大雪の東京、息子と遊びました。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファーの沼山かおりです*

一昨日の東京は大雪でしたね!

北国の方からしたら鼻で笑っちゃう程度だとは思いますが、

東京的には間違いなく大雪でした。

 

息子3歳8ヶ月、雪が嬉しいお年頃になりました。

なので、カメラを肩にぶら下げ早めに保育園へお迎えに行く事に。

初めは強すぎる吹雪にたじろいでおりましたが、すぐに雪ん子になって遊びはじめました。

鼻の頭がすぐ赤くなる息子、可愛い。

いつもの保育園からの帰り道が真っ白。

ちょっと宇宙みたい。

そして次の日はうって変わって快晴。

今は夫婦共に閑散期なので、ノリで保育園を休ませてまた雪遊び。

お父さんに雪を投げつけられて泣く息子。

打たれ弱い息子は本当すぐ泣きます。

そして私が、

「あ〜〜〜〜ん、可哀ちょーに〜ん♡♡♡」

と言いながらすぐ抱っこしてチュッチュするので、

息子はいつまでも甘ったれです。

嗚呼、可愛いっ♡

いやあ、でも今年で息子も4歳になってしまうなんてな。

 

以前、トイトレの記事を書いてからだいぶ経ってますが、

年明けてやっと1日の半分はパンツで過ごせるレベルまでにはなりましたし、

去年のクリスマスの日で卒乳も果たし、大分お兄さんぽくなってきました。

(相変わらずおっぱいはめっちゃ触ってくるけど。未練がましく「吸いたい」とも言ってくるけど。)

 

「かわいいっ♡」と、私が言うと、

「かわいいじゃなくてカッコイイでしょ!」と訂正もしてくる。

いやでも、まだまだ可愛い。3歳も最高だった。

私は仕事でもプライベートでも『母性放出スタイル』でやっており、

お客様のお子様に対しても、息子と同等に母性をぶつけてしまいます。

もう、パンパンのボトルのコルク栓がポーーーーン!!と弾け飛び、

中身が勢いよく飛び出してくるような、

もしくはヨッシーが口から卵を吐き出す様なイメージです。

 

で、なぜそうなってしまったかと言うと、

私がもともと母性に溢れた女だったからではなく、

息子がスーパースイート男子だったからだと思うのです。

息子は私が料理を作ってる小一時間の間に5,6回、

「お母ちゃんだーいしゅき♡」とか、

「ねえ、お母ちゃんギューしよ〜♡」とか言ってきます。

こんな愛を受け止められるのは世界中の男性の中でも息子ひとり。

「あは〜ん、お母ちゃんも大チュキチュキ〜♡チュッチュ。」

とかいうのを、1日中私たちはやっています。

先日は、息子と2人で外食してる時、

ナンをただ食べてるだけなのですが、その姿でさえ可愛くて可愛くて、

息子の耳元で「大好きっ♡」と、コソッと伝えたら、

息子も私の耳元でコソッとこう返してきました。

 

「帰ったらチューしようね♡」

そうゆう訳で私の脳みそはドロドロ、母性の生産量もすごい事になっています。

多分、江原啓之さんなら私の『母性』というものが実態として見えると思いますわ。

私は仕事が大好きなので、どうしても意識が外に外に向いてしまうのですが、

今年はもっと内に集中する時期だと。年明けのブログにも書かせて頂きましたが。

息子との遊びも沢山して、

プライベートの写真も楽しもうと思っています。

息子大好き日記で大分うざったいとは思いますが、

ブログの『my son』カテゴリーにも、今年もよければお付き合い下さい*

カテゴリー: blog, my son
numayama

numayama の紹介

1982年 東京生まれ 都内スタジオに勤務、カメラマンとしてブライダル・ベビー・キッズなどのアニバーサリー撮影に従事する。2013年3月に独立、ベビー・キッズ・マタニティ・ウエディングなどのアニバーサリー撮影のサービスを主とした『CuiCui(キュイキュイ)photo works』を起ち上げ、現在はフリーランスとして活動中。 ママサークルや企業やコミュニティ、ベビー・キッズのイベント・ワークショップとのコラボレーション企画も多数実行するなど幅広い活動を展開している。 またウエディングフォト『nice day』(http://nicedayphotograph.com)に所属、結婚式撮影・前撮り・フォトウエディングの撮影も行う。 2014年5月に男児を出産、現在は一児の母として復帰し活動を再開。