索するも何だかお洒落なものがなく

うーむと唸っていた時にふと思い出しました。

 

私が趣味で写真をしていた頃(すぐにカメラマンになろうと思ったので極短い)からのお友達で、

ウエディングフォトや長女ちゃんのお宮参りなど撮影させてもらったso-koちゃんが

とても可愛いレジンのアクセを作っていたな、と。

『aoio』というブランド名で活動していて、

instagramminneで作品の紹介をしていますので是非見てみて下さい*

 

そして、この貝殻のストーリーと想いをお伝えして製作をお願いしました。

そして今朝、ポストを開けると届いておりました!

こちらです!可愛い〜〜!!

組み合わせを楽しめる様にと4つも!!

そしてこれが息子がくれた貝殻です。

新生児の赤ちゃんの小指の爪程の小さいもの。

こんな綺麗なもの、可愛いものを見つけた時に

「お母ちゃんにあげよう。」

と、そう思ってくれた気持ちが本当に嬉しかった。

そして息子にはこれまでも沢山カタチのない素晴らしいものをもらってきたけど、

そんな優しい気持ちが物質化したものがこの小さな貝殻の様に思えて、

だからこんな素敵なピアスになって残る事、身につけられる事、

本当に嬉しいです。

アクセサリーというのも写真と同じ。

君がいつか私の顔さえもまともに見なくなる様な日が来ても、

今の優しさを全て、この貝殻と一緒にレジンで閉じ込めたので私は大丈夫。

たかほとso-koちゃんありがとう*

 

最後にもう一度『aoio』のリンクを貼っておきますね。

instagram→こちら

minne→こちら

 

例えばお子様が拾ってくれた花びらなどもドライフラフワーにして

レジンに閉じ込めたヘアアクセを作れたりするそうなので是非so-koちゃんに相談してみて下さい!

そしてこのピアスを付けてる私を見かけましたら、

そっとニヤついてやって下さい*

我が家の写真アルバム事情。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファーの沼山かおりです*

1月は私にとっては1年で1番のんびりな月であります。

閑散期であるこの時期にフォトグラファーはオフ会をする事が多くって、

私も何人かの素晴らしい方々と会って沢山お喋らせてもらいました。

お洒落なイタリアン『サイゼリアヤ』に超イケてるフォトグラファーさん達を集結させました!

私が一方的に「この人の写真大好き!!」と思っており、会って皆でお話ししたいな〜と、

不躾にお声がけさせてもらったにも関わらず、皆様快く集まってくれました。

そして、ランチセットとドリンクバー、1人610円で6時間も粘り、喋りに喋りました。

皆んなありがとー!!そして本当楽しかったですー!

昨日も気心知れたいつものフォトグラファーメンバーと集まって、遅れた忘年会と新年会をしてきました。和んだー。

 

私達フリーランスは普段1人で仕事をしているので、

こうしてたまに集まっては有益無益な情報交換会をして孤独を埋めております。

価値観が似ていたり、全然違ったり、

そして何よりいい写真を撮る事、尊敬できる事、

その全てが自分の刺激になるし、勉強になります。

今年はインプットを沢山したいと思っているので、これからも皆んなを追っていくよ〜。

そして、今年まだ会えてないフォトグラファーの皆様もぜひ機会があればランチでもお茶でもご一緒して下さい*

さて、今日は我が家の写真アルバム事情を紹介させて頂こうかと思っています。

先ほども『チェキ』の写真が出てきましたが、

私はプライベートの外出の際は、「一眼重いので無理」という感じでチェキを持って行く事もしばしばです。

 

『チェキ』と言えば、私が大学生の頃にめちゃめちゃ流行りまして、

充実しすぎたキャンパスライフを納めたフィルムが実家に沢山あります。

で、息子妊娠中にふと、

「産後は一眼で写真撮ったり、現像したり、プリントする余裕がないだろうな。

あれ、チェキいいんじゃないか?」

と思い、大学時代のものは壊れていたので、上の写真に写っている

『チェキクラシック』を買い直しました。(普通のチェキより機能が多いです。)

出産準備のバックに『チェキ』も入れて、病院に持って行ってました。

私は母子同室ではなかったので、授乳の度に新生児室に通っていたのですが、

『チェキ』をぶら下げて行って、新生児室でパシャパシャ撮っておりました。

その場でフィルムが出てくるから楽しいし、その時の気持ちとかを書き込めるのがポラロイドのいいところですよね。

(嗚呼、しかし新生児の息子ーーーー!懐かしい〜〜。可愛い〜。)

私は普段、仕事で使う一眼レフのカメラはバラしてしまっていまして、

息子が不意に面白かったり可愛かったりする時に、

「CFカード入れて、レンズとボディのキャップ取って、レンズはめて、ガチャガチャ・・・」

とかやっていると、その瞬間を逃してしまうので、

そんな時に『チェキ』をパッと取ってシャッターを切っています。

突然のゴキブリ出現にも、この様に対応できます!

あと、チェキならば3歳児でこの様に割とちゃんと写真が撮れます。

すぐにフィルムが出てくるのも面白いみたいで、たまにこうして撮ってくれます♡

後はやはり『写ルンです』もオススメです。

もうだって、本当、一眼重いですからね(笑)

 

そして、この『チェキ』のフィルムの収納は、

無印良品のカードホルダーがオススメ!

次にコレです。

このアルバムが昨日届きまして、それでこの記事も書こうと思ったわけですが、

これは、私が撮ったものでないプリント写真、

つまり保育園写真のアルバムです。

 

保育園の写真は基本的にデータではなく、プリントで手元に届くことが多いと思います。

そして、L版のサイズと、集合写真などの2Lサイズのプリント。

このサイズの違うプリント写真を一緒に収納できて、かつダサくないやつないか!と

地味に探し続けていたのですが、

色々チェックしてみた結果、上の写真のものを購入する事にしました。

(リンクはこちら→『MARK’S Inc.』)

機能性は文句なしで、デザインもなかなか可愛いです。

上の写真にある、表紙の小窓の下の英文がなければ最高だったな。

(市販の写真アルバムで、取ってつけた様な英文がデザインされてるのが個人的に嫌なのですよね〜。)

こんな感じで、横に書き込みができるスペースもあります。

と言うか、

ふぁーーーー!!1歳の息子きゃわいい〜〜〜!!!!

これはですね、保育士さんが撮ってくれた写真なんです。

今現在は、スクールフォトの業者さんが入っているのですが、

息子が0歳クラスにいた頃はまだ先生が撮ってくれていたのです。

 

以前もブログで書いたのですが、

プロが派遣されてくる業者の写真よりも、

私は先生達が撮ってくれたコンデジ写真を愛していたのですよーー!!!

なんですかね、本当、機材より技術よりも「」ですよ。

 

正直言って、今の業者さんが毎月あげてくる保育園の写真は殆どが価格ほどの満足がないのですが、

(これは同じフォトグラファーとしてと言うより、写真に対して目の肥えたちょっと面倒な親としての意見です・・・)

でも、何枚かは、保育園での様子が分かるものや集合写真は購入する様にしています。

息子にピントが合っていなくても構わずに、

お友達や先生と写っているものを選りすぐりで購入。

私の目に見えてない保育園の中での様子ですし、クオリティより思い出重視のアルバムです。

2Lサイズの写真も上下に2枚収納できるフリー台紙も付いているし、

この様に、イベント会場などで購入した写真を入れるポケットシートも付いていて素晴らしい。

こちらもオススメです。

あと、これは夫がフィルムカメラで撮影した息子の写真です。

夫は仕事以外でも写真を沢山撮りますが、その合間にちょろちょろっと息子を撮影します。

未現像のフィルムを溜め込んで、3年くらいしてやっと現像に出したりするので、

息子はもう3歳なのに、0歳の時の写真が出てきたりするし、時系列も割とバラバラです。

(この事については過去ブログ、「年越し時差プリントの勧め」という記事でも書いてます。)

この、夫のフィルムカメラで撮った息子の写真プリントに関しては、

敢えてアルバム収納せずにバラのまま箱に入れてます。

種類別のアルバムが増えすぎても嫌ですしね。

あと、これも過去記事のこちらで紹介したものですが、スマホ写真アルバムです。

私は、息子が0歳の時は一眼レフよりもスマホで沢山写真を撮っていました。

今思うと、余裕がなかったんだな〜と。その時期は授乳マシーンですしね。

なので、マタニティから1歳になるまでのスマホ写真はアルバムにする事にしました。

 

とにかく、膨大な量のスマホ写真をセレクトするのが大変なので、

もう全部載せちゃおうと、

そしてレイアウトに時間を取られない様に、

全部ましかくの枠で統一しました。

私はスマホで写真を撮る時に、インスタで撮ってそのままフィルター加工して保存していたので、それは凄く良かったなと思います。

そして、スマホ写真のアルバムだしと、少し安めのフォトブックを選び、

その時の思い出を文章にして直接書き込むという荒技に出てみました。

なので、これはもうほぼ『私の日記』ですね。

人に見せるとか、大きくなったら息子の嫁に見せるとか、そういうものではありません。

私だけが、1人で見返してはほくそ笑んだり、ちょっと泣いたりする、

そんなアルバムです。

1歳の誕生日を迎えてから作成する訳ですが、

過去の日記とか母子手帳とか記録を見返しながら、写真と照らし合わせて、

「はじめての寝返り〜」とか、

「この月はこんな成長があった」とか、

そうして書き込む時間も幸せですよ!

 

私が作ったこのアルバムは、プロ向けの商材なのでアレなのですが、

個人的にオススメのフォトブックは『Photoback』さんですかね。

ラストは毎年1冊作っている、本気息子写真集です。

(過去記事のこちらでも紹介しています。)

これは、基本私(時々父)が一眼レフカメラで撮った息子の写真アルバム。

CuiCuiで商材にしてるものと一緒のもので作っています。

あまりアルバムの種類は増やしたくないとはいうものの、

チェキ、保育園プリント、スマホ写真、一眼レフ写真と4種になってしまったな。

 

私が子供の写真アルバムでいつも思うのは、

「大きな災害にあった時に、命の次に確保するもの」

という事なのですよね。

私の生活は沢山のモノで溢れていて、

8万もしたコートとか、大切な指輪とか、素晴らしい本とか色々ある訳ですが、

どれも究極無くしても大した事ないのです。

でも、写真は、息子の写真たちだけは、命の次に無くしたくないかなと思う。

 

だからこそ、データのバックアップをしておく事、

また、プリントしたりブックにしておく事、

かつ、アルバムを細分化しない、増やしすぎない事をモットーに、

バランスで管理したいと思っています。

今度、データ管理の話もブログに書きたいと思っていますが、

データだけでの保存というのも結構危ういものです。

 

去年は割とアルバムの大切さを記事に書かせてもらって、

その反響もあって、アルバムを一緒に注文してくれるお客様が増えました。

本当に嬉しいです*

今年も、写真をアルバムにする楽しさや幸せももっともっと提案できたらと思っています!