年越し時差プリントの勧めと、自分の写真には『色』があるのか問題について。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファーの沼山かおりです*

この夏に、ずっと習いたいと思っていた「文章を書く」為の講座に通い、

先週全5回の講義が終了しました。

目的としては、このブログがより皆様に伝わりやすいものになればという事だったのですが、

本来「書く」事は大好きで、学生時代からずっと「思った事を書く」という事はし続けていました。

ですが、子供が生まれてからは、プライベートで「書く」という時間はなかなか持てなくなりました。

また、人の親になった事による自分自身の変化、つまりただただ子供が可愛い毎日に、

ペンを握ってみても、「息子可愛い。ちゃわいい。ちゃわちゃわ♡私が背を向けて寝ると寂しがってグイッと引っ張ってくる♡」など、

もうバカみたいな文章しか出てこなくなり、書く事から遠ざかっていました。

 

このブログの更新は割とマメにしていますし、

写真をみてもらう為のものにしては文章量が多いとは思います。

ですが講座に通い、もう一度書く事をちゃんとしてみたいと思った事もあり、

自分が書きたい事を自由に書くコーナー(?)も設けてみようかと思います。

このブログには「カテゴリー一覧」なるものがございますが、

その中の『コラム』というカテゴリーで書いて行きたいと思います。

そしてさらに、書く力を鍛えていって、ゆくゆくは

取材に行って写真を撮る、かつ、書くという仕事をしてみたいな、なんて思います。

(お仕事お待ちしています。人件費も削減出来ますし。)

さて、このフィルム写真ですが、夫が撮ったものです。(夫もカメラマンです。)

0歳の時の息子。

で、この写真が現像されたのが最近なので撮影日から3年程経っております。

夫は仕事以外で、なかなかの量の写真をフィルムで撮ります。(多分本人的にはまだまだの量なのだと思いますが。)

撮るには撮るけど、現像のタイミングを逃し、家には大量の未現像フィルム。

ですが、最近やっと一部を現像に出すとの事で、300枚のプリントを持って帰ってきたのですが、その中に26枚だけ私と息子の写真がありました。

え、300分の26?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、はい、そうです。

 

で、枚数はまあいいのですが、とにかくもこのフィルム写真の玉手箱感?

違うな、タイムカプセル感ですかね、

が、すご〜くいいなと思ったのです。

フィルム写真の「時差」感って本当に良くて、

今息子は3歳ですが、もう一度0歳の頃の新しい息子に会えたという感じ。

また、この写真は夫の目線なので、私が知らない、もしくは見ていなかった息子にもう一度出会えた感じで、大層徳をした気分になります。

そこでこんなのはどうかなと思ったのです。

皆さま、「写ルンです」を買ってですね、旦那さまに「これでテキトーに気が向いた時でいいから子供を撮って」と渡します。

マメじゃない旦那さまの方がいいと思います。1本の「写ルンです」を消費するのに3年もかかる様なタイプの方がいい。あと別に写真が上手い必要は全くない。

そして使いきった頃、0歳だった息子も今や3歳という頃に現像に出すわけです。

その時の「現像を待つ時間」と「フィルム写真を見る時間」のワクワク感とか高揚感ってすごいです。味わって欲しいと思います。

そして、「私が見てなかったかもしれない新しい過去の我が子の姿との出会い」をしてみて欲しいです。

要は、自分が撮った子供の写真はもう知っているし、

自分が見てきた子供の姿は全てだし、

それ以上なんてないだろうと思っていたところに、

時間差で「まだあった!!」という感じを味わえる、という事です。

よければ、「遊び」だと思ってやってみて下さい。

 

あともう一つ、今日書きたい事。

自分の写真には『色』があるのか問題についてです。

 

昨日の話ですが、家族写真を出張撮影するカメラマン仲間4人でディナーをしました。

皆子供がいるのですが、「今回は絶対子なしで、何としてでも夫に預ける、そして夜に集まる、お酒を、お酒を飲む」という意気込みで調整して集まりました。

私たちの素晴らしいところは、誰からも夫の愚痴なんかの話題が出てこないところにもありますが、

ほとんどが仕事の話になる、というところです。

 

皆同業なのでライバルではあるのですが、

私たちは割とそれぞれが独立しつつも横の繋がりを大切に、皆認め合っているという雰囲気です。

それは、同じ写真を撮るのでも、カメラマンの『色』(そのままの意味の色でもあり、構図や感性の違いのイロでもある、カメラマンのキャラって意味もある)がそれぞれ違っており、

お客様が好みのカメラマンを選び、

私たちは選んでくれたお客様を大切に、ただ一生懸命撮るだけだと、

その様に思っているので、

他を蹴落とす事に何の意味もなく、努力すべきは自分のみであるから認め合えるのだと思います。

 

そんなこんなで、『色』というか、まあ個性とも言えると思いますが、

それはカメラマンにとっては大事なものであります。

だからこそ昨日の会でも、

「私の写真に果たして『色』なるものはあるのだろうか、どこかの誰かでも撮れる写真なのではないか、確立していないのでは」という葛藤の話になりました。

 

そこで、「本当そうだよね!分かる!」とならなかった自分。

それはあたかも、「そうかそうか、君たちはそうかも知れないけど私は確立してるんでノープロブレム。」

といった様な態度とも取れそうで、どうなんだろうかと思ったものの、

その事に関してもっとよく考えてみたくなりました。

 

ひとつ思うのは、「商品」としての価値といういう意味で『色』の好みを選別するのはお客様であり、少なからずでもプロとして売れている場合はその時点で色がない人はいないのではないかという事です。

ただ、私たちが葛藤する『色』は自分自身の中の問題なのだと思うのです。

だから周りが「あなたの色はちゃんとありますよ」と言っても、

自分で自分の思うひとまずの『色』までは、自分でたどり着けたと思えないといけないものなのだろうなと。

ただ自分の中の『色』なんて不安定極まりないから、

その前に、どんなお客様でも状況でも安定したクオリティの写真を提供できる

という事の方が大切なのではないかなと思うのです。

『色』、つまり個性がなければ、お客様からは選ばれにくいので重要な事には変わりないのですが、最重要ではないのではと。(ニューボーンフォトだとまた違うとも思いますが。)

もし自分の中で何か確立していない感があるとして、

それを個性がないみたいな問題にすると、けっこうつらいのではないでしょうか。

ただ、まだクオリティが不安定なのであれば、それは場数を踏めば絶対解決します。

安定してくる頃には『色』は嫌でもついてきてしまうし、むしろ今度はそこに自分の限界を感じて突き破りたくなって、人の『色』が気になる。

 

お客様に「沼山さんに撮ってもらいたい」「沼山さんの写真が好きです」と言ってもらえるのは本当に嬉しいし、

それがなくなってしまったら生きていけないのですが、

誰が見ても沼山かおりの写真と分かるものを提供したい、みたいな感じはあまりないのかもです。

他から言ってもらえる事はとても大事ですが。

 

何だかもっと掘り下げてみたくなる問題ですが、ひとまずこの辺でお終いにします。

 

しかし、昨夜は本当に楽しかったです。

子なしでちょっとお高め6,000円のタイ料理のコースとお酒in新丸ビル、贅沢な時間でした。

みんな楽しい時間をありがとう!時間がまだまだ足りなかったしまた行きましょう〜*

帰省して0歳のいる生活を堪能してきました。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファーの沼山かおりです*

夏は比較的仕事が緩やかなのですが、この閑散期に乗じて今月から文章の学校に通っています。

全部で5回の短いスクールなのですが、「書く」技術を勉強したいと兼ねがね思っていた事が叶って嬉しいです。

そして、これまた、夜の講義なのですよね。

「夜」「都心」「大人の集まり」

子供が小さいお母さんが、遠のかざるを得ない世界にいるフワフワ感。

最高です。

 

とまあ、楽しんでおりますが、

そもそも、「書く」勉強をしようと思ったのは、このブログがよりお客様に見やすく、伝わりやすいものなればいいなと。

語り口はそのままに、テクニックとしては、より「伝わる」ブログになればいいなと思います。

さて、今日は四国の実家に帰省してた時の事をつらつらと書こうかと思います。

写真の赤ちゃんは義妹の娘っ子、0歳8ヶ月。

義妹夫妻は同県内に住んでおり、義妹はまだ育休中という事もあり、

帰省中は姪っ子ともずっとひとつ屋根の下。

息子3歳2ヶ月は、もうすっかり少年。

赤ちゃんぽさがなくなってしまった話も書きましたが、だからこその0歳がいる生活への憧れが年々増してゆく私です。

た、た、たまらん♡この0歳のフォルム・・・。

寝ている姪っ子にスーハースーハー近づくカメラ叔母さん。

私はプライベートではそんなに写真を撮る方ではありませんが、

やっぱ赤ちゃんがいると撮らずにはいられません。

気付くと、我が息子より姪っ子にばかりシャッターを切っています。

かわいいな〜。

でんでん太鼓似合うな〜。

実家は香川ですが、今回の帰省は法事も兼ねておりまして、愛媛にも行ってきました。

お食事会の席にて、いとこの唇を奪おうとする息子。鼻の下を伸ばして回避する姪っ子も、突き出たお口の息子も可愛い♡

息子は赤ちゃんが大好きで、姪っ子のハイハイの通り道にある障害物を避けてあげたりと優しく、お兄ちゃんな面が沢山見れて母もほんわかしました。

でもやっぱ3歳も可愛いよな〜。

そして夜はそのまま愛媛のお宿に一泊。私のお化粧を真似っこしています。まずは保湿。

ビューラーでまつげアゲて〜。

ファンデはTHREE使ってまーす。

ワックスは今流行りのウエットなやつで。

子供って男の子も女の子も、お母さんのお化粧道具好きですよね〜。

次の日には四国カルストにも行ってきました。

標高1,400mは空気がひんやりして涼しく眺めも最高でした。

そして香川に戻ってきた17日は自分の35歳の誕生日でした。

息子が音頭をとって「ハッピバースデ〜トゥ〜ユ〜」を皆で歌ってお祝いしてくれました。ありがとう!

私の誕生日でも、夫の誕生日でも、クリスマスでも、

とにかくロウソクを吹き消すのは息子。可愛いからいくらでも吹かせたい。

絵本を読んであげる3歳児と聞く0歳児。子供×子供の画はやっぱり可愛い。

私は「きょうだいはいた方がいい」という意見は、一概には言えないだろうと思いますが、

個人的に、このビジュアルが数年楽しめるだけでも最高かも!!とは思うのです。

この0歳の寝姿。

これは失ってしまった私だからこそ分かる、「哀愁の情景」ですよ。

現在0歳育児をしてる皆様は、本当に思う存分この寝姿、と言うか全部ですが、堪能しておいて下さい。

まあ、1歳2歳3歳とそれぞれに可愛さがあるのですが、赤ちゃんてやっぱりいいなあ。

夜には花火も楽しみました。

3歳は花火デビューしたり、映画館デビューしたり(先日カーズ3観てきました〜!)、できる事が増えていくね。

 

5日と短い夏休みでしたが、息子は楽しかった様で、帰りは拗ねておばあちゃんにバイバイも言えませんでした。

飛行機の中で、「帰るのさみしかった・・・。」と呟いており、

次の日は保育園の預けは大泣きして、大いに休みを引きずっておりました。

 

最近は保育園行きたくない病を発症する事も多く、これもまた成長かなと思います。

夏は仕事が緩やかな分、出来るだけ一緒に過ごしたいなと思います。

おまけの写真。

昨日は久々の雨で、新しく買っていたカーズの傘をさせるとあって、ゴキゲンで登園して行きました。

傘もデビューだね。いってらっしゃい!