numayama

numayama の紹介

1982年 東京生まれ 都内スタジオに勤務、カメラマンとしてブライダル・ベビー・キッズなどのアニバーサリー撮影に従事する。2013年3月に独立、ベビー・キッズ・マタニティ・ウエディングなどのアニバーサリー撮影のサービスを主とした『CuiCui(キュイキュイ)photo works』を起ち上げ、現在はフリーランスとして活動中。 ママサークルや企業やコミュニティ、ベビー・キッズのイベント・ワークショップとのコラボレーション企画も多数実行するなど幅広い活動を展開している。 またウエディングフォト『nice day』(http://nicedayphotograph.com)に所属、結婚式撮影・前撮り・フォトウエディングの撮影も行う。 2014年5月に男児を出産、現在は一児の母として復帰し活動を再開。

『きみは赤ちゃん』、最後の赤ちゃん期について。

こんにちは。CuiCui Photo Works沼山かおりです*

しばらく可愛い可愛い3歳の七五三ブログが続く予定なのですが、今日は日常撮影の写真の紹介です。

 

以前アップしましたこちらの記事『もしもう一度願いが叶うなら。

この写真が実はとても人気で(最近たまにtwitterでプチバズりする記事があります)、

まあそれもそうだよ、だってスーパー可愛いもん、

という人様のお子様ながら自慢の写真なのですが、

「12月10日にアップされたブログの様な撮影をお願いしたいです。」

という問い合わせをいくつか頂きました。

 

今日はそんな中の一つ、9ヶ月の女の子の日常をお見せします。

嗚呼!!!可愛い!!は!は!歯がちょこりー!!!

私は撮影の初めに、今好きなおもちゃで遊んでもらう事が多いのですが、

この「はい、どーじょ。」

この初っ端の光景だけで尊すぎて早くも胸が詰まりました。

平日でしたがパパもお休みで一緒に撮れました。パパにそっくり!

あとは『オムツいっちょう』写真も必ず撮ります。

と言うか、この写真で注目して欲しいのはほっぺのラインです。

なんなんこれ、イラストなの??って位可愛いラインを奏でてる。

子供を産むと、

あのクレヨンしんちゃんの斜めうしろからのほっぺのイラストが、

別に過剰でもなんでもなく、忠実な描写だったんだなって分かりますよね。

はー可愛い。はー。

赤ちゃんの見返り姿ってなんでこんな可愛いのでしょうか。

ほらー。可愛い。

この仁王立ちっぽいとこもいいのだよな。

オム一写真、もっと沢山撮りましたが、

私の中では、女の子はおっぱいが見えてるもの、男の子はおっぱいお尻まででおティンはNGとしてますので(他親御さんのNGラインお伺いしています。)、

ここでお洋服着ちゃいます。

そしてこれも私が大好きな『絵本を読むシーン』です。

パパが読んでくれるの嬉しそう!

嗚呼、可愛い!

「ぽんちんぱん!」にしっかり反応していて、もう可愛い、可愛いしかない。

語彙力もなくなってきました。

次は離乳食です!ママは準備中なのでパパ抱っこ。

パパあくび。

そのままプチュ♡

これ、めちゃくちゃ気持ち分かりますよねー!!

登山家ジョージ・マロリーの、「そこに山(エベレスト)があるから」の名言じゃないですが、

そこにほっぺがあるから。チューしますよ。

 

あと、ずっとお子さんにチューする事について書きたかったのですが、

いい機会なので言わせて下さい。

私は、5歳と0歳の息子達に1日平均50回はチューチューしてると思います。

盛ってないです。

多分どのご家庭でもそれ位してますよね。(50回もはしてないですか。)

で、私が撮影に伺う時に、子供に自然にチュッとする方は少ないのです。

 

それは勿論、私という他人が入っている為だと思うのですが、

撮影時、私の事は気にせずどんどんチューして欲しいです。

これは、写真を納品した後に親御さんから頂く感想で、

「親バカですが、とっても可愛くて」

という『親バカ』表現も同じだと思うのですが、

撮影に伺う時、私もあなたのお子様に対して相当メロメロになっています。

私の特技なのですが、撮影対象のお子様に対して一撃でメロメロになります。

なので、「私の事は気にせず」と言いましたが、

それよりも、「私も親バカに加えて頂いて」、

我が子への愛を放出させて欲しいです。

私は次男の保育園お迎え時は、保育士さんの前でも堪えきれず

「かわいいたん!会いたかった!」

とチュッチュしてます。

盛ってないです。

是非、見習って下さい!

さて、ご飯の用意が出来ました。いただきます!

嗚呼ーーーー!可愛い!!

ピンクのバンボ!!

ピンクのバンボにすっぽりハマって食べてる!!

可愛すぎてどんどん吸い込まれていってしまう私。

したら、ブーーーーーっとご飯飛ばされる可愛い。

嗚呼ーーーー。もう可愛い!!!

私、平日の日中に1人で編集作業してるのですが、

可愛すぎて檻の中で暴れるゴリラみたいになります。盛ってません。

ごちそうさまでしたで、ママの手ぱくっ。

おいちかったね♡

そしてご飯の後は授乳のじかん。

私は写真を撮る時にいつも、その子が大きくなって見返した時にどう見えるかな?

というのを同時に考えています。

その子の今の可愛さに夢中になって撮りながらも、

頭の端っこの方に、16歳位と25,6歳位になったその子がアルバムをめくる姿を思い浮かべている感じです。

はじめは思春期の頃、次は結婚を意識したり、子供を持つ事を考えたりする頃。

そうするとやっぱりその写真が『普通』である事、

それ以上でも以下でもないことが一番だと思うのです。

『日常』『ありのまま』『普通』

である事は、どんなに年月が経っても裏切らないと思うからです。

だから授乳フォトも普通のものを。

誰かに見せびらかす為の写真ではなく、『私の』写真として残す事には価値があると思います。

添い乳の姿も撮ったのですよ。大きくかぶり付くお顔が可愛い。

ちょっと写真はお見せできないのですが、なんて言うか、

ほふく前進の様におしりをプリっと持ち上げなから

おっぱいに向かっていく姿が、とてつもなく、とてつもなく可愛かったです。

授乳も済んだところで、次はお散歩に行く事にします。

公園ではなくお散歩道で。

風が気持ちのいい日でした。

さて、お外から帰ってきたので軽くシャワーを浴びる事に。

これは今よくやる仕草らしく、首をかしげつつ脱ぎ脱ぎ。

こういう、今特有の仕草って写真に残せるとラッキーです。

意外と忘れてしまうものだから。

着替えながらもプチュ♡

さっきはママ、離乳食の準備してたし、今はお風呂の準備中で、

さてはパパさん、ママがいない隙に相当娘にチュウしてるとみた。

さて、お風呂の準備ができましたので入浴!

なにこの顔、可愛すぎて辛い。

他も可愛いショット沢山あるのですがパイパイ見えないカットのみでいきます。

ひーーーーーー!!!!辛い!!!可愛くてつらい!!

このシーンは、容赦無くシャワーかけるといい顔撮れます。

さ、ぷりんぷりんちゃんが上がってきました!(「ぷりんぷりんちゃん」は、私オリジナルの風呂上がりの息子の呼び名です。)

わしゃわしゃとふかれる。

泣いた顔も可愛いし、ママのお胸にこすこすも可愛い。

眠くなってきたかな?

という事で、フィナーレに近づいて参りました。

お昼寝のじかんです。

眠そうな気配はあるものの、こちらが気になる様子!

ちょっと離れて、寝かしつけに集中してもらう事にします。

(あ、これです。おしりプリの添い乳♡)

実は、もうすぐに引っ越しというタイミングでの撮影でした。

記憶に残らないであろう、生まれてすぐのお家での撮影。

残せてよかったです。

さて、寝たかな??

と思ったら、寝てないー!可愛いー♡

眠くなかったら遊んでもいいよ〜という事で、

チラっ。

ばあ〜♡

一旦ちょっと遊んでみる事にして、でもやっぱり眠いは眠いみたい。

という事で、お部屋を完全に真っ暗にして待ちます。

『育休とか日常とか、プラン』は、ショートでも3時間あるので、

寝かしつけのお時間なんかも焦らずゆっくり取って頂けます。

パパが先にねんね。

大人もお昼寝したい時間です。

さ、今度こそしっかり寝ました。ママさん寝かしつけお疲れ様です。

可愛いおしりが見えてます。

お昼寝で撮影を終えるのは当初からの目論見で、

でもそんなに予定通りいく事ではないので、どうかなって思ってましたが

本当に上手いこと全部、この頃の日常のピックアップ部分を全部撮れたのではないかなと思います。

 

 

ここでいきなりですが、皆さんは『赤ちゃん』って何歳何ヶ月位までの事をいうと思いますか?

 

私は子供を産む前なんかは「2歳頃まで赤ちゃん」という感覚だったのですが、

第二子を産んでから特に、

赤ちゃんと呼べる時期の儚さ、尊さについて、

学術的な事はさておき、感覚としては、「とにかくあっと言う間に終わるぞーー!」

と言う事は分かっているつもりで、次男現在5ヶ月で、すでにパニックです。

 

1歳のお誕生日撮影というのをよくさせて貰いますが、

1歳さんは歩くか歩かないかの月齢で、

体型もなんだかシュッとして、

足腰もしっかりしてきます。

私の感覚では1歳はすでに『赤ちゃん』ではない様な気がしてきました。

 

で、この様な0歳さんの日常撮影をさせてもらってハッキリ感じたのが、

この9ヶ月前後というのは『最後の赤ちゃん期』なのかもと。

 

このブログのタイトルは川上未映子さんの本のタイトルですが、

「きみは赤ちゃん」と呼べる時期は、ハッキリとはしていなくて、

こちらが気付かない程フェードを効かせて、うっすらと変わりながらなくなっていく。

日常をプロに撮ってもらうなんて贅沢だと思うのですが、

この1歳より少し前の時期、

最後の赤ちゃんの時を、

この様に残すお手伝いが出来たらと思い、

『育休とか日常とか、プラン』はハレの日のプランと分けて、時間長めに、値段は安めにと設定しました。

日常を写真に残す、という事、是非考えてみて下さい。

 

でも、まあ、うちの5歳の長男に対しても「まだまだ赤ちゃん♡」と思うシーンも多々あり、それぞれの年齢・月齢にそれぞれの尊さがあって、とりあえずキリはありません。全部宝物。

こんな君の小ささや柔らかさを忘れたくないのだけど、忘れちゃうかも知れない。

でも、多分、写真があれば大丈夫。

この時の事をきっと思い出せる。

だから私は安心して、君が大きくなるのを喜び、見守るよ。

 

3歳春の七五三。【後編】走ってくる3歳が可愛すぎるの巻。

さて、続きの後編です。

泣いてた彼女もパパの抱っこでまたごきげんに!

神社ではパパさんのご家族が待っていてくれました。

孫の七五三か。可愛いのだろうな。(気が早いな。)

手水も上手に出来ました!

冷たいからいい表情が撮れるのですよね。

とっても暑い日だったのでしっかり水分補給。

お口可愛い。

私はよく、ペットボトルを飲む長男の下唇を超至近距離から眺めては可愛いなとため息ついてます。

お賽銭もしてご挨拶してから、撮影開始です!

下駄は履かないと言い張りスニーカーで。

アンパンマンのポーチ下げたままのところとかも、それも全部らしくて可愛い。

家族で、親族みんなで、それぞれのおじいちゃんおばあちゃんとと、

この撮影は本人の集中力が切れる前にパンパンと撮っていきます。

あとは自由に、ママと。

パパと。首ない!可愛い。

パパとママと。

家族4人で。

弟くんとママも。首ない!可愛い。

『せーの、びよ〜ん』とか『ぴよ〜ん』とか私が呼んでるこのポーズも子供は大好きですよね。

そして私の大好きな『走ってくる3歳可愛すぎる』シリーズです。

「よーい、ドン!する?」って聞くと、子供はみんなニヤっとして、

そして本当にいい顔して走ってくる。

嗚呼、可愛い。本当に可愛いです。

大人もいい顔になる。

私はよく両家のご両親も走らせてしまいます。

あと、このシーンの時の下の子の持ち運ばれてるセカンドバック感も可愛くて大好き。

かけっこも頑張ったし、ちょっとおやつタイム。

スニーカーの他にも3歳七五三の必須アイテムですよね、おやつ。

とある神社の神主さんが言ってました。

七五三の時の子供は神様なんだと。

だから、座ったって、寝っ転がったって、おやつ食べたって、神社はそれを咎めません。

だから怒る事もない。

したい様に、楽しく。

そしてお待ちかねの千歳飴!

私がよくお願いする『千歳飴鬼』もしくは『うさぎさん』。

これ可愛いでしょ〜。

鬼にして盛り上げるか、うさぎさんにするかはその子の反応をみてしていますよ。

千歳飴嬉しいね!この笑顔、本当可愛い!!

はー、ため息出る、可愛くて。

編集中も、何度も何度も「あ〜可愛い、は〜可愛い。」と呟いていた私ですが、

私がこんなに萌えてるのだから、パパとママは爆発しちゃうんじゃないかなと思いましたよ。

(納品後に頂いたメールで、やはり萌え爆発していた事が判明しました。)

そんなパパとママ、2人だけの写真も。

最近、「夫婦だけの写真も撮って下さい。」と言われる事が多くて嬉しいです。

とっても暑い日だったのに、愚図る事もなく、3歳の七五三が楽しそうだった彼女。

沢山沢山可愛い表情を見せてくれてありがとう!

そして改めて3歳と七五三、おめでとうございます。

また来年、新緑の綺麗な時期にお会いできる事楽しみにしています*