フィルムカメラで撮ったプチタイムカプセル写真が良すぎる話。

こんにちは。CuiCuiフォトグラファーの沼山かおりです*

先ず、秋のご予約沢山頂きまして本当にありがとうございます!

7/20に予約スタートしまして、その日でほぼ空き日程が埋まりました。

(現在、休日では11/10(土)のみ空きあり。平日も残りわずかです。

詳しい状況はこちらに随時更新しております。)

でも撮影会もそうなのですが、今回の秋の予約は妊娠中により募集枠がかなり少なくって、

いつもお客様に「人気者詐欺」をしている様な気分になって申し訳ないです。

ですが、予約開始を待ち構えていて下さった方は皆様希望の日でお取りする事が出来ました。

今回は私の方のリスクの説明もさせて頂き、

それにも関わらず本予約を沢山頂き本当に嬉しいです。

体調管理等しながら無理なく過ごして、秋に予約を頂いた皆様を無事に撮りきって産休に入れる様努めて参ります。

どうぞよろしくお願いします*

 

そして「つわり」ですが、17週に入った先週辺りからだいーぶ楽になってきました〜(涙)

前にあんなブログを書いたもんだから、皆様に心配をおかけしてしまって申し訳ないです。

でも、「私もつわり酷かったのでお気持ち分かります!」というメールも沢山頂いて

本当に励みになりました。

楽になった今だから言いますが、

『つわり 地獄』『つわり 死にたい』

など、めちゃ病んでるワード検索をしたりする程でした(笑)

本当に死にたいと思った訳ではないですが、

安定期に入るまで可能なら、意識を失っていたいとは思いました。

 

とある質問投稿サイトに、

 

『つわりの妻を持つ夫です。

妻が酷いつわりでとても辛そうで、僕としてもできる限りの事をしてあげてます。

しかし、辛いのは分かるのですが、妻があまりにも女を捨てすぎている、

家事をしなさすぎると思うのですが、いかがでしょうか?

髪はいつもボサボサ、寝たきりで家はグチャグチャ・・・

云々かんぬん』

 

とありまして、

まあ文章を読む限り、優しい旦那様ではあるのですが、

 

『いや、全然分かってないですよ。

奥様は今、傍目には人間界にいる様に見えると思いますが、

その実肉体は「地獄」にいるのですよ。

地獄にいる者に、女も男もないのですよ。

ただ魂あるものとして、地獄の業火に焼かれ続けているのに耐えています。

針の山を登る足を止める訳には行かずに血を流しながら前進し続けているのです。

そんな人にあなたは、「髪をとかせ」だの「皿を洗え」だの言うのですか?』

 

という、これまた病んでる、完璧と思われる回答を心の中で叫んだりしながら過ごし、

大分楽になった今、やっと生きた心地を取り戻しております。

もしこれから妊娠して、つわりの辛さを旦那が分かってくれなくて苦しいなんて時が来たら、

上記の私の暗〜い地下からの回答を、是非ぶつけてやって下さい(笑)

 

という事で、大分元気になりましたので

これまで溜めていたお客様のお写真ブログも少しつづアップしていこうと思います。

が、今日は息子の写真の話。

うちは夫婦共にフォトグラファーですが、

私は「商業カメラマン」というタイプで、写真自体が趣味的であったりすごく好きという訳ではないのですよね。

子供がとにかく好きで、「手段」としてカメラを手にしているという感じです。

なので仕事以外では写真をあまり撮りません。

ですが夫は、時間があればフィルムカメラを片手に出かけては

「作品」になる様な写真を撮っています。

その合間にちょろっと息子の写真もフィルムカメラで撮ったりします。

撮った写真のフィルムをバックの中に溜め込んで、

溜め込みすぎた位にランダムに現像に出しに行きます。

なので、時系列もバラバラですんごーく昔に撮った息子の写真が出て来たりします。

それが、タイトルにある様にめちゃめちゃいいという話。

私は基本、息子の写真はデジタルカメラでしか撮りません。

デジカメはその場ですぐ写真が見れるのがいいところですが、

フィルムカメラは、逆にすぐ写真が見れないのがいいところ。

現像が上がって来た時のワクワク感はたまりません。

また、夫の写真というのは夫の目線であり、

私が見れない息子の姿が映っているという事です。

つまり、『私が見ていなかった過去の息子に会える』

という体験ができるという事です。

これは別にうちの様に夫がフォトグラファーでなくても可能な事だと思います。

勿論、うちの夫の写真は「構図」など上手いので同じ様にはいかないと思いますが、

写真が上手くないお父さんでもいい感じに撮れるカメラ、

それが『写ルンです』です。

プロの写真家さんでも、

「写ルンですは必ずポッケに入れてますね〜。」

なんて方が結構沢山いまして、平成も終わろうとしている今も尚イケてるインスタントカメラだと思います。

ジャッジャっとネジを回して、シャッターボタンを押すだけ。

ピント調整もいりませんし、フラッシュをたくかたかないかの判断くらいで撮れます。

 

そして特に言いたい事は、

フィルムの写真は「荒れ」「ブレ」「ボケ」が逆に良かったりする事です。

これは今回の現像で一番お気にな1枚。

この写真はピントが合っていません。

(ハミチンさんが見えているのでお尻部分は加工でモザイクしています。)

この写真、ピントが合っていないからこそいいなと私は思うのです。

 

逆に自分がデジタルカメラで写真を撮っていてピントが甘い時は

「嗚呼、失敗。残念。」

と思います。

なんだかデジタルカメラでのピンボケ(お仕事でお子様撮影してる際の)写真はあまり「それが味だな」とは思わないのですよね。

 

つまり何が言いたいかと言いますと、

別に写真が上手でないパパが撮った『写ルンです』の写真の

変な構図とか、ピンボケとか、ブレてるのとかは『味』になるという事です。

なので全然、上手である必要はないと思います。

(フィルムにせよ、デジタルにせよ、白光りした露出オーバーの写真だけ良くないかな〜。)

 

なので皆さん、ぜひ旦那様に

「たまに適当に子供達撮って」

と『写ルンです』を渡してみてください。

現像にもお金がかかるので、本当にたまに、あっと思った時にシャッターを切る位でいいと思います。

前回シャッター押したの3ヶ月前だったかも位でいいと思います。

今回私が書いた様な体験が出来ると思いますし、

写真を使ったいい、面白い遊びになると思います。

(フィルムの現像に関してですが、「現像」と「プリント」は別物です。

「現像」だけにして、インデックスにしてもらえますか?と聞くとしてもらえると思います。

インデックスとは撮った写真の小さな一覧表みたいなものです。

そのインデックスで確認してからプリントしたいものだけ選んでプリントするか、

プリントにせず一括CDR化もしてもらえるので、その方がオススメです。)

遊びといえば、相変わらず『チェキ』もオススメです。

『チェキ』ならこの様に子供も撮れますし、

ウイーンとフィルムが出て来て、じわ〜っと写真が浮かび上がってくるのも子供には面白い様です。

うちにはたかほカメラマンが撮ったお父ちゃん、お母ちゃんの写真やブツ撮り(おもちゃなど)のチェキが沢山あります。

あとは、おもちゃなど仕分けごとに写真を撮って、

しまう箱にそのチェキを貼り付けるなどの使い方も出来ます。

子供がどこに何をしまうか一目瞭然になります。

見た目も可愛いし!

最近、スクエアタイプ(スクエアの写真が出てくる)のチェキが新しく出まして、

プロの写真家さんにも大評判なので、

これから買う方はそっちもオススメです。

 

と、まあ、つらつら書いてみましたが、

とにもかくにも、我が子の写真ってやっぱ最高ですね〜♡

皆さんも、プロに頼んだり自分で撮ったり、

我が子写真を沢山楽しんで下さい!

 

最後にお知らせとなりますが、明日8/1〜10まで夏季休暇を頂きます。

緊急のご連絡以外はメール返信などもストップさせて頂く予定なのでご了承下さい。

どうぞよろしくお願いします*

カテゴリー: my son
numayama

numayama の紹介

1982年 東京生まれ 都内スタジオに勤務、カメラマンとしてブライダル・ベビー・キッズなどのアニバーサリー撮影に従事する。2013年3月に独立、ベビー・キッズ・マタニティ・ウエディングなどのアニバーサリー撮影のサービスを主とした『CuiCui(キュイキュイ)photo works』を起ち上げ、現在はフリーランスとして活動中。 ママサークルや企業やコミュニティ、ベビー・キッズのイベント・ワークショップとのコラボレーション企画も多数実行するなど幅広い活動を展開している。 またウエディングフォト『nice day』(http://nicedayphotograph.com)に所属、結婚式撮影・前撮り・フォトウエディングの撮影も行う。 2014年5月に男児を出産、現在は一児の母として復帰し活動を再開。