職場復帰まであと2日、最後の育休の時の日常撮影。

こんにちは。Cui Cui Photo Works 沼山かおりです*

この夏は沢山『育休とか日常とか、プラン』を撮影させて頂きましたが、

今日は正に、復職2日前の育休最後の時のお写真の紹介です。

ロンパースのボタン留めきらぬまま登場してくれた彼は

新緑撮影会にも参加して下さっていたのでついこないだ会った感じ。

上のお兄ちゃんは保育園中。

笑う時にお口がキュッとなるのが可愛い次男君です。

この日は離乳食から撮影スタートです。

ママがキッチンに入ってしまって・・・

涙目です♡

「かあさーん!開けとくれー!!」の画。

騙し騙しでつまみ食いをさせて貰いますが・・・

あーもー早く食べたい母さん!!

早く〜!

HA・YA・KUーーーーーーーー!!!

前のめり。

はいはい、あーん。

むぐ。

むぐ!

おいちーーー!!

おいちいーーーーー!!!可愛い!!!!!

はい、どーじょ。

おいち〜〜〜〜。おいちいね〜〜〜〜♡♡♡(全て私の心の声です。うざったくてすみません。)

もう本当可愛い。

この頃覚えたてのお手手パチパチ連発の彼。

これをすると両親が喜ぶ、という事まで理解した彼は幾度と無くパチパチ。

そして私も大層喜んだのでした。

手づかみ食べも出来ます!でも・・・

ポロリ、

ポロポロの、

にぎにぎの、

ブンブン。

食べるのに飽きればそれはおもちゃに変わる。

毎度の撒き散らし、ありがとうございまーす!(涙)ですよね。

ごちそうさまでした!をして、

ママはせっせとご飯粒拾い。

僕ちんも一粒見つけた様で・・・

「ありました!」って報告してくれた可愛い!!!

この3コマの写真が本当可愛い。

自分で撒き散らしたくせに、ちっちゃな小姑の様。

ごはんの後はおっぱいだぜ!がばあ!!とばかりに覆いかぶさる。

嗚呼、幸せそう。

ママ可愛いな。

復職をすればどうしても母乳量は減ってきてしまうもので、

かく言う私も生後3ヶ月で次男を保育園に預けた為、

母乳は私の意思とは反対にすでにマイクをステージに置こうか(百恵ちゃん)という感じ。

私は私の乳のマネージャーみたいなもんなので、

ある程度は咤激励出来ても、本人が引退宣言をしてしまえばそれに従うしかないのです。

たった1人の私の乳のファンという立場の次男もあまり必要なタイプでないみたいで、

私の授乳もそろそろ終わりかなというところです。

乳好きの長男で3年半も授乳をした私は、

今回あまり授乳に未練はなく、

次男の意向に任せようかなと思っているところです。

 

一口に『授乳』といっても様々なドラマがありますよね。

授乳に対する母親の想いもそれぞれ。

でも、おっぱいでもミルクでも、

この姿はずっと忘れたくないなと思いますよね。

授乳の写真は、母親だけが、私だけがひっそりと見る写真。

誰かから評価されるものでもない、

今の時代だからこそそんな写真があってもいいのではないかなと思います。

廊下でずり這いショットの撮影なんかをして、

 

ママがお風呂の準備中にかくれんぼ。

鳴呼可愛い。

さてさて、お写真は既にお風呂上がり。

お風呂の可愛いシーンは残念ながらお見せできません♡

でも、これこれ。

ずっとオムツいっちょのお写真を推してきましたが、

最近はもう私的に肌着がトレンドという事になっております。

さて、そろそろお兄ちゃんのお迎えの時間が近づいて来ましたのでお支度です。

ズボっ。

グググっ。

子供のお世話をしていると、自分の水分補給さえまともに出来ていない事に気付いたりして、

でもお茶を飲むのでさえこう。

ワンオペの大変さを分かっていない男性に教えてあげたい。

例えばあなたがパソコンを打つ横からキーボードをバンバン叩いてくる、

昼休憩中に「先輩、遊んでくれなきゃつまんないーー!!!」と泣き叫ぶ、

外回り中に急に車道に飛び出す、

ブレイクのコーヒー中に指を突っ込んでくる、

そんな後輩とずっとずっと1日中過ごすことを想像してみて下さい。

それがワンオペの大変さや、と。

 

お迎え前の洗濯物の取り込み。

この時彼は泣いて窓にひっついていました。

窓からのママが見てる景色を撮りたいなと思って私もお外に出てみたのですが、

私だと笑っちゃうね。

ママじゃないから離れても寂しくないもんね。

でもこの景色、可愛い!

いないいない。

ばあ!(ひー、可愛い!)

さて、そろそろお兄ちゃんを保育園にお迎えに行きます。

お兄ちゃんははじめましてです。

保育園お疲れ様!

次男君がひょこ。

ほら、手繋ぐよ〜と言ったそばから・・・

転んでしまいました!

鳴呼。

私は編集中にこの辺で、

「世界中のお母さん!皆さん、本当お疲れ様です!!!」

という気持ちがこみ上げて来ました。

しゃがむのがキツい状況で、本当によくしゃがまなければいけない事件が起こるし、

この次男君の、ただくっついてる感が何とも。

本当はまだまだ抱っこしてあげたい歳ですが、

お兄ちゃんになって、

転んでも自分で歩かなくてはいけなくなりました。

くいっと涙を拭いて歩くお兄ちゃんに愛しさが溢れてしまいます。

さて、お家に帰って来ました!

お兄様、何だか「秘技」って感じで手を洗いなさる。

手を洗った後はいつもこうして2人を抱っこしてあげるのだそう。

保育園を早引きしておやつを食べていないのでバナナタイム!

僕ちんも食べる。

みんなで食べる。

もっとくれ。

いやだ。

お兄ちゃんバナナくれんかった。おっぱいくれー!!

今度は3人で絵本タイム。

「ぽん、ちん、ぱん!」で盛り上がる。

そして眠くなってきた次男君、海老反る。

少しおっぱいを吸って、

トントンしたら寝ちゃいました。

最近の日常撮影はパパさんが参加してくださる事が多かったのですが、

ママだけの撮影は育休感が強く、独特の雰囲気があります。

男性の育休取得率も上がってはきていると思いますが、

まだまだやっぱり「育休」は「母親」のものという感じが強いと私は思います。

パパが参加してくれる日常撮影でも、正直パパからは「補助」感が漂います。

ママだけの日常撮影は「主体」しかいない感じ。

その独特さがあるのですよね。

もうペースが出来上がっているし、

あうんの密な空気があります。

ママだけの撮影の場合、その空気感を何とか残したいなと私は思っているのですが、

それはママの頑張りであり、我が子への愛しい気持ちであり、

それをそのままママ本人に見せてあげたいなと思うのです。

 

別の日常撮影をしたママさんからは、

「初めて自分の育児を客観的に見て、我ながら言うのも何ですが、

とても温かさを感じました。

毎日イライラして、必死で、日々不満ばかりなのですが、

写真を見て、

あれ、私幸せじゃん。それでも幸せなんだな、

って思いました。」

と感想を頂きました。

 

私の方が、ああ、そうなのか、と。

日常撮影というのは、もしかしたら日々の自分の育児の『肯定』みたいなものになるのかも、と。

本当誰も褒めてくれないし、

自分でだって自信がある訳でもないけれど、

でもこうして見ると、子供も私も楽しそうで幸せそうだなと。

 

それは勿論、私がママさんたちを肯定してるなんて偉そうな事ではなくて、

私もカメラもただ事実しか写せないので。

 

いつも家族の写真を撮るときは、

被写体の子供達が大きくなった時に、

記憶には残らないこの風景を見せてあげたいなと思って、

写ってる家族の愛は勿論、私も色々溢れながら撮っているので、

その愛のダブルビームみたいなものは、

「こんなに君は愛されていたんだよ。」なんて恩着せがましいものでなくとも、

子供達が何か大きな困難にぶつかった時の糧にはなるだろうと思っているところがあります。

でも日常写真というのは、何というか、

もう私達親のためのものという部分が強いのかなと。

 

私達が職場復帰をする為の、

断乳卒乳をする為の、

1歳を迎える為の、

私達親の糧やないか!と。

 

この日々を写真に納めたから、

前を向いて復帰できる、卒乳できる、成長を喜べる、

だから大丈夫。

と、そう思ってもらえたら私は嬉しいです。

2019年秋の七五三撮影について。(8/1より予約開始)

こんにちは。CuiCui Photo Works 沼山かおりです*

8/1より、2019年10~12月の七五三出張撮影のご新規のお客様のご予約がスタート致します。

私事で申し訳ないのですが、今年は次男が0歳の年という事もあり

プラン内容や空き日程など調整させて頂きました。

またリピーターのお客様のご予約を早めに受付け、

キャンセル規定の取り消し(日曜・祝日はございます)

などさせて頂きましたが、来年度はまた細かい部分が変更となる予定です。

来年度でご検討の方は、また2020年年始のお知らせをお待ち下さい。

 

さて今年の七五三ですが、春も沢山のご依頼を頂きありがとうございました。

また、早くに日程調整などをしてご予約頂きましたリピーター様もありがとうございます。

そして予約スタートをお待ち頂いているご新規のお客様、お会い出来たら嬉しいです!

以下に注意点をまとめさせて頂きましたので、ご確認お願い致します*

①日程について

ホームページのcontactフォームに『ご予約状況カレンダー』がございますので、

そちらから空き日程をご確認の上、なるべく第三希望までお日にちをお選び下さい。

1日2組様までとなります。

『終日満』となっている日はご予約は締め切りとなっております。

『午前満』『午後満』となっている日は半日空きがあります。

(すでにご予約頂いてる方のプラン内容や場所によっては、半日の空きがある日でもお伺い出来ない場合がありますのでご了承下さい。)

平日の何も記載のない日は空いております。

また、今年度は基本日曜と祝日は定休日とさせて頂いておりますが、

すでにリピーターの方のご予約で休日がほぼ埋まってしまったので、

ご新規のお客様の為に少し空けました。

ですが、日・祝は休日料金が高い事と、

キャンセル・日程変更の規定がございますのでご注意下さい。

ご予約の際は、『guide』ページをよくお読みの上、

ご検討ご予約お願い致します。

②プランについて

プランにつきましては、お支度撮影ありのロングと神社のみのショートがございます。

私の撮影ではお支度ありを断然お勧めしておりますが、

撮影が出来ない神社併設の場所でお支度をされる方や

他ご事情がある方もいらっしゃいますので、

その様な方はショートをお選び下さい。

③お支度について

お支度から撮影の方は、大体以下からどの様な予定かお知らせ下さい。

・自宅でご家族の方がお支度

・美容院などでお支度

・自宅に出張の着付けヘアメイクさんを呼んでのお支度

例えば下のお子様がまだ赤ちゃんの場合などは、お家でのお支度がお勧めです。

下の子がチョロチョロ転がっている、上の子のお支度風景はとても可愛いですよ!

3歳さんのお支度で、被布でしたらママさんやおばあちゃんがお支度をする事も可能だと思います。

お支度撮影をしないのは、勿体ない!!勿体なさすぎる!!と思いますので、

もう必須という感じで考えて頂けると嬉しいです!

④神社やお寺について

神社やお寺が決まってないお客様に良く、「お勧めの場所はありますか?」と聞かれるのですが、

私の個人的な意見としましては、

地元の氏神様の神社です。

皆さん、「小さいし暗いからどうかな、写真映えするかな」と心配されるのですが、

大丈夫です!

逆に有名な大きな神社に関しては、

シーズンはそもそも七五三のお参りの方が多いですし、

また観光客が沢山いたりするととっても大変です。

 

お子さんが良い顔をした瞬間、

自撮り棒のなぜか蛍光色のジャケットを着た外国人観光客の方がぬっと背景に現れたりすると、

勿論、私には何の権利もないのですが、

内心、「あーーーーーー!!Noーーーー!!」となります。

 

暗い場所は明るく撮ることが出来るし、

小さくても、お子様がのびのびを動き回れる場所が良いと私は思います。

何より七五三は写真の為のイベントではなく、

お子様の成長を祝い、感謝する行事なので、

自分が住む場所の氏神様にお参りするというのが良いのではないかなと思います。

でも色々ご事情ある場合もありますよね。

都心の大きな神社がいいけど特に候補がないなどの場合はご依頼時にご相談下さい。

個人的にはお寺、お勧めです。

 

神社やお寺について、最後にお願いがあります。

私の出張撮影をご依頼いただく場合は、必ずご祈祷やご祈願をその神社お寺で受けて頂きたいです。

ご事情があり当日受けられない場合は、事前に、また後日同じ場所で受けて頂きたいと思います。

近年、出張撮影をするカメラマンのマナーの悪さから、

私たちの様な外部のカメラマンの撮影を禁止する神社さんも増えてきました。

これは私たちの問題なので、私も十分配慮して撮影させて頂きますが、

ご祈祷をせずに撮影だけして帰っていく

という事も問題になっている様です。

こちらどうぞ宜しくお願いします。

最後に、

先日『リトル・ママ』というフリーペーパーの取材を受けまして、

9月号の七五三特集に出張撮影枠で私を取り上げて頂いたのですが、

その際に編集者の方とお話をしていて、

親御さんにとって七五三という行事がどれだけ大変かという事を改めて考えさせられました。

着物や着付け師さん、写真スタジオやカメラマンの手配から、神社の選定や確認、両家の両親との連絡の取り合いや、お食事処の選定や予約など事前にする事もわんさかあり、

さらに当日に、子が着物を着るか、ちゃんと写真が撮れるかという懸念など。

で、ここまでして当日着付けを嫌がり写真もまともに撮れなかったという例もあると。

でも、「まとも」って何だろうなとも思うのです。

今は写真を「見せびらかす」時代なので、

『七五三写真』に関しても、親御さんは幅はあれど少なからず、

「こんな風に撮れたらいいな」という理想があると思います。

 

私も我ながら、人様のお子様ながら、

最高に可愛い七五三写真をバンバン載せてるので、

我が子もこんな風に撮りたい!と思われる方もいらっしゃると思います。

 

でも、私のお客様は私のブログを本当に良く読んで下さっていて(本当に感謝です)、

私の「まとも」は結構「まとも」じゃない事、

「まとも」じゃないシーンが可愛いのではないですか!!!

という事をよく理解して下さっています。

これは出張撮影だからこそ出来るスタイルでもあります。

全てをその子の個性として、

「これが正しい七五三写真だ」というイメージにはめ込もうとせずに、

何でも受け止めて、寄り添って、一緒に楽しめば、

絶対いい写真は撮れます。

私が思ういい写真というのは、お子さんが楽しい事が分かる写真です。

ここで初めの親御さんの大変さに話は戻るのですが、

事前の準備などの大変さに関しては、

「パパさんも手伝って、100歩譲ってせめて自分の親に連絡位は自分でして!」

という感じなのですが、

当日の懸念に関して。

ここは親御さんには、写真的な理想は思い切って捨てて貰いたいというのが正直あり、

その上で私も可能な限り一緒に大変さを受け止めたいと言うか、

軽減させてあげたいと言うか、

どんな事が起きても私は大丈夫!だって全部本当に可愛いと思って撮ってるので!!

と言いたいです。

当日我が子がグズグズだと、「カメラマンさんに申し訳ない」と親御さんはご自分を責めてしまうのですが、

もう、全然!!全然です!グズグズが最高に可愛いのです!と私はいつも言っているし、

実際、グズグズが最高に可愛い写真もブログにあげて可愛さを証明していますし、

実際、全データを通しで見ると最高のストーリーになっているのです。

当日はグダグダすぎる我が子にゲッソリしても、

その写真は10年20年とどんどん熟成していき、

我が子が成人する頃に見返せば、

「あのグダグダもどれだけ可愛く愛しかった事か。」と思うはずなのです。

(私もまだ我が子で経験してないから分からないけど、でも絶対そう。)

そしてここがポイントなのですが、

そうして私たち大人がゆったりとした心で見守り、

一緒に楽しんでいると、

子供はちゃんと分かってくれるのだと思います。

嫌がってた着物を着てくれたり、楽しい表情が沢山出てくる様になります。

機を待つと言う事も大事で、それにも臨機応変に対応出来る出張撮影は良いのではないかなと思います。

 

あと、親御さんがゆったりとした気持ちでいてくれると、

私たちカメラマンものびのび撮れます(笑)

そうすると結果、良い写真が撮れます!

 

長くなりましたが、兎にも角にも、

3歳さんも5歳さんも7歳さんも、

こんなに大きく、無事に育ってくれてありがとう、

あなたは私たちの宝物だよ、

という気持ちで一生懸命お撮りします。

 

ご新規のお客様は8月1日の0:00からの受付、先着順で日程調整させて頂きます。

調整がつき次第ご返信致しますので、少々お待ち下さい。

すでにご予約済みのリピーター様も順次内容確定させて頂ければと思います。

今年七五三でお会いできる皆様どうぞ宜しくお願い致します*