生後3ヶ月のお宮参りのすすめと、ワンちゃんとの亡くなる前の写真。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファー沼山かおりです*

先週末、1歳の男の子の撮影をしました。

生後4ヶ月の時にも撮らせて貰っているので久しぶりです。

新しいお家の階段を上がりリビングに目をやると、彼がいました。

パっと目があって私が声をかけると、

テトテトっと、歩きたてのヨチヨチ足取りで私の方に向かってきたので膝を下ろすと、

ぎゅっと私に抱きついてきてくれたのです。

 

私は撮影の際、愛情と母性全開で行くので大抵お子さんはすぐに「こいつは大丈夫」判定をしてくれるのですが、

こんなに初っ端に受け入れられる事はなかなかありません。

パパとママもびっくりしていました。

 

ふわふわの彼にふいに抱きしめてもらって、私から何か暖かい柔らかいものがブワ〜〜〜っと溢れ出ました。

そして泣きそうになりました。

 

今月で自分は妊娠6ヶ月に入りまして、つわりは大分良くなったものの、

何だか今回の妊娠、身体的にも精神的にも辛い事の方が多くって、

ブログも上げれない、インスタも更新できない、

家事もまともに出来ない、息子を思いっきり遊ばせてやれない、

気持ちが沈みがちでお腹の子にも申し訳ない、

などなど、自分で自分を責めがちで、些細な事で爆発してお母さんに泣きながら電話するとかしてました。

 

だから彼にぎゅってしてもらった時に、

お腹の赤ちゃんに「お母ちゃん、大丈夫だよ。それでいいよ。」と言われてる様な、

それ位、唐突に、出鼻に抱きしめられたので、

彼が代弁してくれてる様な気がしたのでした。

 

息子を見ていても思いますが、

子供って大人の事本当によく分かってくれているし、

限りのない優しさを持っていますよね。

とにもかくにも、私はこどもに、この仕事に本当に助けられているなと感じました。

さて、今日のお写真。

新緑の頃の、大分前のお写真なのですが、お宮参りとお食い初めの日の記録です。

すでに生後3ヶ月程なのでお首もしっかり、お目目もちゃんとこちらを向いています。

丸々としていて本当可愛いのですけど♡

お宮参りと言えば生後1ヶ月位にするものですが、

最近は3ヶ月頃にお食い初めと一緒にされる方が多いです。

あやすと笑顔も出る時期なので、この頃のお宮参り、個人的にはオススメです!

これからご祈祷に行ってきます!

お宮参りの撮影は誕生の喜びに溢れていて本当に幸せな気持ちになります*

さて、そろそろ皆んなでお食い初めのレストランへ移動します。

(後に判明しますが、この時おじいちゃん、違う人の靴を履いており後で返しに行くことに!)

『木曽路』さんへお伺いしましたが、撮影も快くさせて頂きました。ありがとうございます。

ちゃんとネンネのお布団も用意して下さっていました。ごきげん!

お食い初めとセットでないお宮参り撮影の場合は、最初にご自宅にお伺いして

この掛着のショットも撮影していますが、

ご飯が運ばれる前のお時間でササっと撮れました!

腕が出ちゃってるのが可愛いでしょ。

とにかくごきげんなのです、可愛い。

そして立派なお膳が運ばれてきましたので、お食い初めスタートです!

調べると、食べさせるのは『同性の年長者』がいいとの事で、おじいちゃんにお口に運んでもらいます。

お食い初め撮影、大体において真顔か微妙なお顔のどちらか(笑)

何これいらん、プイッ!

一生食べるものに困りません様に、と願いを込めておりますが、

本人からしたら何のこっちゃだよね。

この表情も可愛い。

そうそう、やはりこれですよ。

お待ちかねのミルクタイム。

は〜〜かわい!!

そしてこの日はもう一箇所での撮影をする事になっていたので少し移動です。

抱っこ紐からのこの風景、私にはもう懐かしいな。

少ししかめた眉とか、富士山みたいにとんがった上唇とか、ふっくらしたほっぺとか、

ちょっと顔を下に傾けては、ちゅーっと吸っていたな〜。

そして電車に揺られて到着したのはママのご実家。起きました!

ママがママになるずっと前から一緒に生きてきたワンちゃん。

もう長くは生きられないかも知れないから一緒に写真を残して欲しいとの事で伺いました。

2人は仲良し!

ちょっと起きてもらってお外でも撮りました!

私にも16,7年一緒に生きてきた猫がいました。

小学生だった自分が大学生になり、それだけの長い時間を一緒に過ごすペットは

ペットと言うより家族です。

起こしちゃってごめんね。でもお写真撮らせてくれてありがとう。

お部屋に戻り、ちょっと脱ぎ脱ぎをお願いする事に♡

むーーーーー!!!可愛い〜!

生後3ヶ月の裸んぼの何とかわいい事か!!

彼に顔を埋められない鬱憤は、お腹の子が生まれてきたら存分に堪能してやる。

は〜〜〜、何だこのバランス、可愛すぎか。

嗚呼、本当にたまりません。

彼とはまた来月に会える予定なので、とっても楽しみです。

 

そして、ママさんから連絡がありましたが、ご実家のワンちゃんはあの撮影の後に

虹の橋を渡って行ったそうです。

逝く命と生まれる命。

そうして繋がって、引き継がれていくのですよね。

 

うちの猫が亡くなった時、身体の一部が引きちぎられる様に悲しかったけど、

でも何よりも「ありがとう」という気持ちでした。

一緒に過ごしてくれてありがとうだし、

全部の命に、生まれてきてくれて、うちにきてくれてありがとう。

今後のご予約に関する大事なお知らせとつわりについて。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファー沼山かおりです*

まず最初に言ってしまおうと思います。

この度、わたくし第二子を妊娠しました。

本当はもう少し先の、安定期に入ってからの報告をと思っていたのですが、

色々と早めにお知らせしたい事もありましてここでご報告させて頂こうと思います。

 

今日はご予約に関する大事なお知らせもあるのですが、

どうしても書きたい事があって、

いつもの様にありのままの自分で、ダラダラっと綴っていこうかと思います。

 

 

その、どうしても書きたい事というのは【つわり】のコト。

 

今回の妊娠、ほんっとーーーーーーーーーーにつわりが辛くて、辛くて、辛くて、

もうどうしたらいいのか分からない日々が続いております。

ハッキリ言って、お産より辛いよ。

寅さん、あんたより私のがツラいよ。

宇宙の起源、ビックバンまで解き明かしてる人類がなんでつわりの謎を解明できないのさ?!と、

とゆーか、今でも誰かつわりについて真面目に研究してる人いるのだろうか?

「病気じゃないから我慢するしかないですね。」のまま放置されてる様で、

しかし、もうこれは病気ですよと言いたい。

寝て意識がぶっ飛んでる時以外は常に苦痛を伴い、1日に何度もリバース。

それが2~3ヶ月続き、ともすれば出産の時まで続く方もいると。

お恥ずかしい話ですが、辛くて「もう助けてください!」とわんわん泣いた事も何度か。

シクシクはしょっちゅう。

先日はついに「つわりが辛いよ〜〜〜!!」と泣きながらオカンに電話しました。

 

そんな地獄の様な日々の中(お腹に生命を宿しておきながら地獄とは何だという意見もあると思いますが、私には地獄でした。)、

唯一救われるのは、息子の優しさ(夫もね)とお客様の赤ちゃん、子供と接する時。

お写真は先日、日常写真を撮影させてもらった新生児の女の子。

嗚呼、可愛い。

 

つわりが辛い時期というのは、まだお腹も出ていないし、胎動も感じない、

妊婦健診も1ヶ月に1回というペースなので、

正直実感が湧きません。

と言うか、比較的つわりが軽かった息子の妊娠時は速攻で脳内お花畑になっていた私ですが、

重いつわりの場合、お腹の赤ちゃんを愛でる余裕もなく、実感も少ない為に、

何でこんな辛い思いをしているのだろう、と本当に泣けてきます。

 

しかし、お客様の赤ちゃんと接した時には、これまた涙が出そうになります。

「こんなに可愛いものの為に私は今つわりに耐えているのか。頑張らなきゃ。」と。

こちらはお姉ちゃん。数年前にニューボーンフォトを撮影させてもらいました。大きくなったね!!

そう、この日は退院日当日で、お迎えに来てくれた車の中でパパさんが、

「何だか、お姉ちゃんは頗る機嫌が悪いです。」

という前情報をもらっておりまして、

退院当日だし、お姉ちゃんとしては色々複雑な心境なのだろうなと思っていました。

しかし、着いたらこの笑顔で、何だかとってもご機嫌で迎えてくれました。

うちの息子と同級生ですし(私の赤ちゃんが無事に生まれれば、下の子同士も同級生になる。)、

何だか私としてもいろんな感情がお姉ちゃんにも被さって、愛しくて仕方ない。

 

そう、うちのスイート息子ですが、本当に優しくて、つわりで死んでる私を全力でサポートしてくれます。

妊娠がわかった日、私は嬉しくて嬉しくて息子にすぐに報告しました。

私が赤ちゃんが欲しい事を知っていた息子は、それはそれはいい笑顔で、

「赤ちゃん来てくれて良かったね!!」

と言って抱きしめてくれました。

お腹を温めてくれたり、私がリバースして『あしたのジョー』みたいに床にへたれこんでる時に頭を撫ででくれたり、

先日は、保育園の帰り道に私を歩道側に立たせ、自分が車道側に立ち、

「お母ちゃんは赤ちゃんいるからこっち歩いてね。僕が守ってあげるから!」と。

(泣)

2人目以降の妊娠は上の子のお世話があり大変と言いますが、

私の場合は息子がいるから笑えるし、息子がいなければもっと辛かったかもしれないと思います。

靴下も脱いじゃったり、変顔したりと、はしゃぐお姉ちゃん。

大好きだよ。

下の子が生まれてもこの愛が半分になる訳ではない。

今なら2倍3倍になるという事が私にも分かるな。

こういう光景に触れるたびに、つわりの辛さを忘れます。

息子の妊娠時初期は撮影の際に、妊娠している事を別にお伝えせずに出来ていたのですが、

今回は、何か絶えず口に入れなていないとダメで(食べつわりではなく吐きつわりなのですが、口に何か入れていた方が落ち着きます。)、

撮影前にはお客様全員に、妊娠している事、つわりがある事、撮影中絶えず何かもぐもぐしている事をお伝えし、ご了承を頂いています。

それにより、お客様には気を使わせてしまう事など、

申し訳ないなという気持ちも大きかったのですが、

今回は「つわりが辛いんです。ママさんはどうでしたか?」などとお話したり、

かなり甘えさせてもらっています。

お客様の中には、自分もかなりつわりが辛かったと。

その時に藁をもすがる思いで購入した酔い止めのバンドがあるので送ります、と

これまたつわりにいいルイボスティーとチョコラBB(ビタミンB6がいいらしいです!)を一緒に送ってくださったり、

神社でこっそり安産のお守りを買ってくださって、撮影終わりにプレゼントして下さったり。

本当に嬉しくて、

私はこの仕事してなかったら、もっとつわりの深みにハマっていたなと、

この仕事とお客様にも沢山救われています。

嗚呼、本当に早く私も赤ちゃんを産んで抱っこしたい。

また授乳したい。

息子が抱っこしてるとこ、お兄ちゃんになっているところを見たい。

夜寝れなくてどんなに疲れてもいいです。

このつわりよりは全然いい。

どんなに辛くても、目の前に可愛い赤ちゃんがいれば。

お手伝いに来てくれているおばあちゃんとも!

新生児の横でボール遊びをはじめるお姉ちゃん。

第二子は色々たくましく育って行くのだろう。

ところで、このブログを書けている時点で大分良くはなってきているのだと思います。

11週頃までがピークで、撮影の仕事以外はほぼベットかトイレにおりました。

あともう1ヵ月以上まともに夕飯が作れていません。

それにより夫の家事スキルがかなり上がりました。

夫には本当に感謝です。

そして心の支えはtwitter。

twitterでは同じ数週位の妊婦さんと出会えて、

みんなで「つわり辛い。夕飯は作れないですよね。作れなくていいですよね。」と励まし合っておます。

私は妊活の時点で、twitterに別アカウントを作って色々呟いていたのですが、

そこで、授かりたくても授からない辛さとか、不妊で辛い思いをしている方の事も初めて知りました。

だからこそ、授かったことや、

ここまで無事に育っていること、

ただそれだけでも感謝しなくていけない事だと言うのはよく分かっているつもりです。

妊活中に生理が来る度に、不合格のスタンプをぼーんと押されてる様で、

いつになったら授かるかも分からない、もしかしたらもう授からないかも知れない不安など、

妊活が長引けば長引く程、仕事の予約の面でお客様にも迷惑がかかる事へのモヤモヤなど、

その時もその時で辛かったはずだけれど、

でもやっぱり、今まで生きてきた中でダントツ1番にこのつわりが辛かった。

世の沢山のお母さん達の様に黙って耐える事が出来ずに遂にただ辛いと言うだけのブログを書いてしまったな。

でも、ギャーギャー言いながらも耐えるしかないですよね。

一年前、こちらの記事で書きました、友人の出産に立ち会った日、

それまで正直2人目が欲しいかよく分からなかった私が、

ママのお股から静かに出てくる赤ちゃんを見て、

理屈でなく本能で、また絶対に産みたい、また、あと1度でいいからこの経験をしたい

と強く思った事、

(なんていうか、風圧を感じました。2人目について悩んでいるものが一気に吹き飛ぶ位の風圧がありました。)

息子にきょうだいを作ってあげたいとかそんな理由ではない、

心から赤ちゃんを望んだのは私自身なのだから。

母親は強いなんて言うけれど、私は全然強くなかったな。

豆腐の様な心で、つわりに負けてしまいそうになる。

でも、絶対投げ出せないから、周りに頼りながら乗り越えて行くしかないです。

そして、私はいつでも「書く事」で自分を励まして来ました。

ここまで、書けなかった事、公表できなかった事も辛かったですね。

ちょっと早いけど、言っちゃってスッキリしました。

さて、ここからは私の大好きな沐浴のお時間です!

沐浴のシーンって本当に貴重で、大抵余裕がないので自分達で写真を残すのはなかなか大変です。

なので、新生児さんの日常撮影の際は私は必ずオススメしています。

パパによる数年ぶりの沐浴。

不安なのかこのお顔です!

「違う!ガーゼで身体を包むんだって!」とママの指導が入ります。

てんやわんや。

まだ不安そうな顔。可愛い〜〜〜!!

ほんでコレ!!

はーーーーーー!!可愛い、可愛い。産みたい、私も産みたい!!!

本当つわり忘れる可愛さ。

ちょっと落ちついてきました!

最後ジャーーでまたギャン泣き。本当可愛い。

久々の新生児ですもんね。

すぐにまた沐浴の仕方も思い出すからね。

最初はちょっと覚束ないかもしれないけど付き合ってね。

お疲れ様!

お姉ちゃんも風呂上がりの一杯。(入ったのは妹だけど。)

妹も風呂上がりの一杯、ミルクの準備。

お姉ちゃん、哺乳瓶の乳首部分を吸う。

パパ、温度調節のために水道水を入れようとしたりしてママをイラつかせる。

そして、嗚呼、このシーンです。

私は泣きそうになりました。

私はこの光景の為に今つわりに耐えているのだと。

これに比べたらつわりが何だ、耐えろ馬鹿野郎と。

ミルクあげるのとっても上手だね!

本当はお姉ちゃんとしては色々な複雑な感情があって、この日は特に退院日だし戸惑っていたはず。

でも、私がいる間はずっと子供らしく、お姉ちゃんらしくいた彼女。

我慢しないで、ワガママも沢山言っていいのだよ。

こっちもキャパオーバーな日もあると思うけど、あなたの事気をつけて見て行こうってお母さんは思っているよ。

おっぱいもミルクも飲んで、ゲップもして、満足そうにまた寝た彼女。

本当天使だわ。

そしてペロンチョのお口。

今つわりで苦しんでいる妊婦の皆様、

この宝物の為に、頑張りましょう。

あと少し、頑張れ私、頑張れ妊婦さん。

最後はお姉ちゃんのでんぐり返しで撮影はお終い。

そして最後に私からも、自分の妊娠に関していくつかお知らせをさせて頂きます。

・10月以降の七五三等の予約の受付を当初8/15〜としていましたが、7/20〜と早めてスタート致します。

・出産予定が年末年始頃となりますので11/15をもって撮影を終了し、3月一杯まで産休・育休を頂きます。

・妊婦である為に、秋の七五三のご予約に関しては諸条件を儲けさせて頂きます。また週末、祝日のご予約枠をかなり減らさせて頂く予定です。

条件や注意点、またその時点での私の経過・体調などを7/20の予約スタート前にブログに詳細をアップ致します。

ご予約をご検討の方はそちらのブログを読んで頂ければと思います。

・復帰に関しては4月頃からゆっくりとと考えておりますが、まだ未定です。

・今年は秋の「紅葉・年賀状撮影会」はお休みとさせて頂きます。

・現在8月のご依頼受付を一時ストップさせて頂いております。

8月頃の撮影ご希望で、9月の頭などでも大丈夫そうであればそちらでご予約頂けると助かります。

体調等を見て、ご予約を再開する可能性もございますが、現在は受け付けておりません。ご了承下さい。

・秋のご予約に関して私がお請けできない場合、ご希望があれば私が自信を持ってオススメできる仲間のカメラマンを紹介致します。遠慮なく仰って下さい。

 

以上、私事で申し訳ありませんがご理解頂ければ幸いです。

お腹の子が元気に生まれれば、私の出産はこれでお終いです。

もう後は全力で仕事に子育てに頑張ります。

ですので、少し産むまでのんびりとさせて頂ければと思います。

今後とも、CuiCui沼山をどうぞ宜しくお願いします*