息子3歳のアルバム紹介と正産期妊婦のダラダラした話。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファー沼山かおりです*

妊娠中に私が1番入り浸っていたSNSと言えばtwitterなのですが、

もう殆どマタ垢と化していて、妊婦さんのお友達が沢山増えました。

 

最近知ったのは、毎日何回も吐いてしまうほど酷いつわりを経験する人は少数だという事。

そしてその少数派はtwitterに集まりやすいという事。

長い期間を共に励ましあってきた相互フォロワーの皆さんはもはや戦友です。

そんなフォロワーさんも次々に出陣(出産のこと)をされていて、

中には「お産が本当にこわい。」という方も少なくありません。

そんな相互フォロワーさんを少しでも励ませるかもと思って、

約2年前に撮影した友人の出産時のブログをツイートしました。

 

そうしたところプチバズりを起こしまして、

思いがけず沢山の方に読んで頂き、

「泣いちゃいました。」

「出産って改めて凄いですね。」

「出産をプロに撮ってもらうという概念はなかったけど、これは凄くいいかも。」

など、色々なリプを頂いて、本当に嬉しかったです。

 

私は今度のお産が人生最後の予定です。

決して子供を産む事が最高だという意味ではなく、

でも私にとっては、人生でお産がトップイベントなんじゃないかなと思っています。

これに匹敵する私個人のイベントは後はもう「死」位じゃないだろうか(笑)

 

どうか私の子も、あなたの子もみんなみんな母子ともに健康に、無事に産まれてきます様に。

さて、今日は毎年夏頃に作成する息子の1年アルバムの写真と共に、

今の気持ちなんかをダラダラと綴っていこうと思っています。

毎年誕生日の日に〆て、その次の写真からまた1年を残しているので、

この1ページ目は3歳になったばかりの頃の写真。

私的には3歳は0,1歳に次いで、「はじめての〇〇」が多かった年だと思います。

これは、はじめての保育園水泳帽とプールバックと海パンが嬉しくて、

お家で先取りした日。

これは、モルモットさえお膝に乗せられない息子がはじめて1人でお馬に乗った日。

『こどもの国』に行った時の写真で、その時のブログもあります。

これはトイトレを開始した時のだね。(これもブログあり。)

この後1年位のんびりトイトレしてたけれど、

4歳になって私が妊娠してつわりがピークの頃に、唐突にうん◯もできる様になり、

今の所、夜のおねしょもする事なくすんなりです。

つわり時のオムツ処理が本当にキツかったので助かりましたと言うか、

やっぱこの子はお母ちゃん想いの子なんやな、と。

そして3歳の七五三。(これもブログあり。)

関東で3歳の男の子の七五三する方は本当に少ないのですが、

全力でオススメします。

理由は「最高に可愛いから。」です。

ただそれだけ。

これははじめてのレインコート。

嬉しくて、晴れの日だったけど着てみんなで近くのスーパーにお買い物に行きました。

秋の忙しい時期の休日は、撮影現場にシッターさん同伴で息子を連れて行く事もよくありました。

仕事が終わった後は、こうして息子と遊んで帰ります。

クリスマスの日にはサンタさんが来てくれました。

この朝の様子が可愛くて可愛くて、毎年夫とウキウキしながら息子を起こします。

そして3歳7ヶ月のこの時までおっぱいを吸っていた息子。(吸っていたと言うか戯れてた。)

自分で「サンタさんが来たらおっぱいをやめる。」と言っておりまして、

本当にこの日に卒乳となりました。

 

今年はこのクリスマスの朝の様子を見届けられるかな。

もしかしたらお産で見れないかもしれないな。

お腹の子には、「25日までは待ってね。」って言ってるけれどどうかな。

私的には28日位に産まれて、

産院の個室で新生児を抱きながら、ガキ使をみて年越しをするのが理想です。

これは年末の帰省前に奈良に家族旅行をした際の写真。(これもブログあり。)

そう、この時のブログは同業の女性フォトグラファーさんやママさんから沢山の共感と言うか、コメントを頂いたのですが、

その実この頃に2人目を考え出していたのですよね。

「ヌマさんかっこいい。」なんて言ってくれるお友達もいたのですが、

私的にはかっこいいなんてもんじゃなく、

この身をもってまた妊娠する事も、出産して0から育児をする事も、

それ以前に、子供をもう1人望む、望まない、

望まない場合の最終決断も、望んでからの事も、

長男の産後3年かけてやっと安定、構築してきた「仕事」への精神力みたいなものをグラグラと揺るがすもので、

とても悩んでいたのですよね。

この先ずっとフォトグラファーでやっていくのかという事自体にも悩んでいました。

 

『私はもう一度子供を産むのか?産めるのか?もしくは息子1人でいくと決心するのか』

と、必ずしも選択できるものでもないのですが、

『子供』と『仕事』、意識の向け方がひとまずでも決断次第で大分違ってくるのです、

私にとってはね。

 

森三中の大島さんが妊活休業したじゃないですか。

私は初めは何で宣言までして休業までするのかなと思っていたのですが、

後になって何となく分かるなと。

身体を張った過酷なロケが多いって事もあるとは思いますが、

それ以前に、きっと、仕事で求められてる自分像と妊活の両立が、

精神的に難しかったからじゃないかなと。

私なんか大島さんと比べるアレではないし、

お前の仕事がなんぼのもんじゃいって感じなのですが、

それでも女にとって、「産む」も「産まない」も決断は容易ではないです。

(勿論女だけの問題ではないのですが、この身をもって挑むのはやはり女だから。)

この可愛い長男は、奇跡的に舞い降りた天使(半笑いで言ってます。)なので、

今回、初めて欲しいと望んで命がやって来てくれた事や、今の所無事に臨月を迎えられている事は運が良いだけ、と言うか、

でも、ただただ感謝すべき事です。

この妊娠で、我が家の子供どうする問題はもうこれで終わり。

後は、無事に産まれてくれたら、目の前の2人の息子と仕事に邁進するだけです。

今回妊娠できた時点で、フォトグラファーとしてこの先続けていくかという問題も、

「おっしゃ、やれるだけやってみよう。後のことは後で考えよう。」

と、私の中でストンとなりました。

次の目標はまた仕事も頑張って、おっきい本棚のある、今より大きい家に引っ越す事かな。

そして、そう。

妊娠後期までずっと分からなかった2人目の性別ですが、どうやらまた男子みたいですね。

 

妊娠前は「やっぱり次は女の子♡」と、

3歳女の子の七五三撮影なんかさせてもらっていて本当に可愛いので憧れていたのですが、

なぜか妊娠が進むにつれて、「やっぱりもう1人男子がいいかも。」と思う様に。

つまり本当どっちでも最高だろうという事なのですが。

 

「なんか、袋的なものが見えるかな〜。」

と産科の先生に言われた時は、自分でもビックリする位ニヤニヤが止まらず、

と言うか、本当ずっとつわりで辛くて、お産まで意識を失い続けていたいとしか思ってなかったので、

その時初めて、ほわ〜ん♡となりました。

私が『息子溺愛型』だというのは有名な話です。

「またこんな男子、産まれて来るんかよ〜!たまらんやろ〜!!!!」ってなったし、

私の息子溺愛は、元々は『弟可愛い』という姉御肌から来ていて根が深いし、

私自身上品なタイプではないので、男子育児は合っていると思っています。

とは言え、今度出てくるのは勿論息子とは別人格の男子。

先ほど半笑いで、息子は奇跡的に舞い降りた天使と言いましが、

私は別に『赤ちゃんはお母さんを選んで産まれてくる』論は、否定はしないけど信じてはいなくて、

でも前世的なものはあるかもと思っておりまして、

これまた半笑いで聞いてもらっていいのですが、

息子と私は多分、「ロミオとジュリエットだったんかな?」位には思ってこの4年を過ごして来たのですよね。

息子は私の事は絶対否定しないし、

例えば夫がふざけて私を否定したり蔑む系の事を言っても必ず「違うもん。」とカバーしてくれます。

毎日唐突に「お母ちゃん大しゅき!」と平均10回は言ってくれるし、

チューとかギューとかのちちくり合いは、付き合って3日目のカップルの新鮮さを保ち続けているし、

私が与えた愛を120%で返してくれる様な男なのですよね。

口が硬派な男性と結婚した私に、神様がこんなスイートな男の子を授けてくれたんだあ、

と思う程、言葉も行動も激甘。

だからこそ、次出てくる男の子がどんな子なのか、

息子と同じ位スイートなんて事はあるまい、

きっと私達家族が来て欲しくて来て頂いた子だから、

我が道を行くマイペースな子なんじゃないかな、とか

息子と同じ(私と同じって事なんですが)様に、左のほっぺにえくぼがあったら

母性で私は爆発しちゃうだろうな、とか

この妊娠の辛さの終わりが見えて来た今は楽しみで仕方ないです。

最後は息子と撮ったマタニティフォト。

次の4歳のアルバムは息子もお兄ちゃんになっているね。

本当に楽しみだし、無事に産まれて来て下さいって願っているけど、

息子だけの、一人っ子の、この生活もあと少しで終わりと思うとそれも寂しいです。

でもこんなに長男を大好きだって思ってるから、

次の子も大好きだし、

強くて深い愛情の2人の男の子のお母ちゃんになれる様に頑張ります。

無事に産まれましたら、次男の写真にも、皆様お付き合い下さい*

フィルムカメラで撮ったプチタイムカプセル写真が良すぎる話。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファーの沼山かおりです*

先ず、秋のご予約沢山頂きまして本当にありがとうございます!

7/20に予約スタートしまして、その日でほぼ空き日程が埋まりました。

(現在、休日では11/10(土)のみ空きあり。平日も残りわずかです。

詳しい状況はこちらに随時更新しております。)

でも撮影会もそうなのですが、今回の秋の予約は妊娠中により募集枠がかなり少なくって、

いつもお客様に「人気者詐欺」をしている様な気分になって申し訳ないです。

ですが、予約開始を待ち構えていて下さった方は皆様希望の日でお取りする事が出来ました。

今回は私の方のリスクの説明もさせて頂き、

それにも関わらず本予約を沢山頂き本当に嬉しいです。

体調管理等しながら無理なく過ごして、秋に予約を頂いた皆様を無事に撮りきって産休に入れる様努めて参ります。

どうぞよろしくお願いします*

 

そして「つわり」ですが、17週に入った先週辺りからだいーぶ楽になってきました〜(涙)

前にあんなブログを書いたもんだから、皆様に心配をおかけしてしまって申し訳ないです。

でも、「私もつわり酷かったのでお気持ち分かります!」というメールも沢山頂いて

本当に励みになりました。

楽になった今だから言いますが、

『つわり 地獄』『つわり 死にたい』

など、めちゃ病んでるワード検索をしたりする程でした(笑)

本当に死にたいと思った訳ではないですが、

安定期に入るまで可能なら、意識を失っていたいとは思いました。

 

とある質問投稿サイトに、

 

『つわりの妻を持つ夫です。

妻が酷いつわりでとても辛そうで、僕としてもできる限りの事をしてあげてます。

しかし、辛いのは分かるのですが、妻があまりにも女を捨てすぎている、

家事をしなさすぎると思うのですが、いかがでしょうか?

髪はいつもボサボサ、寝たきりで家はグチャグチャ・・・

云々かんぬん』

 

とありまして、

まあ文章を読む限り、優しい旦那様ではあるのですが、

 

『いや、全然分かってないですよ。

奥様は今、傍目には人間界にいる様に見えると思いますが、

その実肉体は「地獄」にいるのですよ。

地獄にいる者に、女も男もないのですよ。

ただ魂あるものとして、地獄の業火に焼かれ続けているのに耐えています。

針の山を登る足を止める訳には行かずに血を流しながら前進し続けているのです。

そんな人にあなたは、「髪をとかせ」だの「皿を洗え」だの言うのですか?』

 

という、これまた病んでる、完璧と思われる回答を心の中で叫んだりしながら過ごし、

大分楽になった今、やっと生きた心地を取り戻しております。

もしこれから妊娠して、つわりの辛さを旦那が分かってくれなくて苦しいなんて時が来たら、

上記の私の暗〜い地下からの回答を、是非ぶつけてやって下さい(笑)

 

という事で、大分元気になりましたので

これまで溜めていたお客様のお写真ブログも少しつづアップしていこうと思います。

が、今日は息子の写真の話。

うちは夫婦共にフォトグラファーですが、

私は「商業カメラマン」というタイプで、写真自体が趣味的であったりすごく好きという訳ではないのですよね。

子供がとにかく好きで、「手段」としてカメラを手にしているという感じです。

なので仕事以外では写真をあまり撮りません。

ですが夫は、時間があればフィルムカメラを片手に出かけては

「作品」になる様な写真を撮っています。

その合間にちょろっと息子の写真もフィルムカメラで撮ったりします。

撮った写真のフィルムをバックの中に溜め込んで、

溜め込みすぎた位にランダムに現像に出しに行きます。

なので、時系列もバラバラですんごーく昔に撮った息子の写真が出て来たりします。

それが、タイトルにある様にめちゃめちゃいいという話。

私は基本、息子の写真はデジタルカメラでしか撮りません。

デジカメはその場ですぐ写真が見れるのがいいところですが、

フィルムカメラは、逆にすぐ写真が見れないのがいいところ。

現像が上がって来た時のワクワク感はたまりません。

また、夫の写真というのは夫の目線であり、

私が見れない息子の姿が映っているという事です。

つまり、『私が見ていなかった過去の息子に会える』

という体験ができるという事です。

これは別にうちの様に夫がフォトグラファーでなくても可能な事だと思います。

勿論、うちの夫の写真は「構図」など上手いので同じ様にはいかないと思いますが、

写真が上手くないお父さんでもいい感じに撮れるカメラ、

それが『写ルンです』です。

プロの写真家さんでも、

「写ルンですは必ずポッケに入れてますね〜。」

なんて方が結構沢山いまして、平成も終わろうとしている今も尚イケてるインスタントカメラだと思います。

ジャッジャっとネジを回して、シャッターボタンを押すだけ。

ピント調整もいりませんし、フラッシュをたくかたかないかの判断くらいで撮れます。

 

そして特に言いたい事は、

フィルムの写真は「荒れ」「ブレ」「ボケ」が逆に良かったりする事です。

これは今回の現像で一番お気にな1枚。

この写真はピントが合っていません。

(ハミチンさんが見えているのでお尻部分は加工でモザイクしています。)

この写真、ピントが合っていないからこそいいなと私は思うのです。

 

逆に自分がデジタルカメラで写真を撮っていてピントが甘い時は

「嗚呼、失敗。残念。」

と思います。

なんだかデジタルカメラでのピンボケ(お仕事でお子様撮影してる際の)写真はあまり「それが味だな」とは思わないのですよね。

 

つまり何が言いたいかと言いますと、

別に写真が上手でないパパが撮った『写ルンです』の写真の

変な構図とか、ピンボケとか、ブレてるのとかは『味』になるという事です。

なので全然、上手である必要はないと思います。

(フィルムにせよ、デジタルにせよ、白光りした露出オーバーの写真だけ良くないかな〜。)

 

なので皆さん、ぜひ旦那様に

「たまに適当に子供達撮って」

と『写ルンです』を渡してみてください。

現像にもお金がかかるので、本当にたまに、あっと思った時にシャッターを切る位でいいと思います。

前回シャッター押したの3ヶ月前だったかも位でいいと思います。

今回私が書いた様な体験が出来ると思いますし、

写真を使ったいい、面白い遊びになると思います。

(フィルムの現像に関してですが、「現像」と「プリント」は別物です。

「現像」だけにして、インデックスにしてもらえますか?と聞くとしてもらえると思います。

インデックスとは撮った写真の小さな一覧表みたいなものです。

そのインデックスで確認してからプリントしたいものだけ選んでプリントするか、

プリントにせず一括CDR化もしてもらえるので、その方がオススメです。)

遊びといえば、相変わらず『チェキ』もオススメです。

『チェキ』ならこの様に子供も撮れますし、

ウイーンとフィルムが出て来て、じわ〜っと写真が浮かび上がってくるのも子供には面白い様です。

うちにはたかほカメラマンが撮ったお父ちゃん、お母ちゃんの写真やブツ撮り(おもちゃなど)のチェキが沢山あります。

あとは、おもちゃなど仕分けごとに写真を撮って、

しまう箱にそのチェキを貼り付けるなどの使い方も出来ます。

子供がどこに何をしまうか一目瞭然になります。

見た目も可愛いし!

最近、スクエアタイプ(スクエアの写真が出てくる)のチェキが新しく出まして、

プロの写真家さんにも大評判なので、

これから買う方はそっちもオススメです。

 

と、まあ、つらつら書いてみましたが、

とにもかくにも、我が子の写真ってやっぱ最高ですね〜♡

皆さんも、プロに頼んだり自分で撮ったり、

我が子写真を沢山楽しんで下さい!

 

最後にお知らせとなりますが、明日8/1〜10まで夏季休暇を頂きます。

緊急のご連絡以外はメール返信などもストップさせて頂く予定なのでご了承下さい。

どうぞよろしくお願いします*