息子の2歳の写真アルバムを作りました。

こんにちは。 CuiCuiフォトグラファーの沼山かおりです*

今日は毎年恒例の息子の1年アルバムを作ったので紹介させて下さい。

私は1年に1冊、誕生日を最終日とした息子のアルバムを作っておりまして、

0,1歳の時のアルバムはこちらで紹介しています。

このアルバムはCuiCuiで商品化しているものと同じ仕様です。

自分でも使う、本当にいいと思っているものを商品でも使用しています。

息子は5月生まれなので、その月の誕生日が終われば「さあ、アルバム作るぞ。」となる訳ですが、

その後に訪れる夏はカメラマン業界は閑散期ですので、そこで作る事にしています。

2歳になりたての頃、お友達の撮影を私たち夫婦でする事になり、

2家族合同で九十九里の海に行った時の写真からスタート。

下の写真、からだがペットボトル3.5本分位しかない!!ちっちゃくて可愛い。

そして、この向かって左のページの3コマ写真は、

「起きたら隣にお母ちゃんいなくて泣きながらリビングに入ってくる」シリーズで、

1歳の時のアルバムにも収録されています。

これは、お母さんにしか分からない萌えシーンで、子供のアルバムってこういう要素が重要ですよね。

もし、アルバムをご依頼していただける様であれば、撮影中に私に「親にしか分からない萌えエピソード」聴かせて下さい。

撮れれば載せます。

いつものこだわりなのですが、私は息子のアルバムは『記念』的な要素はなるべく入れずに、

『日常』を中心にしたいと思っています。

なので、家と近所のシーンが多い。

でも、お気に入りのお出かけシーンも入れちゃいます。

あらかわ遊園へ遊びに行った時の事はブログでも書きましたが、

ここに漂う昭和感はすごく画になって、私的フォトジェニックスポットです。

この左の写真はサンタさんが来た日の朝。

1歳の時はサンタさんの概念がなかったのですが、2歳ではしっかりと認識、

スーパー可愛い反応を見せてくれました♡

この日までは、「あれ、お片づけしないとサンタさん来ないんじゃ〜・・・」

という荒技が使えて楽だったな。

さて、うちは夫婦共にフォトグラファーですが、

夫は息子の写真はさほど撮らないし、撮ってもフィルムなので、3年後に現像が上がって来たりします。

なのでこのアルバムは、ほぼ私の一眼で撮った写真で構成し、

セレクトもレイアウトも私の独断でする「お母さんアルバム」なのですが、

今年は夫も一緒にセレクトしました。

方法としては、

まず息子の1歳の誕生日以降〜3歳の誕生日の日までの写真を全て見ます。

そこから「本当にいい、可愛い、これは外せない」という写真をかなり絞って選んでフォルダに入れていきます。

そこで最終的に何枚になるかは気にせずに選びます。

セレクトが終了したら、パソコンのソフトでアルバムに写真をレイアウトしていくのですが、

選んだ写真のリズムを見て、それに合ったフレームを選んではめていきます。

リズムって何だという感じですが、先ほどの

「起きたら隣にお母ちゃんいなくて泣きながらリビングに入ってくる」シリーズだと、

この泣きながらドアをこじ開ける写真は、ページを分けずに一気にコマで魅せた方がいいだろうとか、

上の桜バックのたかいたかい写真は空が桜で埋まっているし、見開き1ページ使うだろとか、

そんな感じで、ポンポンと割り振って行きます。

お客様のアルバムを作る時もそうなのですが、私はこの作業は早い方だと思います。

お客様のアルバムを作る私は撮っている本人ですし、

息子のアルバムを作る私はお母さん本人なので、

そのリズムは頭で考えるまでもなく、身体から自然にでてきます。(うざったい言い回しだな。)

そして最後は3歳お誕生日。

初めて美容院に行ったお誕生日前日と、カーズのフランクをプレゼントにもらった誕生日当日、

そして、いつもは誕生日の日に家族写真を撮るのだけど、何だかんだで日が暮れてしまい(この辺適当)、

次の日に自宅前で三脚を立てて撮ったこの写真。

これでお終いです。

最終的に50Pのアルバムになりました。

0歳50P、1歳70P、そして3歳はまた何ページになるのだろう。

 

とにかくも、このアルバムを作る作業というのは本当に幸せで贅沢な時間です。

1番最初のページのペットボトル3.5頭身だった息子が、

最後のページではすごい伸びてる!!大きくなったね。

 

今お隣の国がかなり不穏な動きをしておりますが、あの「電磁パルス攻撃」、

どうやらハードディスクのデータも消える可能性があるとか。(CDRなどは大丈夫そうですよ。)

あとは、私たちが生きてるうちにjpegなんていう形式も無くなってしまうかもしれません。

やはり信用できるのは紙ではないかと思います。

と言うか、こんな脅し的な事でなくとも、アルバムがもたらす幸せを知らない方がいましたらぜひ味わって欲しいと思います。

 

毎年四国の実家にも同じものを送っており、

到着した日に割と硬派なお義父さんからテンション高めなメールが来ました。

「宝物がまた増えた!ありがとう!」

とすごく喜んでもらえて、私も嬉しかったです。

こういうカタチでしかお礼ができないけど、

遠いからこそ、『孫の様子を伝える』という事はこれからも続けていきたいと思っています。

(府中の私の実家には送っていないです・・・。なぜならこのアルバムは原価が結構高いから。

つまり皆様にもいい商品を提供しております!)

 

3歳のアルバムも楽しみだな〜。

これまでの3冊のアルバム、秋の夜長にパラパラとめくっては過去に浸って楽しみたいと思います*

マタニティとニューボーンをあわせたアルバムの勧め*

こんにちは。CuiCuiフォトグラファーの沼山かおりです*

8月も終わりに近付き、秋の繁忙期の土日祝日のご予約が半分程埋まりました。

今年は土曜・日曜それぞれ午前・午後と2枠づつ、計4枠とし、

4枠中2枠が埋まった時点でその週末のご予約は締め切りとさせて頂こうかと思っております。

ですので、今のところ半分程は予約が空いておりますが、

この先締め切りのスピードが早くなる可能性が高いです。

もし沼山に撮ってもらいたいと思っている方がいらっしゃいましたら、

早めのご検討お願い致します*

現在、予約の参考になる様にホームページにカレンダーを追加させる作業をしておりますので、そちらも是非ご覧下さい。

さて、以前にマタニティと2歳の誕生日撮影をしたファミリーに待望の赤ちゃんが誕生、ニューボーンフォトを撮影して来ましたので紹介します!

お姉ちゃんになった彼女は、保育園を早引きして来ました。

お昼寝明け直後だからちょっと寝ぼけ顔で髪ボサボサで可愛い。

そしてこちらが生まれたばかりの妹さん。かんわいい〜〜!!

ぷっくりしていて、お手手バンザイして寝るのが好きみたいです可愛い。

自分でお着替えして、ママに髪を可愛く結ってもらいます可愛い。

前回お写真を撮ってから日が浅いし、私にも最初から慣れた感じで接してくれました。

この2歳のイタズラ顔、「きひひ♡」って顔が本当好きです。

お姉ちゃん、抱っこも上手です!

このきょうだいに抱っこしてもらって撮ったショットの新生児さんの方は、

だいたい泣いてるか、おイキになってる顔か、彼女の様にめちゃシブい顔かのどれかで、

その辺も愛すべきポイントです。

ポージングをするいわゆるnewborn photoも勿論良いけれど、

私はこういう自然なショットこそ沢山残して欲しいと思っています。

これは匂いを嗅いでるのではありませんよ。チューです!

フルーツのお洋服着て可愛い!女の子いいな〜。

ママはポージングの撮影中、起きてしまわないかとドキドキしてたそうですが、

とーってもよくネンネしてくれました!ありがとう。

そう、ニューボーンフォトは基本寝てる所を起こさない様に撮影するのですが、

すぐ起きちゃたり、泣いちゃったり、ポージングのいい所でウンチしてしまったりしないかと、

ママさんが気を張ってしまいます。

でも、私はママさんには気持ちをゆったりとしていて欲しいと思います。

「ウンチ出ちゃったね!ご苦労さ〜ん。」位、鷹揚に構えていて下さい!

私たちニューボーンカメラマンは、ママさんにヤキモキする隙も与えないほど

軽やかに、赤ちゃんにとって快適にポージングをする事が目標ですが、

人間対人間なのでそうもいかない時もあります。

その時に、家族とカメラマンが焦ったりすると、本当に赤ちゃんに伝わります。

なので、みんなでゆったりとした気持ちでいる事はニューボーンフォトではとても重要です。

本当に奥深い撮影です。

そしてここからのお写真が、お姉ちゃんが保育園から帰ってくる前に撮影したnewborn photoです*

皆さん、笑うとえくぼが出るのですよーーーー!何て可愛いのでしょうか。

体重もしっかりあってぷっくりしているのがよく分かるショットです。可愛い。

でも本当、新生児の寝顔って観音様みたいだなあ。

3歳になる息子の寝顔を見ても「お地蔵さん」と思う。

33歳になる夫の寝顔には天界の気配は全くない。

私は子供が生まれる前に神様の所にいたのかどうかは分からないと思うのですが、

でも「信じるもの」=神様ならば、子供はみんな私にとってはゴッドです。

うつ伏せのポーズは、本当誰一人として全く同じカタチに仕上がりません。

その子の好き嫌いとか、寝てるけど相談しながら心地いいカタチにするのでみんな違う。

この冠と羽はママさんが用意してくれたものです。(私が持参する小物にはありませんのでご注意下さい。)

ママさんが用意してくれたもので撮影するのってとってもいいと思います。

またそれを一緒に取っておけば、「こんなに小さかった」と感覚で実感できます。

そしてアルバムもご注文いただきましたので一緒に納品させて頂きました!

私はこのアルバムを作る作業が本当好きですよ。

前回のマタニティの撮影の時と合わせてのアルバムにしました!

マタニティフォトをご依頼頂いた方はニューボーンフォトが5,000円引きになりますが、

今回のお客様は、割引の5,000円分をアルバム10P増刷に充てて20Pにしています。

マタニティと合わせたアルバムの場合は10Pだと物足りないので、この方法はお勧めです。

 

とても迷いましたし、苦しい決断でしたが、

前回撮影のお姉ちゃん2歳誕生日の要素はなしにして、

マタニティなショットと今回のニューボーンでアルバムを構成しました。

アルバムは統一感とかリズムが大切かなーと思います。

結果とてもいいアルバムができました。

そして後日ママさんからは、

「お姉ちゃんの誕生日の写真は別にアルバムを作ってみました。

自分でまとめる作業時間も楽しいひと時でした!」

とメールを頂き、とても嬉しかったです。

アルバムなどカタチにする事はとても重要ですし、

何と言っても、まとめる作業自体が楽しくとっても幸せな時間なのですよ。

お口やまつげなどのパーツ撮りを必ずしていますが、このパーツ写真はアルバムにすると更に生きるのですよね〜。

とにかくも、自分のアルバムは一切の装飾をなしにしてシンプルに、写真だけみせる様にしています。

次はお宮参りとお食い初めのご依頼も頂いていますので、

生後3~4ヶ月の妹さんと、お姉ちゃんと家族の皆様にまたお会いできるのがとても嬉しいです。

楽しみにしています!