長男、と産後のわたしの事。

こんにちは。CuiCui Photo Works沼山かおりです*

前回記事に続き、今日は長男である息子にスポットをあてたアレコレを書いていきたいと思います。

2019年1月4日の午前8:15に無事に次男を出産し、お昼過ぎ、

昨夜からおばあちゃんの家で初めての1人お泊まりしていた息子が病院へ来てくれました。

これは次男と初対面の写真。

まだ鏡越しでしか見れない時間だったので私は病室待機、

息子と夫と私の母と3人で新生児室へ。夫撮影のものです。

病室に入って来た息子はいつも通り、

おばあちゃんに買ってもらった『アニア』のフィギュアや『おしりたんてい』の本を広げて説明したり、

部屋でワサワサ走り回ったり、

「昨日の夜は寂しくなかった?」と聞くと、

「寂しくなかったよ!!」と明るく元気で安心しました。

14:00になると新生児室前のソファで面会が出来るので今度はみんなで行き、初めての抱っこ。

私の妊娠が判明した時からそうだったけど、息子は赤ちゃんという存在に戸惑う事も全くなく自然に受け入れており、

産まれた弟を見て、「可愛い!」と愛を示してくれました。

 

お産初日は赤ちゃんは新生児室で過ごすのでまた皆で個室に戻り、

夕方には私の母も帰宅。

私も夫も息子も皆昨夜は寝不足だしと、

「お父ちゃんとお家に帰って休んだら?」と言うと、

突然息子の顔が曇り出しました。

俯いてフルフルと震えて、

「ちゃみちい(寂しい)〜〜〜〜〜!!!」

と泣き出しました。

 

嗚呼、と思って、

そうか、明るく元気に振舞ってたけど本当に大丈夫な訳ないかと、

「本当は寂しかった?」と聞くと、

うんと頷きポロポロ泣きます。

お産の時も泣かなかった私ですが、この時ばかりは一緒に泣いてしまいました。

 

「じゃあ一緒にお夕寝しようね。」と、

ギュッと抱きしめたまま私と息子でベッドに、

夫は貸し出しのリネンでソファに、

家族3人、緊張と寝不足で疲れた身体を休めました。

息子はずっと私の腕をひっしと握っていました。

 

面会終了時間近くまで寝て、もう帰らなくてはという折も

寂しい、帰りたくないと泣く息子。

「じゃあ、こうしたらどうかな?」と、

産院に持ってきていた『チェキ』でお母ちゃんの写真を撮って、

その写真をお母ちゃんだと思って一緒に持って帰ればいいよ!と。

すると、コクンと頷いてくれました。

私の写真を撮ってもらおうと息子にチェキを手渡すも、

涙で濡れてファインダーが見えない、

「お父ちゃん撮って!」と。

「どんなポーズがいいなか?」と聞くと、

泣きながら、「ピース・・・。」と言うのでコレ。

36歳、お産してすぐの、ノーメイクでパジャマのお母ちゃんの写真です。

 

涙の息子と夫を見送り、私はひとり個室でtwitterを見ながら、

「あ、今日ナウシカ地上波でやるんだ。」なんてのんびりしてたら、

外食で夕飯を済ませ家路に向かう途中の夫からLINEでこんな写真が送られて来ました。

レストランで、帰りのバスで、

切なく私の写真を眺める息子。

 

嗚呼ーーーーーーーーーーーー(泣)!!!

大好き!抱きしめてあげたいーーーー!!!

と、なりました。

 

その日の21:30。

face timeで電話がかかってきて出ると、目の赤い息子の顔が写し出されました。

私の顔を見るやいなや、ワーーー!!っと泣き出し、

「お母ちゃんにギューとかチューとかして寝たいよーーー!!

早く帰って来てよお〜〜〜〜!!」と。

何て愛しい。

こんなに長く離れるの初めてだもんね。

「でもお父ちゃんもいるし大丈夫だよ。また明日会いに来てね。」

と電話を切り就寝。

私の2度目のお産の日はこうして終わりました。

翌日、また笑顔でお見舞いに来てくれた息子。

この日から母子同室となり、ミルク授乳を夫や息子にしてもらう事が出来ました!

産まれたばかりの次男は勿論可愛くて、

新生児の小ささに、儚さに、なんとも言えないこの幸福感。

でも次男への愛はまだ、「より小さいもの」の可愛さという感じで、

長男への愛は4年の蓄積した愛。

これからは2人の男の子のお母さんとして、どんな生活が待っているのか、

とても楽しみな気分です。

2日目の帰りも泣きながらバイバイをした息子も3日目には慣れ、

4日目には退院となりました。

 

産後1ヶ月は四国のお義母さんが手伝いに来てくれて、ゆったりと次男のお世話が出来ました。

カメラマン閑散期故に夫もわりと家にいて、

夫かおばあちゃんと、遊びの相手をしてくれる人がいますし、

息子も赤ちゃん返りなどの様子もなく過ごしていました。

 

でも、どうしても、私と次男がセットとなり

隣の部屋やお風呂から夫やおばあちゃんと楽しく会話する息子の声を授乳なんかしながら聞いていると、

「私だけ以前の様に息子と接する事が出来ない」

と、孤立した気分になり涙が出てきたりしました。

 

これまで息子が普通にしてた(私も笑って許せてた)事、

ベッドで飛び跳ねるとか、youtubeをでっかい音量で見るとか、

いきなり奇声を発する(男児はしますよね?!)だとかそういう事が、

『寝たい次男』と『寝かせたい私』のセットと相容れなくなり、

「やめなさい」「静かにして」「あっちでやって」

という様なネガティブワードを頻繁に使う様に。

そんな自分に落ち込んだり、何だか私が赤ちゃん返りみたいだなと思いました。

 

『下の子が生まれると上の子が可愛くなくなる』

という話はよく聞きます。

産後のホルモンバランス的なものかと思っていたのですがこれはそうではなく、

『下の子と自分』もしくは『自分』と『上の子』の欲求が、

産後しばらくは同じ方向を向かない、

というか『逆の極みである為に起こる物理的な無理感』であると私は思います。

なので、大好きな息子に対して「ちょっとあっち行ってて!」という感情を持ってしまう。

でも変わらず大好きなのに、これまで2人きりで(夫もいるけど)濃密にロミジュリに過ごして来た日々が過去のもになったと、

産まれたばかりの次男には2人目の余裕もあり正しく向えていると思うけど、

息子に対する自分の感情の振れに戸惑い、まだバランスがつかめない感じがありますよね。

 

なので最近は、保育園のお迎えの帰りの時間が好きです。

息子と2人で、2人だけで、手を繋ぎながら歩いて話をする。

息子だけに集中できる幸せな時間。

それで嗚呼、と思ったのです。

『上の子が可愛くなくなる』っていうのはそうじゃなくて、

『2方向から来る逆の欲求にパニックになり分別のつきそうな上の子に当たってしまう』って事なんだなと。

1:1っていいよねえ、という。

でもこんな姿を見ると、なんて幸せなんだろうと思う。

息子が2人になってまだまだ慣れない事もあるけど、

もっと大きい肝っ玉でもって、上の子となった息子にも次男にも接したいです。

本当は怒る必要なんてちっともない位、息子はいいお兄ちゃん。

いつもありがとう。

大好きだよ。

 

でも変わらず甘えん坊だしスイートだし、

「バブちゃん(次男のあだ名)に先にチューしちゃダメ。僕に先にして。」

等、ストレートなヤキモチもぶつけてきてくれます。

まだまだ大きい赤ちゃんの様なところもある君の、

4歳の残りも大切にしたいです。

七五三、どうしても我が子が着物を嫌がったらどうしましょう?のお話。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファー沼山かおりです*

出産予定日まであと4日、まだ産まれていません。

ので、書きます。

家の大掃除も終わってスッキリ、昨日は出産ジンクスの焼肉も食べに行きました。

そして何より、もしかしたら入院で叶わないかもと思っていた

アルバムの年内納品も全て完了しました。

これで今年の全てのお仕事を納める事が出来ました。

心残りはもう何もない。

今夜にでも陣痛来ないかな〜と思っています!

さて、今日は高校の同級生の娘さんの七五三撮影をさせて頂いた時のお写真を紹介します。

2歳のお誕生日撮影もさせて頂いた女の子です*

この日はおばあちゃんの家でお着付け。

先におばあちゃんとママが着付けを済ませておりましたが、

「女将」仕様の2人にちょっと警戒気味の彼女。

先ずはパパとお絵かきで空気を馴染ませます。

着物は受け継がれたものを、

被布とお草履なんかは新調して、髪飾りは何とママの手作り!

いつものママと違う、女将になっている事もあってか、この日パパにべったりの彼女。

そしてパパも可愛くて堪らないんだろうな〜という、

ラブな2人です♡

出だしご機嫌で、さあ着付けスタート!しかし・・・

突然嫌になってしまう事もあるのがこの位のお年頃だよね。

可愛いなあ。

そんで、パパの優しさが溢れてる。

わかるよ、パパさん。

異性の我が子って特に何でも許しちゃいますよね。何しても可愛いのですよね。

こういう場面になった時に皆さんはどうしますか?

私が避けたいのは、

「〇〇しないと、〇〇になっちゃうよ。」

という様な、ネガティブ型、戒め型の言葉です。

上のパパの様に、先ず気持ちに寄り添ってあげたい。

そしてこのママの様に、楽しい事をしたり別の提案をしてあげたい。

彼女の場合は、わたあめが好きなので、

「じゃあ、お着物着てふわふわ買いに行こうか!」とお話ししてみました。

でもやっぱり嫌みたい・・・。

このほっぺのポロポロとした涙の粒。

ここで無理矢理着せる必要はないと。

子育てしてる方には良く分かると思うのですが、

「嫌だ」というスイッチが入ってる時に、その事をさせようとしても益々事態は悪化するものですよね。

じゃあ一先ず、きんぎょがにげたTに戻して、お着物持って、

ふわふわがあるかお寺に行ってみようか!という事にしてみました。

何よりも、本人の気持ちや気分が変わる事が大事だと思うので、

こちらもパッと切り替えてシュチュエーションを変えてみちゃうのがいい。

一生に一度の七五三だし、プロのカメラマンも呼んでいて、まさか着ない!?と、

親御さんはガックリきますよね。

着付けでグズる事は良くある事だと思うのですが、

決められた時間内で、シュチュエーションを変える事なく撮影しなければいけないスタジオと違って、

出張撮影は割と融通が効きます。

私は割とのほほんと、まあ大丈夫だろうと思っていました。

そして、これこそドキュメンタリーだよな、可愛いなあとも。

持っていると安心するタオル。

まだ赤ちゃんと幼児の間の様な3歳という年齢。

こんな君も今だけなんだよね。

さて、一個前のブログでも5月の高幡不動尊さんのお写真を紹介しましたが、

この日は10月の半ばのまたまた高幡不動尊さんです!

少し緑が秋っぽく、深くなっているのが比較してお分かりいただけるかなと。

社務所の一角をお借りして、「どう?そろそろお着物着てみちゃわない?」と大人達でけしかけてみる事にします。

リハーサルではすんなり着れたお着物。

その時の写真を見せたり、あの手この手を使ってみます。

しかし、「着ない!」の一点張り。ご機嫌は良い。

ここでママは絶望、おばあちゃんは諦め、パパは変わらずに穏やか(笑)

(笑)という場合ではない様にも思いますが、私はと言うと、まだ大丈夫だろう、

何とでもなると思っていたのが正直なところ。

子供を撮るフォトグラファーとしての経験値もあったかも知れませんが、

『子供は気持ちの切り替えの天才』という事を信じ切っているからかも。

ほんで、なぜか足袋とお草履は履くらしい(笑)

着なくていいね!もう辞めちゃおう!と、とにかく気分を落とさない様に楽しく楽しく。

もう、顔ハメパネルみたいに当てちゃえばいいじゃん!と。

私が思うに、無理にお着物を着せて泣き顔の写真より、

私服に足袋と草履と和傘で楽しい笑顔の写真の方が価値はある気がしますがどうですかね?

でもです、私は諦めてません。

私が個人的に、上記の様な価値観を持つのはイチ母としては許されると思いますが、

お金を頂いて「七五三」の撮影を請け負ったファミリーフォトグラファーとしては

ちょっと違うのではないかと。

「自然が一番」と言い続けてはいますが、

七五三撮影において、着たくなければ着物の写真はなくてもいいではないですかという事ではありません。

 

お子様を撮影するフォトグラファーは、笑顔を貰う為に沢山のコミュニケーションスキルを活用しますが、

私は3歳位の子の撮影にはよく、動物さんクイズやお野菜・果物クイズなどを出したりして、静止してもらい、かつ笑顔の写真を撮ります。

 

私、「じゃあ、動物さんクイズを出しま〜す!!ピロピロピン!

この動物なあ〜んだ!ワンワン!!!」

お子さん、「いぬ〜〜〜〜!!!」

なんて、とってもいい笑顔を頂けます。

(夫に「子供の笑顔ってどうやって引き出してるの?」と先日聞かれて、

これを話したところ、「そんな恥ずかしい事してんだ。」と。

そう、これは慣れなんですが、テンションはブチあげていきましょう。

でもあまり神社やお寺で大声は出してはいけません。)

 

私、「じゃあね〜、次はもっと難しいのいくからね〜。分かるかな〜!!?」

みたいに言うと、大抵お子様はグッと集中します。

そこで、「あ、いけそうだな。」と思った私は、

おばあちゃんに、「ちょっと今着せてみて下さい。」と小声で頼んでみました。

おお!いけそう!!

と、その間も着付けられてる事から意識をそらす為に私はコミュニケーションを取り続けます。

おばあちゃんは見事な手際の良さで着付けをし、

パパは気分を盛り上げます。

ママはササッと洋服を片したりとサポート。

大人達は「この機を逃すな!!!」と心を一つにします。

私、「ヌマさんどーこだ!!?ヤッホー!!」

なんてしてる間に、着付け、出来ましたーーーーーーー!!!!(祝)

すごい、すごい!!

あんなに嫌がっていたお着物を着て沢山のお写真が撮れてます!

大人も頑張ったけど、やっぱり子供は気持ちの切り替えの天才だね。

土方先生とも。

(パパさんが土方ファンであり、「やっぱ司馬遼太郎の『燃えよ剣』ですか〜!」

なんて盛り上がりました。)

その後もご機嫌が続いたので場所を変えても撮れました!

そして私定番の、『走ってくる3歳超絶可愛いショット』です。

「よーい、ドン!」は本当いい顔するし、子供も走る事は大好きですよね。

パパとママとも。

おばあちゃんとも。沢山沢山走りました!

シーズン中のお寺や神社ではご迷惑になるので出来ませんが、

シーズン少し前の平日だった事もあり、のびのびとしたお写真を撮らせてもらう事が出来ました。

後でママから、「よーい、ドン!の3連発は運動会でも決して見れなかった活き活きとした姿ですごいお気に入り!」とメールをもらいました!

心配だった雨も殆ど降られずに、彼女も楽しそうで、無事に着物でお写真も撮れて大人もホッ。

結局、予約の時間に間に合わなかったのでご祈祷は後日お伺いする事に。

千歳飴がもらえなくて困っていたら、売店の方に、

「道路の向こうにうちの店の本店があって千歳飴売ってるよ!」

と教えてもらい、

千歳飴の鬼さんの写真も撮れました♡

 

いや〜、良かった良かった。

うん、やはり「撮れない」って事はないよなと。

この日を無事に終える事が出来たのは、大人が決して怒らなかった事だと思います。

辛抱強く、本人の気が変わるのを寄り添って待つ事。

普段から毎日こんなんはしてられないですけどね(笑)

 

もしご親族の中にちょっと口うるさい(!!)人がいたとして、

うちの子、七五三とか愚図りそうだな〜なんて心配があったとして、

そんな時は、

「今日は何があっても叱らないで下さい。本人の好きな様にさせて下さい。」

と伝えたり、大人は是非気持ちを合わせて欲しいと思っています。

 

仲間のフォトグラファーが素晴らしい話をシェアしてくれたので紹介しますね。

とある神社の神主さんが、

「今日はお子さんが騒いだりしても決して叱らないで下さいね。

子供は神社では、神様なんですから。」

とご祈祷の際に話したそうです。

 

本当に、叱る必要なんてないのですよね。

でも、親御さんが、程度の差はあれど「ちゃんとした」写真を残したい事も最もで、

そんな時こそ、プロのファミリーフォトグラファーを呼んでいるのだから、

お手並みを拝見してみたらいいのではないかと思います。

私の仲間のフォトグラファーは皆場数を踏んでいるし、

お子様の気持ちを切り替える術を沢山持っています。

でもどうしてもダメな時は、やっぱり大人みんなで一緒にお子様を楽しくしてあげたり、

たまには後のご褒美や甘いものに頼っても?!

 

何にしても、本人にとって「嫌だった思い出」になって欲しくないし、

何年後、何十年後に、「あんな事あったね。」って笑えるのがいいのではないかな、と。

そしてA5サイズのミニアルバムもご注文頂いてたので、一緒に納品させていただきました!

イヤイヤのお支度から、大人の攻防からの着付け成功、ニコニコのショットと、

濃い七五三の日のストーリーが凝縮されたBOOKとなりました。

後日アルバムが届いてから、

 

”娘も3歳ながらあの日の事はしっかり覚えてる様で、

はじめの方は少し気まずかったのか、「ロールパンナちゃんいるね〜」なんてはぐらかしてたけど(笑)、

橋のシーンでは、「橋で頑張ったの!」と誇らしげだったよ。”

 

と、ご祈祷に行った時の写真と一緒にメールをもらいました。

そうだよね、大人はヤキモキしながらも着付け成功!なんて思ってたけど、

一番頑張ったのは本人だよね♡

私にとっても思い出深い七五三撮影の仕事になったよ。

本当にありがとう!!

私の赤ちゃん生まれたらまた遊んでね!

改めて、七五三おめでとう*