愛しいの瓶の中。8ヶ月女の子とママの日常写真。

こんにちは。 CuiCui Photo Works フォトグラファー沼山かおりです*

今日はうちの長男の6歳の誕生日でした。

昨夜寝る前に、

「5歳の長男君、さようなら。」

と言ったら、ちょっと泣きそうになってしまいました。

この夜の境界線で何か劇的に変わる訳ではないのですがね、

朝起きたらもう5歳の息子には永遠に会えなくなるのかと。

どうしても哀愁方向に思考がいってしまう私です。

さて、本日もアップ仕切れていなかったちょっと前のお写真を紹介させて頂きます。

もうね〜、本当可愛いんで覚悟して下さい。

私は赤ちゃんの、この後ろ姿が大好きで、

顔に関しては斜め45度の、クレヨンしんちゃんの角度ですね、

このほっぺの部分がぶいーーーんと伸びてるシルエットが

もう本当たまらなくて、白飯3杯いけます。

今回の彼女、とっっても愛想がよくって、

最初に目が合った瞬間に、にこっとしてくれて

(これがあると、今日の写真は最高になると最初に確信します。)、

もうですね、

ずっと、

こっち見てくるし、

ずっと、

いい笑顔なんですよーーーーー!!!!(嗚呼〜かわいいよ〜〜〜、下の歯が2本生えてるよ〜〜〜愛)

そんで、スリングおんぶでキッチンに立つ姿、

めちゃくちゃいいですよね。

昔のおんぶ紐みたいでクラシック。

(ほら、こっち見てる♡)

さ、ご飯が出来ました!

はーーーー、何て可愛い顔でご飯を待っているんだい!

これハイローチェアってやつですよね?

これでご飯を食べる時期も本当短いですよね。

彼女も、お写真納品する頃にはもうこれで食べなくなっていて、

だからこの景色を残せて良かったです。

嗚呼、かわいい。

かわいい!ちゅき!!!

撮影中も編集中もブログ書く時も、こういう気持ち悪いテンションでいつもやっとります。

お庭ではネコ様が日向ぼっこ。

ご飯を食べ終わった彼女は何かをイジイジ。

この角度が可愛すぎてずっと見ていたいけど、お顔も見たいので、

「おーい!」

くるり♡

本当愛しい。小さな君。

そして見て下さい!! on the おまる読書!!!

何と可愛い!!!!!!

絶妙におまたもお隠れになっていてナイスです。

何か落ち込んだ事があっても、この写真見たら間違いなく元気になれますよね。

ごきげんに本を読んだり食べたりしていますが、出ない様なので・・・

オムツにチェンジして遊びます!

私が撮り溜めているうなじシリーズですが、

こんなまっっすぐ、ニュータイプ!!!可愛いよーーー。

私もこのコロナウイルスの影響で、思わぬ育休をもらった様な生活を送っていて思ったのが、

子供と密に過ごす時間は、「愛しい」を瓶詰めした中に閉じ込められる様だなという事です。

愛しくて、単調で、愛しい。

単調すぎて苦しくもなるけど、終わりは来るから、

育休の時間も、自粛期間も、

後者に関しては不謹慎かもしれませんが、

保育園に預けて、仕事に出かけ、また慌ただしい日々が始まると思えば、

名残り惜しいなって思う。

こんなに1日中君を見ていられるなんてやっぱり幸せ。

と、そう私は思います。

ネコ様は相変わらず気持ち良さそうに寛いでいます。

さて、あたちはそろそろ、

脱ぎ脱ぎしまして・・・

お風呂の時間!!

この脱ぎ脱ぎの辺りから、お風呂中も、

可愛い写真がいっぱいあるのですが、裸んぼ写真は割愛。

私は本当、室内の撮影が大好きですよ。

お伺いするお宅がそれぞれ、本当いい。

正直に言うと、とっても広い多面から採光のあるリビングで撮る日常写真の方が、

狭いお家より難しいです。

なので、「うちは狭いからな、ごちゃごちゃしてるからな。」と

日常撮影を躊躇われてる方がいたら、

「違う!違う!逆にそれがいいのです!」

と言いたいです。

新生児期にご実家で撮る写真なんか、いつもいいなあと思いますよ。

実家のモノの多さとか、古い家具とか、いいのですよね。

はーーー!!!!来ました〜〜〜!!!

お風呂上がりのツヤツヤちゃんです♡

もう、本当可愛い。

オムツも履いて、

肌着ちゃん写真も。

前にもお話しましたが、最近は私の中では裸んぼより肌着がブームです。

なんとも言えない可愛さがある。

ステテコっぽいと言うか、レオタードっぽいと言うか。

お洋服をこうしてショップの様にラックにかけていたり、

細やかな生活の片鱗が見えて、それを拾える、日常撮影のそんなところも好きです。

もう何??可愛い!!!!!

お着替え完了です!

次は、私が日常撮影でよくオススメする家事シリーズのお洗濯です。

バサバサって遊んだり、

被ってみたり、

あーーーー

むっ!!と食べてみたり、

入ってみたりで、

飛んでみたり、

飛んでみたりーーー!!!

嗚呼、可愛い。嗚呼、愛しい。

誰か助けてくれ。

退屈な様で同じ様なこんな毎日も、

何十年か後に見たら宝物すぎるのだろうな。

宝物すぎるって変な言葉だけど、宝物すぎるだろう。

さて、お家で沢山遊んだので、

撮影の最後はお散歩に行く事に。

こちらのママ、スリングの使い方が本当に上手!

こうやって上の方に収まってるのが正しいのですよね。

デコにチュっとできる高さ!

(私はスリング、全く上手く使えなかった。)

ほんで、何??!どんぐり帽子がこんな似合う子いる???

かわいちゅぎる。(語彙崩壊)

道中、ミモザの木があったり、

雪柳があったり、

公園には少し桜が咲き始めていて、沢山のお花と撮れました!

本当、撮影していても、大好きが溢れちゃいますよね。

私が知っている息子達への愛と、

ママさんの彼女に対する愛の共感なんだと思います。

仮に、我が子を愛していない親がいたとしたら、

私は多分、その親子の写真は全く良く撮れないと思う。

ぶくぶくのいい泡のショット撮れました(笑)

もう本当本当可愛い。その笑顔で世界を救えるよね。

そして、そろそろイケるのではないかと、

ネンネを誘発する為ウロウロしてみる事に。

そして、そんなに時間がかかる事なく、

寝ました!

寝てもらう為に少し距離をとっていたので近付きます。

はあ、可愛い寝顔。

そのままそっとお家に帰ります。

この睫毛の1本さえ愛しいですよね。

愛しくないパーツがないですよね。

我が子って何て凄い個体なのか。

置いたら多分起きちゃいます、と言う事だったのですが、

いちをチャレンジするも、

ふえーんと泣いてしまって、やっぱり抱っこのままがいいみたいです。

なので、今日はこのまま抱っこで撮影終了。

おやすみなさい。

そして沢山の可愛いをありがとう。

また明日。またいつか。

可愛いだけじゃ終わらない、終えれない、3歳双子の男の子の七五三。

こんにちは。CuiCui Photo Works 沼山かおりです*

3歳女の子の春の七五三投稿が続きましたが、

今日は3歳男の子の七五三のお写真を紹介します。

しかも、2人。

年に何回も撮らせてもらってるご家族で2人が0歳の頃からのお付き合いです。

私が到着するとテンションが上がってしまって、しょっぱなからこう!

嗚呼、愛すべき男児。しかも2人。

私も男の子のお母さんですし、息子溺愛なので、

男児のこういうとこたまらなく好きで、盛り上げちゃうのですが、

なんか、今日は、程々に?した方が?良さそうな感じ?ですね。

とりあえず、先ずズボンを脱がす事は成功しましたよ。

自由度が上がってしまった。

元々ママさんも七五三と言ってもキッチリ考えすぎずに、

「着物着るかな?着ないかもな?」という感じだったのですが、

とりあえず今の所は着る感じしません。

着てくれる気がしません。

テンションが高いうちはそのまま放出させよというのが私の考え。

着物の事は私も一旦忘れる事にしました。でも一旦ね。

あーーーーー!!!

ついに脱ぎ出しました!

あーーーーーー!!!

もういいや!最高!!!

もう何でもやれやれーーー!!!

もうね、こういうフレームインも大好きですよ。

混沌とした感じがね。

普段は怒られるであろう、テーブルONもノリでやってみる。

でも、そんな中でも私たち大人は機を伺っているのです。

そして、遊びに夢中な君達にちょこちょこ交渉を重ねていくのです。

そうだ、思い出してきました。

3歳ってこうだったなと。

ただただ可愛い0~2歳が終わり、

男子っぽいおバカさが現れはじめる年頃。

そして鼻ホジホジして、

食べる年頃。

え、何食べてるの?と。

美味そうだね、と。

赤ちゃんの時は当たり前に可愛いけどね、

3歳のこの感じも最高に可愛いよ。

君達は本当に毎日楽しそうだもの。

着物も着てないのに汗でしっとり。

サラリと紹介してますが、この時点で納品のお写真的には100枚目くらいですからね。

そんなこんなで、緑担当さんはお着物着てくれました!

黄色担当さんは・・・まだ・・・、着ませんね。

でも仲良しの双子さん、1人が着れば、

もう1人も着る。

お調子にも乗る。

ワサワサして着せるの大変。

性別で一括りにしてはいけないのだろうけれど、

本当男子はジッとしていませんよね。

女の子はお支度中もしっかり座ってられるのだけど。

うちの長男も3歳の頃なんか、食事中何度「座りなさい!」と言ってきた事か。

 

でも、街ですれ違うおば様なんかに、

「え?男の子?そりゃ大変ね〜!!」

とか言われても、男の子しか産んでないので大変かどうかはよく分からないというのが事実。

 

でも性別というより、個人の差ですかね。

大変なのかもしれないけど、それを余裕で超える可愛さです。

と思ったら、あれ。

黄色担当さん脱いでる。

緑担当さんも来た。

じゃれ合ってる。(かわいい)

着付け一向に終わらない。(かわいい)

そして着崩れる。(パンツ落ちてる)

やっぱ・・・、大変ですね。

なだめ賺し、もう一度着せる。

緑担当さんは神社に持っていくぬいぐるみを決める。

タコさんにするらしい。

「うん、持ってこう、持ってこう。」と言いつつ、

出発までに忘れさせる方向で進めていこうとする大人。

そうそう、この千歳飴っていうの持っていくからね。

タコさんを忘れさせる事に成功する。

と、ここでまた黄色担当さんが脱ぎたがる。

この切ない顔を見てしまったら、もう・・・。

ここで家族会議。

「じゃあ、もう2人とも普通のお洋服でいく?」

という事で、振り出しに戻りましたーーーーー!!!

俺たちの勝ちだぜ。ホジホジ。

3歳男子×2の威力は凄まじく惨敗の私たちですが、私のブログを読んで下さってる方でしたらお分かりだと思います。

ここで着なくてもきっと大丈夫。

という事で、お着物を持って神社に向かう事にします。

パイナップル君達が神社に到着しました。

どうしてもお着物を着ない場合、環境をガラっと変えるのはやはりいい手段です。

待合室をお借りしてお着替えをしてみる事にします。

「イヤイヤも可愛いのだから自然でいいじゃないか」という様な事を私はよく言ってますが、

それは『着物を着なくてもいいではないか』というのとはちょっと違います。

 

七五三はそれぞれ、一生に一度のハレの日ですし、

親はやっぱり可愛い着物姿は見たいものだし、写真に納めたいです。

はだかんぼ逃亡犯(笑)

泣いてまで無理やり着せて、「ちゃんとしなさい!」と写真を撮っても、

それで本人が『七五三が嫌なものだった』となってしまったら、

七五三って何の為のものだろうとなってしまうし、

私はそれはすごく嫌です。

でも親の立場だったら、子供が着物を着ない、グズグズばっかりしていたらイライラしてしまうのもよく分かります。

親としての『七五三の理想』の様なものがどうしたってあるので、

思い通りにいかない場合、

その為に費やしてきたお金だとか準備の労力だとかもあり、

ガックリきてしまうのは絶対そうです。

 

私自身も、このブログで『根気よく子供の好機を待つ』なんて言ってるし、

息子の溺愛っぷりを書いているので、

心の広いスーパー優しいお母さんに見られがちなのですが、そんな事全然なくって、

我が子の七五三で息子がグズグズと着物を着なかったら、

イライラするか、即モノで釣ろうとしますね(笑)

我が子だったらそんなものですが、

これは私の仕事です。

グズグズが全部可愛いのも、根気よく待てるのも、第三者だから、仕事だからという側面が勿論あるのです。

(本当に心から可愛いと思ってるのも事実ですが。)

だからこそ、七五三の撮影なんかは私たちみたいな子供撮影のプロである第三者に入ってもらう事は、

写真だけでない、いい面が沢山あると思うのです。

相変わらず、黄色担当さんは着付けに気乗りしない。

結局ひんむかれる。(かわいい)

『写真を撮る事』が私たちの仕事なのですが、

それ以前に私は、お子さん自身に、

「七五三楽しかった!」って思ってもらいたいのですよね。

これは絶対です。

「着物も辛いし、お写真いっぱい撮られて嫌だった。」

ってな事になったら辞職願出しますよ。

勿論、お子様の笑顔を引き出せる一番は親御さんですし、

撮影の際にもやはり、親御さんに頼る部分がほとんどで、

その日の「楽しい」を共有するのも私ではなく、ご家族なのですが、

お子様のゴキゲン問題が勃発した時に、

七五三に関しては、そこをまるっと受け入れるには、

親御さんだからこそ難しい部分もあると思うのです。

だからこそ、

「着物を着ない」とか「グズグズ」だとかの問題は、

第三者であり、写真とお子様撮影のプロである私達にもっと委ねて楽になってもらいたいと言うか、

それを一緒に楽しんで貰えると嬉しいです。

 

今まで、結局着れなかったという子はいないですし、

やはり、子供の気持ちの切り替え力を私は信じてます。

という事で、大変なお支度をよそに、

家族と2人のカッチリした写真はすんなり撮れるという、

世の中は上手く回っているものですね。

(双子さんのお子さんの場合、2人揃って立って、笑顔、目線あり、の写真を撮るのが一番の難関)

やっぱり3歳の着物姿、頗る可愛いですよね!

私の定番、『千歳飴鬼』ショットですが、

お子様がやらない場合は、大人が全力でやるのもありです。

ママ可愛い!

境内で可愛いお写真が沢山撮れたのであとは緩く、

可愛い顔や、哀愁漂う感じでばかうけ(おせんべい)と共に、

もう自由に自由に撮ります。

ご祈祷も終了したので喫茶で一休み。

ちゃんと2人ともお着物着れたね!ご祈祷も上手に出来たね!

暑い日だったし、一仕事後のジュースが美味しい!

と、この辺でやっぱりお着物脱ぎたくなってきてしまいました。

うんうん、もう脱いでいいよ!

お疲れ様!

と言うより、パパさんと、特に事前の手配などから頑張ったママさん、

「お疲れ様でした!!!」ですね。

改めて3歳七五三おめでとうございます!

やっぱり男の子も3歳の七五三みんなやった方がいいですよね。

こんな可愛いんだもの。

でもやっぱり大変そう?

 

そうですね(笑)

でも、この日の写真はきっと時間が経つほど価値が増していき、

宝物になるはずです。

3歳のやんちゃで可愛い君達の七五三。

撮らせてくれてありがとう。