子供の『今』を残すもの、アクセサリーという手段。

こんにちは。 CuiCuiフォトグラファー沼山かおりです*

うちは夫がウエディングフォトグラファーなので休日は殆ど仕事でいません。

なので、私が日祝仕事の日は息子を撮影現場まで連れて行き、

シッターさんにも来てもらって現場周辺の児童館や公園で遊んでてもらい、

撮影が終了したら一緒に帰るという働き方をしています。

もちろん毎回ではありませんが、日祝依頼のお客様は割と高い確率で息子に遭遇すると思います。

 

昔は私が見えると泣いてしまったりしていたので離れた場所でシッティングをお願いしていましたが、

3歳になる頃には神社などの現場ですれ違ってもすっかり大丈夫になりました。

お客様にご迷惑かけてしまう事も殆ど無くなったかなと最近は事情をオープンにしており、

お客様に近くの遊べる公園を紹介してもらったり、

カメラマン仲間の撮影の時などは、ご自宅の一室を貸してもらってそこでシッターさんと遊んでてもらったりと、

この様な働き方をさせて貰えて本当に感謝しています。

 

仕事を選べば子供を犠牲に、

子供を選べば仕事を犠牲にしている感が否めず、

「何で女ばかりこんな苦しまなければいけないのか。」と

私は前世からそんな事を強く憤って生きてきた様な気がします。

幸い今世はKIDSLINEさんやmormorさん(こちらのサイトの写真撮影させて頂いてます!)など素晴らしいシッターサービスと巡り会う事が出来て

諦める事を最小限に生活できる事はとてもありがたいです。

 

さて、この様に、しとしとぴっちゃんの『子連れ狼』(分からないお若い方はgoogle検索「子連れ狼 画像」で検索下さい。)の様に働いている私と息子ですが、

先月2月11日の建国記念日の日、八王子で仕事がありまして、

撮影中はシッターさんと息子には公園と図書館で過ごしてもらう様にお願いしていました。

撮影が終了し、待ち合わせの図書館に向かうと息子とシッターさんは本を読んで待っていました。

息子に「お待たせ〜!」と抱擁し、一通り様子などを聞いていると、

「あ、そうだ。お母さんにお土産があるんだよね?」とシッターさん。

見ると、オムツごみを入れるためのビニール袋の中に何か小さなものが入っていました。

 

それはちっちゃいけれど、とても綺麗にカタチが残っている貝殻でした。

公園のお砂場で遊んでいる時に見つけて、

「お母ちゃんにお土産に持ってく。」

と言ってくれたと。

ズキューーーーン♡♡♡

 

これまで男性にサプライズでこんなラブリーなものをもらった経験はなく、

私は一気に乙女の様な気分になりました。

「これはお母ちゃんの宝物♡ずっと大事にするね!!!」

と、お花畑な脳内ではアクセサリーに出来ないかなと既に考えておりました。

しかし「貝殻 手作り ピアス」などで検索するも何だかお洒落なものがなく

うーむと唸っていた時にふと思い出しました。

 

私が趣味で写真をしていた頃(すぐにカメラマンになろうと思ったので極短い)からのお友達で、

ウエディングフォトや長女ちゃんのお宮参りなど撮影させてもらったso-koちゃんが

とても可愛いレジンのアクセを作っていたな、と。

『aoio』というブランド名で活動していて、

instagramminneで作品の紹介をしていますので是非見てみて下さい*

 

そして、この貝殻のストーリーと想いをお伝えして製作をお願いしました。

そして今朝、ポストを開けると届いておりました!

こちらです!可愛い〜〜!!

組み合わせを楽しめる様にと4つも!!

そしてこれが息子がくれた貝殻です。

新生児の赤ちゃんの小指の爪程の小さいもの。

こんな綺麗なもの、可愛いものを見つけた時に

「お母ちゃんにあげよう。」

と、そう思ってくれた気持ちが本当に嬉しかった。

そして息子にはこれまでも沢山カタチのない素晴らしいものをもらってきたけど、

そんな優しい気持ちが物質化したものがこの小さな貝殻の様に思えて、

だからこんな素敵なピアスになって残る事、身につけられる事、

本当に嬉しいです。

アクセサリーというのも写真と同じ。

君がいつか私の顔さえもまともに見なくなる様な日が来ても、

今の優しさを全て、この貝殻と一緒にレジンで閉じ込めたので私は大丈夫。

たかほとso-koちゃんありがとう*

 

最後にもう一度『aoio』のリンクを貼っておきますね。

instagram→こちら

minne→こちら

 

例えばお子様が拾ってくれた花びらなどもドライフラフワーにして

レジンに閉じ込めたヘアアクセを作れたりするそうなので是非so-koちゃんに相談してみて下さい!

そしてこのピアスを付けてる私を見かけましたら、

そっとニヤついてやって下さい*

カテゴリー: my son, 物撮り
numayama

numayama の紹介

1982年 東京生まれ 都内スタジオに勤務、カメラマンとしてブライダル・ベビー・キッズなどのアニバーサリー撮影に従事する。2013年3月に独立、ベビー・キッズ・マタニティ・ウエディングなどのアニバーサリー撮影のサービスを主とした『CuiCui(キュイキュイ)photo works』を起ち上げ、現在はフリーランスとして活動中。 ママサークルや企業やコミュニティ、ベビー・キッズのイベント・ワークショップとのコラボレーション企画も多数実行するなど幅広い活動を展開している。 またウエディングフォト『nice day』(http://nicedayphotograph.com)に所属、結婚式撮影・前撮り・フォトウエディングの撮影も行う。 2014年5月に男児を出産、現在は一児の母として復帰し活動を再開。