ニューボーンフォトについて、爆弾発言(?)です。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファーの沼山かおりです*

前回ブログで告知しました、「紅葉&年賀状撮影会」沢山のご応募ありがとうございました!!

ブログアップの15時は私用で出かけておりまして、17時にメールを確認したところ何十件と来ておりまして、ワーーーー!!となりました。

状況としては、日祝の募集は開始1時間ほどで両日埋まってしまった感じです。

お手間を取らせて申し訳ありませんでしたが、皆様にお会いできる事を本当に楽しみにしております!

今回の状況を鑑みまして、来年の「桜撮影会」に関しましては、

先着順ではなく抽選で検討してみたいと思います。

1月の早いうちに詳細をお知らせする様に致しますので、よろしくお願い致します。

さて、今日は珍しくnewborn photo のお写真からです。

でも、ポージングのお写真はこの1枚だけの紹介。

お見せしたいのは、ポージング写真の前後に撮っているラフなお写真たちです。

撮影開始前の準備の1コマ。オムツ替えをしています。

この新生児の赤ちゃんの泣いた時のこの目!!

「∋」この記号の様な目が可愛くて、可愛くて!

そしてこちらはポージングをするニューボーンフォトを撮り終えた後の、

お疲れの一杯の時。

ファーーーー!!可愛い!!

この男の子は撮影時で2500g位だったので、自分の息子が生まれた時と同じ位でした。

もう、憧れ、慕情、母性、いろんな感情が自分から溢れ出て止められません。

ファーーーー!!寄り目になっとる〜!可愛い!!!

新生児の赤ちゃんってよく寄り目になりますよね。なんて可愛いのですか。

今、「newborn photo」はブームになりつつある、と言うかもうなっていると思います。

私は息子を産んでからはじめようと思っていたので、3年前から撮影をしています。

本当に本当に可愛いですし、これまでのお客様もとても喜んで下さって、

私もやっていて良かったと思います。

 

しかし、今日は思い切った事も書いてみようかと思っています。

私は、本当は、いわゆる布で巻いたり、うつ伏せにしてポージングをしたりして創り上げる「newborn photo」より、

今日あげている様な自然なショットの方が、

もっと長い時間が経った未来に「生きて」くるのではないかと思っています。

 

「newborn photo」がブームであるからこそ、あと欧米の真似っこだし、

未来にどう見えてくるのか、また、その子が大きくなった時にどう受け入れられるのか、

それがどうもよく分からないなと思うのです。

 

もし私が新生児の時にこの様な写真を撮っていたとして、

今の自分なら「ふーん、ま、流行ってたんでしょ。」と、正直その程度かなと。

なので、「newborn photo」を喜ぶのは基本大人達という事になるかと思うのです。

(勿論、「可愛い!こんなの撮ってくれてありがとう!」というお子様もいると思います。私がスレてるだけか。)

でも私は、親御さんに喜んでもらうのは勿論なのですが、その子が大きくなった時にどう見るかという事が非常に気になるのです。

だからこそ、「newborn photo」撮影前後で撮る、この様な自然なショットの方を

実はすごく大切に考えていて、必ず撮る様にしています。

と言うか、本当はもっとこっちを撮りたい。

何も創りあげていない自然な写真はきっと、お子様が大きくなった時もそのままに受け入れられると思うし、

自分は生まれたばかりの頃、こんな風に母親に抱かれていたのだと、

スッとその景色が記憶に染み込んでいくと思うのです。

私の「newborn photo」は2~4時間かかるので(休憩や授乳など挟んで、無理なくゆっくりと進めていきます。)、

自然なショットはどうしてもおまけ程度になってしまうのですが、

それでも撮ったお写真はほとんど全部納品しています。

 

でもさっきも言った様に、本当は自然なショットをもっと撮りたい。

沐浴してるとことか、

家事をほっぽって、ママと寝落ちしてしまっているところとか。

これはもう、新しいプランを作ってみようかな。

 

現在も、新生児期のポージングなしの自然な撮影は普通の出張撮影と同価格でお請けしていますが、

やはりちょっとはポージングの写真も欲しいですよね。

ポージングの写真をライトに、自然なショットを多めに撮れるプランをちょっと考えてみます。

 

私は決してポージングの写真を否定している訳ではありません。

私自身も「最高に可愛い!」と思って撮っていますし。

また私自身はナチュラル派ですが、沢山の小物などで可愛くコーディーネートして撮られたnewborn photoを見るのは、大好きですし好物です。

ただ私が撮るならば、やはり自然な状態に近ければ近いほどいいと思っているのは確かです。

そして実際、私に撮影をご依頼してくださるお客様はシンプル志向の方が多いと思います。

 

何よりも、

装飾が得意なニューボーンフォトグラファーがいて、装飾が好きなお客様がいる、

そして私の様なニューボーンフォトグラファーもいて、共感してくれるお客様がいて、

それぞれがマッチする事が大事だと思います。

 

そもそもnewborn photoは生後週数も限られており、

産後の一番大変なヨレヨレの時期なので、なかなかの気合いがないとですし、

やっぱり可愛いポージングの写真を残したいが故の気合だと思うので、

私が新生児撮影において提案したい事がお客様に合致するかはアレなのですが、

やっぱり、自然な写真こそ残そした方がいいと思う!という、

私の思いはこれからも言い続けていこうと思います。

マタニティとニューボーンをあわせたアルバムの勧め*

こんにちは。CuiCuiフォトグラファーの沼山かおりです*

8月も終わりに近付き、秋の繁忙期の土日祝日のご予約が半分程埋まりました。

今年は土曜・日曜それぞれ午前・午後と2枠づつ、計4枠とし、

4枠中2枠が埋まった時点でその週末のご予約は締め切りとさせて頂こうかと思っております。

ですので、今のところ半分程は予約が空いておりますが、

この先締め切りのスピードが早くなる可能性が高いです。

もし沼山に撮ってもらいたいと思っている方がいらっしゃいましたら、

早めのご検討お願い致します*

現在、予約の参考になる様にホームページにカレンダーを追加させる作業をしておりますので、そちらも是非ご覧下さい。

さて、以前にマタニティと2歳の誕生日撮影をしたファミリーに待望の赤ちゃんが誕生、ニューボーンフォトを撮影して来ましたので紹介します!

お姉ちゃんになった彼女は、保育園を早引きして来ました。

お昼寝明け直後だからちょっと寝ぼけ顔で髪ボサボサで可愛い。

そしてこちらが生まれたばかりの妹さん。かんわいい〜〜!!

ぷっくりしていて、お手手バンザイして寝るのが好きみたいです可愛い。

自分でお着替えして、ママに髪を可愛く結ってもらいます可愛い。

前回お写真を撮ってから日が浅いし、私にも最初から慣れた感じで接してくれました。

この2歳のイタズラ顔、「きひひ♡」って顔が本当好きです。

お姉ちゃん、抱っこも上手です!

このきょうだいに抱っこしてもらって撮ったショットの新生児さんの方は、

だいたい泣いてるか、おイキになってる顔か、彼女の様にめちゃシブい顔かのどれかで、

その辺も愛すべきポイントです。

ポージングをするいわゆるnewborn photoも勿論良いけれど、

私はこういう自然なショットこそ沢山残して欲しいと思っています。

これは匂いを嗅いでるのではありませんよ。チューです!

フルーツのお洋服着て可愛い!女の子いいな〜。

ママはポージングの撮影中、起きてしまわないかとドキドキしてたそうですが、

とーってもよくネンネしてくれました!ありがとう。

そう、ニューボーンフォトは基本寝てる所を起こさない様に撮影するのですが、

すぐ起きちゃたり、泣いちゃったり、ポージングのいい所でウンチしてしまったりしないかと、

ママさんが気を張ってしまいます。

でも、私はママさんには気持ちをゆったりとしていて欲しいと思います。

「ウンチ出ちゃったね!ご苦労さ〜ん。」位、鷹揚に構えていて下さい!

私たちニューボーンカメラマンは、ママさんにヤキモキする隙も与えないほど

軽やかに、赤ちゃんにとって快適にポージングをする事が目標ですが、

人間対人間なのでそうもいかない時もあります。

その時に、家族とカメラマンが焦ったりすると、本当に赤ちゃんに伝わります。

なので、みんなでゆったりとした気持ちでいる事はニューボーンフォトではとても重要です。

本当に奥深い撮影です。

そしてここからのお写真が、お姉ちゃんが保育園から帰ってくる前に撮影したnewborn photoです*

皆さん、笑うとえくぼが出るのですよーーーー!何て可愛いのでしょうか。

体重もしっかりあってぷっくりしているのがよく分かるショットです。可愛い。

でも本当、新生児の寝顔って観音様みたいだなあ。

3歳になる息子の寝顔を見ても「お地蔵さん」と思う。

33歳になる夫の寝顔には天界の気配は全くない。

私は子供が生まれる前に神様の所にいたのかどうかは分からないと思うのですが、

でも「信じるもの」=神様ならば、子供はみんな私にとってはゴッドです。

うつ伏せのポーズは、本当誰一人として全く同じカタチに仕上がりません。

その子の好き嫌いとか、寝てるけど相談しながら心地いいカタチにするのでみんな違う。

この冠と羽はママさんが用意してくれたものです。(私が持参する小物にはありませんのでご注意下さい。)

ママさんが用意してくれたもので撮影するのってとってもいいと思います。

またそれを一緒に取っておけば、「こんなに小さかった」と感覚で実感できます。

そしてアルバムもご注文いただきましたので一緒に納品させて頂きました!

私はこのアルバムを作る作業が本当好きですよ。

前回のマタニティの撮影の時と合わせてのアルバムにしました!

マタニティフォトをご依頼頂いた方はニューボーンフォトが5,000円引きになりますが、

今回のお客様は、割引の5,000円分をアルバム10P増刷に充てて20Pにしています。

マタニティと合わせたアルバムの場合は10Pだと物足りないので、この方法はお勧めです。

 

とても迷いましたし、苦しい決断でしたが、

前回撮影のお姉ちゃん2歳誕生日の要素はなしにして、

マタニティなショットと今回のニューボーンでアルバムを構成しました。

アルバムは統一感とかリズムが大切かなーと思います。

結果とてもいいアルバムができました。

そして後日ママさんからは、

「お姉ちゃんの誕生日の写真は別にアルバムを作ってみました。

自分でまとめる作業時間も楽しいひと時でした!」

とメールを頂き、とても嬉しかったです。

アルバムなどカタチにする事はとても重要ですし、

何と言っても、まとめる作業自体が楽しくとっても幸せな時間なのですよ。

お口やまつげなどのパーツ撮りを必ずしていますが、このパーツ写真はアルバムにすると更に生きるのですよね〜。

とにかくも、自分のアルバムは一切の装飾をなしにしてシンプルに、写真だけみせる様にしています。

次はお宮参りとお食い初めのご依頼も頂いていますので、

生後3~4ヶ月の妹さんと、お姉ちゃんと家族の皆様にまたお会いできるのがとても嬉しいです。

楽しみにしています!