Profile

1982年 東京生まれ。
都内スタジオに勤務。
フォトグラファーとして、ブライダル・ベビー・キッズなどのアニバーサリー撮影に従事。

2013年3月に独立。
フリーランスで活動を開始する。

2014年5月に男児を出産し、同年活動を再開。
現在は同じくフォトグラファーの夫(nice day)と息子の3人暮らし。


誰が、どんな人が撮影するのか、という事はとても大事な要素だと思います。

全ての撮影、現像、アルバムなどの編集、納品作業はわたし一人が行っております。

以下にわたし自身の紹介をもう少し詳しく書いておりますので、よろしければご覧になってみて下さい。


1982年の昭和57年に東京都板橋区で生まれました。

東京都府中市の小学校に入学、この町が私の地元となります。

小中に続き府中市にある高校に進学しました。

高校時代は「犬男」というガールズバンドを結成しドラムを担当、ライブなど音楽活動に青春を費やし学校生活の事はほぼ記憶にありません。

大学入学するも途中で中退しました。

進学塾で働きながら法律の資格取得の勉強をゼロから始めましたが壁が高く、数回めの不合格ですっぱり諦めた頃にカメラと出会いました。

私は趣味に時間を使うより仕事をする事自体が好きだったので面白いと思ったカメラを仕事にしてみようと思いました。

フィルムカメラ数台しか持っていない状況で学校写真を斡旋するおじさまカメラマンにアポを取り面接に向かいます。

「やってみる?」と言われ、「はい」とその足でそのまま中野のカメラ屋さんに行き、デジタルカメラとレンズを購入。そこから私のカメラマンとしてのキャリアがスタートしました。

都内のスタジオにカメラマンとして勤務し、店長も経験したところで独立を決意し2013年にフリーランスとして活動を開始しました。

同年結婚、翌年第一子の男児を出産し活動を再開しました。



私は「写真」や「カメラ」が好きというよりは、「子供」や「人」が好きなのだと思います。

子供はとにかく好きです。関わるほど子供の魅力に引き込まれていきます。

持っていても子供を撮れなくなったら私はカメラを手放してしまうと思います。

子供の写真を撮る時には一緒に遊びます。遊びのついでに撮るというスタイルです。

家族の写真を撮る時には、そこになるべく自分を介入させない様にします。

カメラマンである私の存在は忘れてもらっても、そこに見る度にその日の情景や感情や空気感までもよみがえってくる様な写真をお客様のご家族に残せれば、それが一番幸せです。

最近は私自身が母になった事もあり、私達の子供の、家族の写真の将来という事も深く考える様になりました。



私が写真に思う事なども「baby kids」「newborn」のページにコンセプトとしてそれぞれ書かせて頂きましたので、よければそちらも読んでみて下さい。

そして、もし共感して頂けてご依頼頂けたら嬉しいです。



photographer 沼山 かおり