お宮参り撮影で小さな事件勃発!@台東区根津

こんにちは。CuiCuiフォトグラファー沼山かおりです*

今日は私が大好きなこちらの神社でのお宮参り撮影のお写真を紹介いたします。

普段の私のお宮参り撮影は、ご自宅からスタートすることが多いのですが、

今日のお客様は国外在住でいらっしゃるとの事で、神社での待ち合わせとなりました。

来ました!

はーーー!可愛い!!美人さんだね〜。今日はよろしくね!

梅雨明け前のとても暑い日でしたので、髪の毛も汗でしっとり。

先にご祈祷に入ってもらう事になってましたので、私は境内で撮影して待つ事に。

終わった様です。泣かずにご祈祷できたかな?

どうやらご祈祷ラストに「プリリっ」と大きな音でシメの音頭をとったとの事。

みんなでうふふ〜なんて笑っていたのですが、あれ、なんかまた気張ってる様なお顔だな・・・・。

と、その時!!

 

 

嗚呼ーーーーーー!!もれてるーーーーー!!

女性陣のチーンな表情。

ママのお洋服にダイナミックに放出した彼女。こちらモザイク処理で対応しております!

皆で「さあ、どうするか!」となり、ひとまずパパママの荷物のある神社にほど近いおじいちゃんの家に一旦帰る事になりました。

こ、これこそドキュメンタリー!!と私も勇んでついて行かせてもらう事に。

応急処置として、オムツシートを被せてタクシーを拾いに行きます。

やけにケロっとした表情の彼女。もう、もらしても可愛いんだから!!

タクシーの中のあたち。

「別に生理現象だし、私は何も悪くない。ありのままに生きてるだけ。」

と、その様な目をしております。

新聞紙に寝かされるあたち。

パパに「やったな〜〜!こいつめ〜!」と言われてます。

「この先、きっと、ずっとこの事言われちゃいますね〜。」なんて、

みんな困ったよりも、何だかこの可愛い爆発を喜んでいる様でもありました。

パパもママも、おじいちゃんおばあちゃんも愛に溢れていますよね。

何したって可愛い、本当に、こんな出来事も愛しいのです。

お風呂で綺麗に流して爆弾処理完了!おちり可愛い!!!!

あたちスッキリ!

でもまだママがてんやわんやなので、その間に掛着での撮影をしちゃいました!

この事件がなかったらこのショットは撮れなかったもんね、良かった良かった。

そしておばあちゃん達の待つ神社へ戻り、仕切り直しで撮影再開です。

お騒がせガールはスヤスヤねんねしちゃいました!もう本当可愛い。

とにかくも、とっても暑い日だったので、掛着は掛けっぱなしにせずに撮影しようと思っていました。

でも、パパママもそんなに着替えを持って来てなかったので、これ肌着とオムツです。

「せっかくのお宮参り写真が肌着とオムツだなんて。」

人によってはそう思う事もあると思います。

でも私の個人的な考えですが、子育てというものそれ自体が小さい爆発の連続で、

予定していた事なんて、ことごとく吹っ飛ぶから、

それ自体を楽しんだり愛しく思ったりする能力が高い方がいいんじゃないかなと思うのです。

そしてこのパパさんとママさんの様に、何があっても笑って包んでもらえる赤ちゃんは幸せですよね。

さて、そろそろお食事会のお店に移動しましょう。

お食い初めもするとの事で、こちらの撮影もご依頼頂いていましたので、一緒に移動します。

立派なお食い初め膳が運ばれて来ました!

お食い初めは、長寿にあやかるという意味で年長者が食べさせる真似をします。

という事で、おじいちゃんに食べさせてもらう事に!

見た目はとってもグロテスク♪でおなじみの甲殻類を口元に運ばれ困惑するあたち。

「イヤだーーーーー!!」と拳を突き上げ抵抗。可愛い。

「う〜ん、黒豆さんは可愛いから許す♡」と言ってる様なこの表情が可愛すぎます!

と、まあちょっとした事件もありましたが、無事に日本でのお宮参りとお食い初めができました〜。

本当におめでとうございます!そしてお疲れ様でした〜!

嗚呼、可愛い。

なんでこんなに可愛いのかよ。(大泉逸郎「孫」より)

泣き叫ばれても、もらされても、

どんなに大変でも、困らせられても、

どんどん愛が溢れて来ちゃうこの可愛さの正体は何なのだろう。

 

たくさんの愛に包まれて、元気に大きくなっていってね!

また何かの機会でお会いできたら嬉しいです*

帰省して0歳のいる生活を堪能してきました。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファーの沼山かおりです*

夏は比較的仕事が緩やかなのですが、この閑散期に乗じて今月から文章の学校に通っています。

全部で5回の短いスクールなのですが、「書く」技術を勉強したいと兼ねがね思っていた事が叶って嬉しいです。

そして、これまた、夜の講義なのですよね。

「夜」「都心」「大人の集まり」

子供が小さいお母さんが、遠のかざるを得ない世界にいるフワフワ感。

最高です。

 

とまあ、楽しんでおりますが、

そもそも、「書く」勉強をしようと思ったのは、このブログがよりお客様に見やすく、伝わりやすいものなればいいなと。

語り口はそのままに、テクニックとしては、より「伝わる」ブログになればいいなと思います。

さて、今日は四国の実家に帰省してた時の事をつらつらと書こうかと思います。

写真の赤ちゃんは義妹の娘っ子、0歳8ヶ月。

義妹夫妻は同県内に住んでおり、義妹はまだ育休中という事もあり、

帰省中は姪っ子ともずっとひとつ屋根の下。

息子3歳2ヶ月は、もうすっかり少年。

赤ちゃんぽさがなくなってしまった話も書きましたが、だからこその0歳がいる生活への憧れが年々増してゆく私です。

た、た、たまらん♡この0歳のフォルム・・・。

寝ている姪っ子にスーハースーハー近づくカメラ叔母さん。

私はプライベートではそんなに写真を撮る方ではありませんが、

やっぱ赤ちゃんがいると撮らずにはいられません。

気付くと、我が息子より姪っ子にばかりシャッターを切っています。

かわいいな〜。

でんでん太鼓似合うな〜。

実家は香川ですが、今回の帰省は法事も兼ねておりまして、愛媛にも行ってきました。

お食事会の席にて、いとこの唇を奪おうとする息子。鼻の下を伸ばして回避する姪っ子も、突き出たお口の息子も可愛い♡

息子は赤ちゃんが大好きで、姪っ子のハイハイの通り道にある障害物を避けてあげたりと優しく、お兄ちゃんな面が沢山見れて母もほんわかしました。

でもやっぱ3歳も可愛いよな〜。

そして夜はそのまま愛媛のお宿に一泊。私のお化粧を真似っこしています。まずは保湿。

ビューラーでまつげアゲて〜。

ファンデはTHREE使ってまーす。

ワックスは今流行りのウエットなやつで。

子供って男の子も女の子も、お母さんのお化粧道具好きですよね〜。

次の日には四国カルストにも行ってきました。

標高1,400mは空気がひんやりして涼しく眺めも最高でした。

そして香川に戻ってきた17日は自分の35歳の誕生日でした。

息子が音頭をとって「ハッピバースデ〜トゥ〜ユ〜」を皆で歌ってお祝いしてくれました。ありがとう!

私の誕生日でも、夫の誕生日でも、クリスマスでも、

とにかくロウソクを吹き消すのは息子。可愛いからいくらでも吹かせたい。

絵本を読んであげる3歳児と聞く0歳児。子供×子供の画はやっぱり可愛い。

私は「きょうだいはいた方がいい」という意見は、一概には言えないだろうと思いますが、

個人的に、このビジュアルが数年楽しめるだけでも最高かも!!とは思うのです。

この0歳の寝姿。

これは失ってしまった私だからこそ分かる、「哀愁の情景」ですよ。

現在0歳育児をしてる皆様は、本当に思う存分この寝姿、と言うか全部ですが、堪能しておいて下さい。

まあ、1歳2歳3歳とそれぞれに可愛さがあるのですが、赤ちゃんてやっぱりいいなあ。

夜には花火も楽しみました。

3歳は花火デビューしたり、映画館デビューしたり(先日カーズ3観てきました〜!)、できる事が増えていくね。

 

5日と短い夏休みでしたが、息子は楽しかった様で、帰りは拗ねておばあちゃんにバイバイも言えませんでした。

飛行機の中で、「帰るのさみしかった・・・。」と呟いており、

次の日は保育園の預けは大泣きして、大いに休みを引きずっておりました。

 

最近は保育園行きたくない病を発症する事も多く、これもまた成長かなと思います。

夏は仕事が緩やかな分、出来るだけ一緒に過ごしたいなと思います。

おまけの写真。

昨日は久々の雨で、新しく買っていたカーズの傘をさせるとあって、ゴキゲンで登園して行きました。

傘もデビューだね。いってらっしゃい!