ほんとのほんとの日常写真と「撮りやすい子、撮りにくい子」の事。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファー沼山かおりです*

12月、ですねー。12月と言えばクリスマスですが、先日息子と一緒にサンタさんへのお手紙を書きました。

3歳半の息子の今年のお願いは、

『うまれてウーモ、わお!』を下さい、でした。

一万円也。

 

さて今日は、ほんとの何でもない日、『日常写真』のお写真の紹介です*

以前、こちらの記事でお宮参りの写真を紹介した何度も撮影させて頂いているファミリー。

今回は、特に何でもない日。

だから私が到着した時点でみんなまだ寝起きの感じです。

だから朝ごはん前のプッチンプリンから撮影がスタートしたのです。

私はカメラマンとして、写真の仕事なら何でもしますというよりかは

撮りたいものや、お客様に残して欲しいものがかなりハッキリしているタイプで、

それをブログでは結構アピールしていると思います。

それはつまり『日常』というか、なるべく作り込まない姿、です。

なので私はこの先も、スタジオは持たずに『出張』というスタイルでやっていくと思います。

そして、この思いは私の「お母さん的な感情」がかなり強く出ていて、

多分、終わってみたら本当に短い「子供との親密な時期の幸せ」を冷凍保存しときたい、

という様な気持ち故になのです。

そしてこれは本当に嬉しい事ですが、この思いがしっかりお客様に伝わっているという実感があります。

こうして何でもない日の撮影依頼を頂ける事が増えて来ました。

私は昔から男性とお付き合いし始めた幸せの絶頂の時でさえ、

いつか来るであろう「別れ」に備えて、心のどこかで常に準備を怠らなかった女。

我が子に完全にハマってはっちゃけている様に見えて、

その実、君たちがアッという間に私たちから離れていく事を絶対忘れないのだよ。

だからこうして写真を撮っているし、備えているのです。

私が撮りたいもの、最上のものは『日常』の中にこそあります。

パパとイチャついてる。可愛い。

ママもイチャついてる。可愛すぎる。

そして、前回のお宮参りの時にフサフサの髪の毛でスーパーご機嫌笑顔を見せてくれた妹さん。

実はこの日、お熱が出ちゃいました。(これも究極の日常撮影。)

嗚呼、起きた!嗚呼〜〜、おねちゅ、ちゅらいね〜、かわいそうに!!

数日前から熱があり上がっては下がりを繰り返していて様子をみていました。

前日は下がっており、撮影決行のご連絡を頂いたのでお伺いしましたが、またちょっと上がっちゃったみたいです。

きっと親御さんは、忙しい中来てくれるのに急なキャンセルは申し訳ないという私への気持ちと、

でも撮影なんて無理させちゃうかな可哀想かなという娘さんへの気持ちで苦しかったと思います。

でも嘔吐などもなく、おっぱいも飲めました。

大丈夫だよ、無理なく撮影していこうね!!

普通、発熱中の写真撮影なんて絶対ないし、これも良い思い出になるかなと。

(特に新生児さんの撮影が控えてる場合などは、お伺い時の急な発熱の際は撮影を中止させて頂いております。)

元気ならば、朝はお兄ちゃんと妹の触れ合いタイムがあるらしく、

それが撮影できなかったのは残念ですが、

こうして家族みんなで介抱する姿が残せる事も貴重かな。

夜のぐったりに比べたらだいぶ良くなったみたいです!

でも、抱っこしててもらわないとちゅらい。

(うちの息子が発熱時は「ちゅらい〜〜!!!」って泣くので、

もう「辛い」って言葉は「つらい」と発音できなくなった私。)

元気なお兄ちゃんはプリンからの朝食タイム!

味噌汁とコーンフレークってとこが、「分かる〜〜〜!!」って感じしませんか?

栄養と本人の気に入るものの組み合わせでガチャガチャになる。子供ごはんアルアル。

ちゅらい妹と元気な兄。

そんなお兄ちゃんに、「ねえねえ、チーターの顔してみて!」(チーターのDVDみてた。)

ってリクエストしてみたら、

これ!!!!

パパとママも初めて見る顔らしい!!!

可愛い〜〜〜♡

ウケる父とちょっと恥ずかった息子。

DVDはこれ。最近のお気に入りで図鑑の付録らしいです。

色んな動物が出てきました!

 

そう、この日の朝、私が到着する前は「おしゃしんとらない!!」とかなりのローテンションだったらしいお兄ちゃん。

しかし、私の顔見るとピカーン!とスイッチが入って、パパにDVDのセットを要求。

すぐさま野生動物の生態を語り始めた彼は、写真を撮られる事を許す気持ちになってくれたのでした可愛い。

妹さんも笑顔が出る位には回復して来ました!

でもやっぱちゅらい!!!

無理せずいこうね。

う〜〜〜〜、下唇出ちゃう位にはやっぱり元気が出ない。

弱肉強食について滔々と語る彼ですが、鼻にチョコワのチョコついとる可愛い。

妹さんもちょっとご飯食べてみるかな?と思ったけど、やっぱ無理ーーー。

おやつの干し芋を握るだけで、あとはおっぱいだけで今日はいいみたいです。

まだまだ続くお兄ちゃんの生物学の講義。

好きなシロワニという鮫を見せてくれました!

男の子の探究心とか一つのものを突き詰めていく感じが私はとても好きです。

写真撮りながらだけどちゃんと聞いてるよ!ありがとう!

あと子供のこういうフォルムが好きでよく撮ってしまいます。

逆Y字内股可愛い。

さてさて妹さんの様子を見つつ、お散歩に行く事にしました。

今回はここでの暮らしそのものがテーマなので、いつもの生活エリアを巡って見る事にします。

まずは近くのキャンパスで紅葉のお写真を!

ところで突然ですが、私の様なファミリーフォトのカメラマンにとって

「撮りやすい子、撮りにくい子」というのはどの様な子だと思いますか?

 

・人見知りしない、ご機嫌である、よく笑う、こちらの指示に従ってくれる

・人見知りする、泣いてしまう、笑わない、走り回ったり隠れたりこちらの指示に従ってくれない

 

こう羅列すれば、前者は確かに撮りやすそうですし、後者は撮りにくそうです。

でも、これは私個人の意見ですが、

私にとっては「撮りやすい子撮りにくい子」というのは基本ないです。

それは、子供は何してたって可愛いし、

どんなに人見知りの子であっても笑顔が1枚もない納品というのは多分ないと思います。

(笑顔の写真が良いという事ではない。あと月齢が低いと無理な場合はある。)

 

しかし、これはあります。

「撮りやすい親御さん(の子)撮りにくい親御さん(の子)」。

ババーン。

つまりこうです。

例えば撮影しょっぱなからグズグズの極みみたいなお子様がいたとして、

でもそんなものはファミリーフォトのプロカメラマンにとっては何ともないのです。

何ともあるのが、その時の親御さんのお子様に臨む態度が寛容でない場合夫婦の意見や雰囲気が合致していない場合です。

言いにくい事を太字で書いてしまいましたが、これは七五三などのキチンとした行事の撮影などで起こりやい事です。

「まあグズグズも予想済みでーす。これはこれで可愛いよね!」という親御さんだと、

正直にこちらの気持ちはだいぶ楽です。

そういう親御さんに温かい目で見守ってもらえる子供はリラックスしますので、

次第に気持ちや気分が持ち直してきます。

そしてそういう親御さんに許される私(カメラマン)は気持ちの緊張がないので良い写真が撮れます。

さらに、私たちファミリーフォトのカメラマンは子供の気持ちを切り替える為の技を沢山持っています。

そこに親御さんの協力が乗っかる事、

そして一番凄いのは前も言いましたが、子供は気持ちを切り替える天才だと言う事、

だから最初から最後の1枚までグズグズである納品というのは基本存在しないと言い切りたいです。

もしも親御さんに予め「理想の写真の形」があって、

それに我が子がはまらなかった場合、それは悲しい事になります。

お客様である親御さんに「理想」がある場合は、私たちカメラマンはプロとしてはそこを提供しなければならなくなるので、なかなか大変な仕事となります。

だから私は本当に、写真なんて適当でいいんだと思っています。

適当でも私たちはプロクオリティーのものは撮るはずですし、

ドキュメントである出張撮影ははまらないからこそ面白いという部分が大きく、

そこをどう上手くひろっていくかが腕の見せ所だと思うのです。

そして、もう一つの夫婦の意見、雰囲気マッチングの件ですが、これは私がいい写真を撮るのに本当に重要です(笑)

家族写真を頼んで一緒に撮影に臨んでくれる夫を持つ夫婦、

つまり私のお客様は皆さま夫婦仲良し(夫に皿洗いを頼んだらやるにはやるけどシンクがビチョビチョとかそういうのいっぱいあるの分かってて)ですし、

撮影時のお子様への態度など、私がとても心地よく撮影させてもらえる方ばかりです。

 

そして、以前のこのファミリーの記事でも書いたのですが、

このご夫婦は本当に柔らかくて暖かくて、

「私がいい写真が撮れるかどうかというのは、そのご家族の夫婦力に寄るところが大きいのだな」

と、いい写真の為の要因は沢山ありますが、これはとてもいい発見でした。

私は子供を産んでから、完全に「お母さん的目線と愛情を放出させるタイプ」のカメラマンになってしまったので、

このご夫婦の様に、私という他人の前でも自然にいつもの様に我が子への愛を出してくれるご家族の撮影は、

何だか一体化した様に撮る事ができて、ひとまず私自身が「いい仕事したな、今日」と思わせてもらえるのです。

事実は、写真は私の主観でしかありませんが、

できるなら私は親御さんの脳や目線をそのまま「上手く撮る為の代理の器」でありたいので、

やはり親御さんには撮影時は、私の前でも恥ずかしさを捨てて惜しまず愛を放出して欲しいと思います。そこに乗っかりたいです。

さて、途中お写真撮りながら次は畑に来ました。

ここは区画で土地を貸しているファームで、こちらのファミリーも自分の畑を持っているのですって!

おお!人参が取れた!!

可愛い。

食育の為に畑を借りたとの事ですが、これは本当にいいですよね。

自分で取ったお野菜ならきっと喜んで美味しく食べるだろうな。

ファームの管理人、仲良しのおじさまと一緒に撮影!

ここで採れた干し柿を私にも下さったのですが、甘くて美味しかったです!!

干し柿は若輩者の私にはまだ美味しさが分からぬ食べ物だと思ってたけど、この日分かりました。

何の種を植えたのかな。

お隣の畑から可愛い芽が出ていました!

その後、おもちゃを見たいというお兄ちゃんの要望でいつも行くショッピングモールの方へ向かって撮影終了です。

この日の最後、「実は来年地方へ転勤する事になって」とお話を聞きました。

そうか、だからここでの日常を残しておきたいとご依頼下さったのだなと。

ここでの暮らしをきっとお子様たちは覚えてないから、

この写真がいつか、千葉での生活の記憶となれば嬉しいなと思います。

しばらく会えないのかなと寂しく、最後お見送りしてくれたママの手に自然に触れてしまいました。

関東に戻ってくる機会があれば、その時に合わせて撮影会企画しますので!!

またお会いできたら嬉しいです。

新しい土地でも元気にお過ごし下さい*

 

撮影会告知と双子の男の子、水あそびにゆく@中野区*

こんにちは。CuiCuiフォトグラファーの沼山かおりです*

最初に撮影会の告知をさせて下さい。

私がお世話になっていますベビーマッサージの『BABYぷらす』さん主催で、

急遽今月の9/16(土)横浜で撮影会を開催する事になりました。

まだ残席わずかにあるとの事で、ご興味のある方はこちらからお問い合わせ下さい!

 

そして、私の秋の紅葉撮影会についても問い合せがありましたので、お知らせさせて下さい。

今年は11/23(祝)・11/26(日)・翌週の平日のどこかで開催しようかなと考えております。

まだ詳細詰めておりませんが、今月9/23(土・祝)の15:00に公募ブログをアップしたいと思います。

毎年迷いますが、おそらくお子様がお昼寝したりまったりした時間で応募しやすいのではないかと15時にしてみました。

そして今年もそこからの先着順とさせて頂きます。

年賀状用の撮影としてもとても人気の撮影会なので、皆様どうぞよろしくお願いします*

さて、今日はいつも「日常風景」を撮影させてもらっている双子の男の子ファミリーのお写真紹介です。

前の記事「双子の男の子、初めてのヘアカットにゆく*」に登場した彼らです!

もう歩くし、ちょっとおしゃべりもし出しまして、可愛いったらないです。

上の写真は、一発目のショットなのですが、

私はこの「1枚目の写真」てヤツが好きでして、

まだちょっと距離のある、「コイツ、誰だったっけ?」みたいな表情が撮れるので好きです。

こちらはYさまです。

こちらはKさま。

「ピタゴラスイッチ」が好きで、大体この時間にお邪魔するのでこの辺のTVをいつも一緒に見る事ができます。

今日のテーマは「水あそび」なので、それ用のオムツにチェンジします。

男の子は必ずやるであろう「チ◯チ◯指差し」。

あーー、可愛い。私も男の子の母親なので、男児のこのネタ大好きなのでたまりません。

(勿論、全ての男児のお母さんが私の様に子供のチ◯チ◯ネタが好きな訳ではありません。)

そして、ちょっと見えていたのでモザイクしています。

手前でイチャついてるママとKさまの後ろで、パパにお洋服を剥かれるYさま。

基本的に育児というのは、子供の数より大人の手が多くて通常稼働できるかなという感じだと思うので、

双子さん育児の場合は、大人が3人いてトントン位かなと個人的には思うのです。

勿論大変だろうなと思うのですが、

でもそれ以上に、可愛い×2の憧れの方が強い私。

もし次に妊娠する様な事があれば、「双子来い!」と密かに思っているのです。

双子は細胞分裂の過程だそうですね。

であれば、意識を超集中して何かしらのパワーでもって分裂させる事も可能なのではないかと思ったりもします。(可能な訳ない。)

ちょっと小腹が空いて、スイートコーンを食べたくなったKさま。

なぜかトウモロコシは食べないのに、コーン缶のコーンが好きというお子様は少なくないはず。

うちの息子もそうですが、2人もそうみたいで、こういう小さなエピソードにもキュン♡としてしまいます、ホント。

さて、お支度が完了したので、近くのジャブジャブ池のある公園へ向かいましょう。

電車が通ると反応する2人。ああ、可愛い。

向かって左がKさまで、右がYさま。皆様もそろそろ見分けがつく様になってきたのではないでしょうか。

公園に着くと、週末のお祭りの為にドームが出ておりました!

本当は3歳以下の子はダメなのですが、平日で他に人もいなかったので特別中で遊ばせてもらいました。

まだトランポリン的なものには魅力を感じない年頃なので、程よく楽しませてもらいました〜。

 

そして、ここで予期せぬ出来事が。

清掃の為か、公園のジャブジャブ池の水がない!!

嗚呼、目的の「水あそび」シーンが撮れないですね、残念、という事で、

とりあえず2人の水着姿が見たい私は、

「じゃあ、芝生で、水着でどうでしょう?」と、

グラビア誌の編集者の様な提案を持ちかけました。

あ〜〜〜、コンセプトもよく分からないけれど、とにかくスーパー可愛い!

しかし、水に入れないのに水着にさせられて泣く2人。

あ〜〜〜〜〜、可愛いよー。最高に可愛いよ。泣き顔もいいよ〜。

と、大人はひとまず満足します。

水着はちょっと窮屈だったかな?

もうパンツで遊んでしまえ!と脱いでしまいました。

M字開脚。

ムチムチのなんて可愛いシルエット。

一通り遊び、パパママそれぞれと撮ったりなんかして、

では帰ろうかと、その時・・・。

なんと、ジャブジャブ池が注水されはじめたではないですか!!

わ〜、よかった!撮れますね!もう水着はいいか、パンいちで!という事で、

水あそびしましょう〜。

ダイナミックに入水するKさまと、慎重なYさま。個性が出ますね。

はあ、可愛い!この笑顔が撮りたかったのです。

私も息子がキャッキャと水あそびする姿が撮りたくて、

東京競馬場の馬シャ場シャパークに以前連れて行ったのですが、

ビビりの息子はへっぴり腰で水をちょこっと触るくらいで、

「お母ちゃんも一緒に来てよ〜〜〜〜。」とメソメソ。

なので、その時のがっくしな気分がこの日満たされてゆくのを感じました。

「パア〜〜〜〜・・・・・」

「シャッッ!!!!!!」

(はーーーー!!!可愛い!!!)

(お手手で顔守ってるのも可愛い!!)

ああ、本当最高ですね。楽しそうでこっちもすごく幸せな気分になって来ます。

Kさまは、やはりダイナミックに遊んでいます。

Yさまは、水に口をつけようとイタズラしたり、ちんまりと可愛く遊んでいます。

なんか、本当いいですよね。

私もカメラほっぽり出して一緒に遊びたくなりました。

気持ち良さそう。

なんだか9月に入ったらめっきり涼しくなって、いきなり夏が終わってしまった感じですが、

2人の夏らしい写真を最後に載せられて良かったです。

次は秋、またお会いできるのを楽しみにしています!