It signifies an interest in intercourse as well as the regularity and intensity of sexual thoughts while discount generic viagra Internet has supplied so much that if one needs to purchase to get a tadalafil, he is able to sildenafil 120mg American physicians have released a fresh clinical training guide confirming that drugs like Viagra, cheapest viagra generic Pounds-associated problems can also trigger ed. When sildenafil 100mg Viga for Women is a food supplement sold cheapest viagra online As each year passes, we become more and more targeted on how healthily we are living. Scientific community and the order viagra online Even though this emergence of Viagra as another Robin Williams is entirely fresh& unparalleled, it buy now viagra For appreciating a satisfying life, good health is buy generic viagra To increase your likelihood further, take some organic Viagra to open purchase generic viagra Viagra is a medication for treating erectile dysfunction, not a buy viagra now

落ち葉のハラハラ舞う季節、1歳お誕生日撮影とアルバム紹介@東大和市*

こんにちは。CuiCuiフォトグラファー沼山かおりです*

確定申告の季節ですね。

私は仲間のフォトグラファーに会うと、

「売上目標って立ててますか?」と聞きます。

そうすると、

「立ててないな〜。確定申告で、ああ去年はこの位の売上だったのかと初めて知る。」と言う方も少なくありません。

私は細かに毎月の売上や経費も把握し、

過去3年間の数字と照らし合わせて、ざっとした年間売上目標は立てています。

 

私が目標を立てているのは、

『これ位まで売り上げるぞ!』という上に行く目標のためではなく、

子育てとの両立の為に歯止めをかける意味でしています。

 

私は仕事が趣味みたいな人間なので、何も考えないでいると仕事の事ばかり考えてしまいます。

私が売れっ子だという事ではなくて、

売れてなくても仕事の事ばかり考えられる脳みそなのです。

ですが妄想だけでは食べていけないので、「売上」を指標にしているというだけです。

 

だから、『もうここまで来たら仕事の事を考えるのはやめて、息子とどこに遊びに行こうか、夕飯は何作ろうか』と、そういう事に頭を使いなさいと、

自分のキャパシティとバランスの為にそう諭している感じなのです。

でもそれがいつまでたっても慣れない。

自分の中で結論が出ていても悩み続けている様な気がします。

だから、皆さんに「売上目標って立ててますか?」と聞くのです。

特に母親でもあるフォトグラファーは皆、

売上が良ければ良いほどいいというものではなく、自分のバランスというのを持っているはずです。

それは夫の仕事量や子供の数や年齢でも違うでしょう。

 

売上の話はなんとなく聞けないタブー感がありますが、

それは売上によって上下が決まってしまう様な気がするからだと思います。

ですが、わたし達はバランスが大事なはずですので、売上で上下が決まる訳ではないと思っています。

もっと仲間のフォトグラファーとその辺のタブー感を取っ払って

売上とバランスの話をしてみたいなと、

確定申告の時期でもあるのでそう思ったのでした。

さて、今日は少し前の去年の秋のお写真を紹介したいと思います。

1歳のお誕生日の女の子のお写真です*

1,2月で去年末の紹介しきれなかったお客様のブログを書こうと思っていたのに、

Amazonプライムで『ウィーキング・デッド』を観初めてしまったら止まらずに3月になってしまいました・・・。

今お気にのおもちゃで遊ぶ彼女。

ガチョーン!とダイナミックに倒しております♡

私は大抵、先ずは今好きなおもちゃで一緒に遊ばせてもらいながら撮ります。

「なんか知らん奴きたけど、一緒におもちゃで遊んでくれるみたいだ。」

と警戒心を解いてもらいたいなというのと、

きっといつかは処分されてしまう、この時のお気に入りのおもちゃで遊ぶ姿を残したいからです。

人見知りでも最初からニッコリしてくれる子が殆どですが、

やっぱりこうして一緒に遊ばせてもらうと距離が縮まる気がします。

嗚呼もう可愛い。

1歳ってどうして1年しかないのでしょうか。もう一年追加でおかわりお願いします。

ちょっと怖かったこのトゲトゲ妖怪(?)も最近はお気に入りとのことです♡

トゲトゲ君持ってます。

絵本も大好き!

あんよも大きくなったね!

お手手もつむじも愛しい。

そして大好きなおっぱいタイム。

お写真は飛ばしますが、このお顔からすると満足気!

そしてパパにぬぎぬぎしてもらって裸んぼ写真も撮りました。

スーパー可愛いお写真なのですが残念ながらお見せできません!

オムツ一丁写真を撮り終えて、新生児の時の帽子を被ってみました!

もうぱつんぱつんですね〜。

そろそろお外に行ってみようかと、そしたら泣いちゃいました。

お家遊びが楽しかったかな?

でもキラリと光る涙も撮れた。

泣き顔も可愛いよ。

車で近くの大きな公園へ来ました。

紅葉の終わりの頃、ハラハラと舞う落ち葉がとても綺麗でした。

葉っぱ、どーじょ。

嗚呼〜〜〜可愛い!!!

自分達が子供の頃のアルバムを見ると、

父か母が「はい撮るよー」って感じで撮った記念写真的なものが多くて、

大抵真顔で純粋なスナップが多いのです。

それはそれで「味写」的におもしろ可笑しい日常が写っているのですが、

こういうストレートな愛を読み取れる写真ではないのですよね。

今のこういった、プロが出張して撮った家族写真を見て、

将来子供達はどう思うのだろう。

パパやママの(あと撮ってる私もね)の愛情が溢れてると思うのですが、

大きくなった子供達は分かってくれるのかな〜と。

どれだけ愛されていたか感じてくれるのだろうかと思います。

お外撮影の後半、何だかもうテンション低め(笑)。

眠そうな顔になって来ました!

ぼーーーーー。

ついに寝ちゃいました!!

どうして子供ってすぐ寝ちゃうんだろう。なんて可愛いのだろう。

最後は可愛い寝顔で締めてくれた彼女。

沢山沢山撮らせてくれてありがとう♡

そして、アルバムのご注文も頂いておりましたので一緒に納品させて頂きました!

あのシーンもこのシーンも、1歳の今だけを閉じ込めました。

私はブログを書くのもアルバムを作るのも大好きなのですが、

両方とも同じ感覚で作っています。

アルバムをレイアウトする時も文章を頭の中で作りながら、

ストーリーとして残せるように。

そうしてレイアウトしたものを、最後親御さんと協力して少し差し替えたりして完成させていきます。

そうして出来がった世界にたったの一つの写真集。

ずっとずっとそのご家族の側で年を重ねていってくれるのだろうと

宝物になってくれるといいなと想いを込めて納品しています。

 

また何かの機会でお会いできたら嬉しいです!

ご依頼ありがとうございました*

 

子供の『今』を残すもの、アクセサリーという手段。

こんにちは。 CuiCuiフォトグラファー沼山かおりです*

うちは夫がウエディングフォトグラファーなので休日は殆ど仕事でいません。

なので、私が日祝仕事の日は息子を撮影現場まで連れて行き、

シッターさんにも来てもらって現場周辺の児童館や公園で遊んでてもらい、

撮影が終了したら一緒に帰るという働き方をしています。

もちろん毎回ではありませんが、日祝依頼のお客様は割と高い確率で息子に遭遇すると思います。

 

昔は私が見えると泣いてしまったりしていたので離れた場所でシッティングをお願いしていましたが、

3歳になる頃には神社などの現場ですれ違ってもすっかり大丈夫になりました。

お客様にご迷惑かけてしまう事も殆ど無くなったかなと最近は事情をオープンにしており、

お客様に近くの遊べる公園を紹介してもらったり、

カメラマン仲間の撮影の時などは、ご自宅の一室を貸してもらってそこでシッターさんと遊んでてもらったりと、

この様な働き方をさせて貰えて本当に感謝しています。

 

仕事を選べば子供を犠牲に、

子供を選べば仕事を犠牲にしている感が否めず、

「何で女ばかりこんな苦しまなければいけないのか。」と

私は前世からそんな事を強く憤って生きてきた様な気がします。

幸い今世はKIDSLINEさんやmormorさん(こちらのサイトの写真撮影させて頂いてます!)など素晴らしいシッターサービスと巡り会う事が出来て

諦める事を最小限に生活できる事はとてもありがたいです。

 

さて、この様に、しとしとぴっちゃんの『子連れ狼』(分からないお若い方はgoogle検索「子連れ狼 画像」で検索下さい。)の様に働いている私と息子ですが、

先月2月11日の建国記念日の日、八王子で仕事がありまして、

撮影中はシッターさんと息子には公園と図書館で過ごしてもらう様にお願いしていました。

撮影が終了し、待ち合わせの図書館に向かうと息子とシッターさんは本を読んで待っていました。

息子に「お待たせ〜!」と抱擁し、一通り様子などを聞いていると、

「あ、そうだ。お母さんにお土産があるんだよね?」とシッターさん。

見ると、オムツごみを入れるためのビニール袋の中に何か小さなものが入っていました。

 

それはちっちゃいけれど、とても綺麗にカタチが残っている貝殻でした。

公園のお砂場で遊んでいる時に見つけて、

「お母ちゃんにお土産に持ってく。」

と言ってくれたと。

ズキューーーーン♡♡♡

 

これまで男性にサプライズでこんなラブリーなものをもらった経験はなく、

私は一気に乙女の様な気分になりました。

「これはお母ちゃんの宝物♡ずっと大事にするね!!!」

と、お花畑な脳内ではアクセサリーに出来ないかなと既に考えておりました。

しかし「貝殻 手作り ピアス」などで検索するも何だかお洒落なものがなく

うーむと唸っていた時にふと思い出しました。

 

私が趣味で写真をしていた頃(すぐにカメラマンになろうと思ったので極短い)からのお友達で、

ウエディングフォトや長女ちゃんのお宮参りなど撮影させてもらったso-koちゃんが

とても可愛いレジンのアクセを作っていたな、と。

『aoio』というブランド名で活動していて、

instagramminneで作品の紹介をしていますので是非見てみて下さい*

 

そして、この貝殻のストーリーと想いをお伝えして製作をお願いしました。

そして今朝、ポストを開けると届いておりました!

こちらです!可愛い〜〜!!

組み合わせを楽しめる様にと4つも!!

そしてこれが息子がくれた貝殻です。

新生児の赤ちゃんの小指の爪程の小さいもの。

こんな綺麗なもの、可愛いものを見つけた時に

「お母ちゃんにあげよう。」

と、そう思ってくれた気持ちが本当に嬉しかった。

そして息子にはこれまでも沢山カタチのない素晴らしいものをもらってきたけど、

そんな優しい気持ちが物質化したものがこの小さな貝殻の様に思えて、

だからこんな素敵なピアスになって残る事、身につけられる事、

本当に嬉しいです。

アクセサリーというのも写真と同じ。

君がいつか私の顔さえもまともに見なくなる様な日が来ても、

今の優しさを全て、この貝殻と一緒にレジンで閉じ込めたので私は大丈夫。

たかほとso-koちゃんありがとう*

 

最後にもう一度『aoio』のリンクを貼っておきますね。

instagram→こちら

minne→こちら

 

例えばお子様が拾ってくれた花びらなどもドライフラフワーにして

レジンに閉じ込めたヘアアクセを作れたりするそうなので是非so-koちゃんに相談してみて下さい!

そしてこのピアスを付けてる私を見かけましたら、

そっとニヤついてやって下さい*