1歳女の子の日常写真と、日常プラン依頼のポイントについて。

こんにちは。 CuiCui Photo Works フォトグラファー沼山かおりです*

昨夜、6/13(土)zoomにて開催の『日常写真座談会』の申し込みがありましたが、

何とzoom最大席数の100席が夜のうちに埋まってしまいました。

沢山のご応募ありがとうございました!

これも偏に共同開催のミニちゃんとともみさんのお力であります。

 

今日、皆様からのご質問を読ませて頂いたのですが、

嗚呼、これは深い話が出来そうだとか、

面白い質問だなというのがいっぱい。

今回の座談会はワークショップではないので、

プロ向けのレクチャーの様なお話はあまり出来ないと思いますが、

その様な希望もあれば今後開催を検討致します。

「プロとして撮る他人(お客様)の日常撮影」について

出来る深い話は結構あると思います。

こちらに関しては、プロ限定、少人数、有料となるかなと思いますが、

もし希望があればinstaのDMでも何でもご連絡下さい。

でも正直に言ってしまうと、

私は職人の様に地味にただお客様を撮っていたい人なので、

大々的にワークショプをやる様な事はないと思います・・・。

もしアツいご希望があれば、少人数であれば、

そしてミニちゃんとともみさんのお力を借りながらであれば、

私が出来るお話は惜しみなくしたいと思います。

と、同業者の方への告知の様になってしまいましたが、

一先ず13日の座談会は私のお客様も何人かいらっしゃいますし、

オンライン上だけども、またお会い出来るの楽しみにしています!

100人もいるから探すの大変かもですが、必ず見つけます〜!

さて、本日は1歳のお誕生日を迎えた女の子の日常写真の紹介です。

お伺いする前に、「人見知りを発動すると思いますが。」と言われていたので、

そっと目を合わせてみると・・・

ふぁ!

ちょっと笑ったね?

これは大丈夫かも知れない!

という事で全然大丈夫でした!!

はーーー、何、チェックの赤ワンピが似合いすぎてる、可愛い。

どちらかと言うと薄毛ちゃんタイプ。

これ、薄毛ちゃんだからこそチェックのワンピが映えるの分かりますかね。

うちも次男が未だに(1歳5ヶ月)薄毛ちゃんなので、

もうラブ薄毛ちゃんです。

この弾き方、赤ちゃんのソレじゃない。

「わ!天才!」とか盛り上げると、

本人も褒められてるのが分かって、ノッてくるじゃないですか。

あれが可愛くて、いつもめちゃくちゃ盛り上げてしまいます。

「わ!木琴も弾けるんかー!」と、こちらも盛り上がる。

今度はボール遊び。

「どーっちだ??」「こっち」

「ざんねーん!」

「こっちでしたー!!」

と、いちいちの反応が可愛いよ〜(涙)

そして今度は、これは鉄琴かな?

ついに両手持ちで奏でる!!

はーーー、天才!!!!

そして、私の撮り溜めているシリーズの『うなじショット』。

多分、軽く、『うなじ写真集』出せる位は既に撮り溜まってる。

彼女のうなじは、これまたうちの次男に似ていまして、

「はーーーー!くぼみがあるタイプーーーー!!」

と一人でキュンとなっておりました。

私は次男の、この窪みに、自分の鼻をはめ込むという事をよくします。

長男はえくぼをこよなく愛しいと思っていたのだけど、

次男はこのうなじのくぼみですね。

だいぶマニアックなゾーンの方にきました。

嗚呼、ただ可愛い。

そして、こちらのお家がとっても素敵で、

何て言うか、家の中でフレームがある写真が撮れる構造になっていて

こういうところが室内撮影の構図のとり方の醍醐味というか面白さだよなって思います。

大好きな絵本も沢山読みました。

お散歩ワンワンで遊んだり、

パパにアクロバティックな技をかけてもらったり、

ロールカーテンでいないいないばあ!をしたり。

自分でも、「いないいない〜!!」

「ばあ!!!」

嗚呼、もう、可愛い。

1歳近くなるとしだすこのいないいないばあの癒し効果は、

写真でもこれなんで生だともう癒しというか破壊。

そして、私がこの日一番「きゃわわ!」となったのが、

彼女がペッパピッグ好きというところ。

分かりますかね、なんと言えばいいのか。

何か特定の好みを発揮するという事、それが愛しいのです。

だって、つい最近までは、「寝る」とか「ご飯」とか「おっぱい、ミルク」とか

「生」に関する事でいっぱいいっぱいだった赤ちゃんが、

「ペッパピッグが好き」っっって!!!愛しいでしょー!!!

ちょっと公園まで遊びに行こうという事になったので、

ペッパピッグ観ながらお支度です。

さ、靴下はこうね〜。

彼女、「え?」

パパ、「ん。」

という、お気に入りの連続ショット。

嗚呼、私だったらこのままチュッチュ、チュッチュ。(気持ち悪くてすみません。)

いや、きっとパパも撮影でなければしてるでしょう。

ペッパピッグもっと観たそう(前のめってる可愛い)だけど公園行こうねー。

さ、出発です。

この時はまだあんよをしていない彼女。

お家のすぐ隣の小さな公園で少し遊びます。

滑り台はとっても楽しそう!!

家族3人のシーソー。

私は自分が子供の頃のアルバムをみるのが好きなのだけれど、

お父さんがこんな笑顔で私を見つめる写真なんてあったかな。

そもそも私の実の父は写真に笑顔で写ってる事があまりなかったな。

昔の写真は『スナップ』だし、

第三者が自然な家族の姿を撮るなんて事がなかったから、

「はい、撮るよー。」と、

カメラ目線とか固まってる様なものがほとんどですよね。

私と弟が何か面白い事や可愛い事をしている時に、

母が愛を持って撮ってくれたショットはよく分かるけれど、

こういうタイプの、第三者が撮る日常写真というのは無かったです。

 

私の場合は、

5歳やそこらで会う事がなくなった父が写っているアルバムに家族の感情を持ってみる事はないのですが

(ちっちゃい私、ちっちゃい弟がかんわいい!!!というテンションではみてる。)、

こういう、言ってしまえばどっかの誰かが撮る不思議な、自分たち家族の客観的な姿が残っていて、

それを見て育つ今の子供達はどんな風に、どんな感情を持って、もしくは持たずに、

この写真達をみるのだろうなと

そういう事は思ったりします。

でも、撮り手である私個人の気持ちとしては、

『見方』を何ら、子供達には期待していないです。

私たち親が、今の最高に可愛い君を冷凍保存しておきたいだけなのだと。

「だって大好きなんだもん!すっごく可愛いんだもん!!」

ただ、これですよねー。

そして、撮ってるどこの誰だか分からないやつ(私)もほぼ同じテンションなのだけれど、

まあそれで、子供達が将来何かの折に、この写真で

「私は、僕は、大丈夫。」

って思ってくれたら、それはもうけものかなと思う。

でも、本当思わなくても全然構いません、

私たち親は、この写真でこの先もずっと泣けるんで!!!

という、謎の独りよがりをしきったところで、お家に戻って来ました。

ご飯の準備中、おもちろい顔してくれた♡

パパと遊びながら、ママが作ってくれるご飯を待ちます。

このキッチンゲート越しのショットも人気です。

健気に待ってる姿が可愛いのですよねー!!

私とも仲良しになってくれてありがとうね♡

そして、

「ご飯出来るまで時間あるから、ペッパピッグいいでしょ?」

とパパにおねだり。

ダメよと言われてしまう。(このショット大大大好き!!!)

「お父ちゃん、ペッパピッグ見せてくんないって!!」と友人(ペンギン)をわし掴む。

「ペッパピッグ!!!」と激おこ。

そして不貞寝(笑)!!!

と、実際はちょっとおネムだったのかな?

でも納品写真も上の状態で連続だった為、『ペッパピッグ劇(激)場』としてお楽しみ頂きました。

本当可愛い。可愛すぎてつらい。

この辺で、彼女がよくやる『パパのおへそピンポン(インターフォン)』ショットも撮ったのですが、

パパさんのプライベートゾーンな為、割愛。

でもこのショットも可愛かった〜。

ご飯はまだかな。お腹も空いたし、

やっぱり眠い。

(はーーーーーー!!!可愛い!!!!)

さ!お待ちかねのご飯が出来ました!

彼女のご飯もとっても美味しそう!

ママさんとはTwitterで繋がっていまして、

丁寧な暮らしぶりが伺えて、とても気持ちがよく、ママさんのツイート大好きです!

この納豆入りの卵焼きは、次男の離乳食に撮影の翌日マネさせて頂きました。

洗濯バサミ?型お食事エプロンもいいですよねー!

はーーー、私はお茶ちゃを飲む赤子の、口?ほっぺ?まあその辺一帯のフォルムがたまらなく好きです。

洗濯バサミもここにきてより一層可愛いでしょ。

いただきます!

こっちに気付いた(笑)!

色んな表情を見せてくれる彼女ですが、

大好きなバナナを一気食いあるあるです。

みんなで完食、ごちそう様でしたー!!の、

いないいない〜、

「ばっ!!!!」

幸せ。

そしてネンネの前のお着替えと裸んぼショットも撮りましたが、

ここも割愛。

でも、肌着、最近私は「裸んぼよりむしろ肌着」の境地に達しています。

こちらは一歩先行く達人のゾーンです。

ほら、最高じゃないですか。

つま先立ってるし!!!

はあああああ、たまらんシルエット!!!

なんて可愛い生き物なんだ、君達は!!!

さて、そろそろ限界かな。

ネンネの前の授乳タイムです。

お写真何とか撮れましたが、ちゃんと飲まないで噛んでただけの様な感じで、

抱っこ紐にてゆらゆら作戦にしました。

そう、抱っこ紐のシーンも撮っておいた方がいいです!

歩き出してから、歩くのが楽しい!って子は抱っこ紐に入らなくなっちゃたりしますよね。

ご飯の前からあくびをしていた彼女ですので、割とすぐ寝ちゃいました。

嗚呼、愛しい。

エルゴのフックをカチンと外して、

そっと着地。

おやすみ。

と、彼女も寝ましたのでここで私の『育休とか日常とか、プラン』について、

ちょっとお話しさせて頂こうと思います。

私のこのプランは、次男出産後2019年5月の産後復帰のタイミングでリリースしました。

以降、私の撮影の約7割が日常撮影のご依頼となっています。

何でもない、日常こそ価値があるという事は私たち親はずっと知っていましたよね。

知っていながら、どんどんすぎてゆく毎日と、

早すぎる我が子の成長に追いつけなくて、

「誰か、時間を止めてーーーー!!!」と叫ぶしかなかった。

叫ぶだけでなく私に声をかけて下さった方の為に、

カメラを駆使して、写真でもって、何とか閉じ込めるお手伝いをしようと、

お金をもらって、全身全霊で撮らせてもらってます。

日常撮影については、卒論が書けるくらい考察できそうだなと思うのですが、

まあ実際出来ないので、

今日は一つ、ご依頼に際してのコツというか、お願いというか、

を書かせて頂こうかなと思います。

私の日常撮影は、親御さんと私の『共感』が大きなポイントになると思っています。

最近はご依頼が増えている事もあって、

また私がブログで沢山お見せしている事もあり、

サラリとしたお問い合わせ、ご依頼を頂く事があります。

お客様としては、「このブログの様にそのまま撮ってくれ」という私への信頼であるとも思うのですが、

実は私は、お客様独自のストーリーを拾えないと撮りにくいというところがあります。

具体的に今の育児の気分を述べて下さい、なんて事はないです。

本当に簡単でいいので、撮影を依頼するに至った経緯や簡単な気持ちをご依頼時に教えて頂きたいです。

例えば、「来月から仕事復帰で、育休の最後の時間を残して欲しい。」とか、

「第二子を妊娠中で、上の子との最後の2人の時を残して欲しい。」とか、

割と一般的?な感じでも十分です。

逆に具体的な例で言えば、

「息子は電車が大好きなのですが、

私たち夫婦は、積木やリモコンやティシュの箱などを使って電車にまつわる線路や駅などを作った息子の作品が大好きです。

運よく息子が作りはじめたら是非残して頂きたいです。」など、

親御さんが特に愛しいと思っている部分なんかは

聞かせてもらえるととても嬉しいです。

 

私は、勿論他人ですし、第三者として撮影するのですが、

なるべく親御さんそのものの『目』の様に撮りたいと思っています。

気持ちも身体も決して親御さんそのものにはなれませんし、

これまで得てきた経験も体験も違います。

そこでどうすれば良いかと考えると、

親御さんが話してくれた内容から、私個人が得た感情の似た部分を引っ張ってくる

という作業が重要になります。

 

写真のクオリティとかアレコレはまだまだ勉強すべき身なのですが、

どのお子様に対しても「可愛い」が爆発する、

またどんな状態であっても、その一定ラインが揺るがないという部分においては

私は自信を持って「プロフェッショナルです。」と言えます。

なので、お子様によって気持ちの上下がある事もないですし、

一定のクオリティはどんな状態でも出せるのですが、

「より」いいなと思える撮影ができた時というのは、

親御さんと私の共感が「より」近い時だなと思うのですよね。

また日常撮影といっても、私はコアになる「テーマ」を何となく設けてシャッターをきった方が上手くいくタイプなので、

何か情報があれば設定しやすくなります。

なので、やはりご依頼時には備考欄に一筆でも十筆でも加えて頂けると嬉しいです!

あと、撮影時間についてです。

殆どの方が『育休とか日常とか、プラン』のショートを選択されます。

ショートは最大3時間撮れるのですが、

私的には何としてでも3時間キッチリ撮りきる!というより、

リズムやストーリーを重視して、場合によっては2時間程度でも十分だとも思っています。

もしくは、この写真の様なネンネショットはやはり価値があると思うので、

2時間撮影して、1時間丸々寝かしつけに使うとかでも全然いいです。

 

私の日常撮影はちょっと独特の、多分私ならではの、私側のリズムがあると思います。

なので、愛しいポイントやお撮りしたいシーンなどお伺いしながらも、

全体のリズムはお任せ頂ければと思います。

でも勿論、

「お前のリズムなんて関係ない。目一杯3時間撮ってくれ。」

という場合も遠慮なく仰って下さいね!

寝顔の写真は、やっぱり、すごくいいなって思います。

起きてる時は愛しいけど、でも大変もあるじゃないですか。

でも寝てる時は愛しいしかないですからね。

「愛しい」が満ち満ちてきて、「尊い」という最終形になる。

彼女の寝顔もなんて尊いのだろう。

沢山遊んでご飯を食べて、安心しきって寝る。

そんな日常のたった3時間だけれども、大切なものを詰め込んで保存できると思う。

 

そう。

現在、instagramのストーリーズでご要望をお聞きした時に頂いたご意見で、

新しいプランのリリースを準備しています。

もっともっと保存できる様なプランです。

そちらも楽しみにしていて下さい!

そして、今回のお写真のU様、本当にありがとうございました!!

 

最後に、instagramに新緑撮影会のお知らせを載せております!

今後はなるべく撮影会を増やしたいので募集を簡易化する為に、

ブログ告知はなしでInstagramと

CuiCuiのFacebookページシェアのみでの告知とさせて頂きます。

どうぞ宜しくお願い致します*

退院の日プランより、沐浴ジャック事件発生。

こんにちは。CuiCui Photo Works 沼山かおりです*

自粛生活がスタートして1ヶ月が経過しました。

一先ずこの1ヶ月間での私自身の反応は2パターンありまして、

お母さんとしてのものと、フォトグラファーとしてのものが反比例している感じです。

お母さんとしては意外や意外、ノーストレスで過ごせております。

長男も勿論ですが、何にせよ可愛い盛りの次男、

暇を持て余した私は、次男の咀嚼の一つ一つにさえ、

「は〜〜〜〜、きゃんわいい♡」と、

もう何かしらの分泌中枢が狂ってるとしか思えないお花畑状態で過ごしています。

一方、フォトグラファーとしてはやはり不安の方が大きいです。

これは皆さん一緒だと思います。

私的なこの不安への対処法は、仕事的に有意義な事を絶え間なくするという事なのですが、

なんて言うか、これまでずっと仕事の事を考えてきたし、

維持する為に走り続けてきたのですよね。

皆さん、そうだと思う。フリーランスの方は特に。

そして、この様な自体になって、自粛して家にいなさいなんて言われて、

せっかくだから有意義に過ごさずに思う存分子供と過ごして、

夜はプレステ4でバイオハザードやりまくって、

仕事の事を敢えて頭から抜いちゃおうかなという気分だったりします。

また世の中がまわり始めれば私の頭の半分は仕事の事で埋まってしまう。

(私の脳味噌は仕事4、子供4、スターバックス1、読書1のみで埋まっています。)

また動き出せば、そこから何とでもなるから、

この機会を逆に、贅沢に使ってみようかなと!

でもまあブログは仕事というか、趣味なので、これからも一定に更新してゆきます。

(インスタはちょっと気分重視で更新頻度が下がりそうです。)

そして、アルバムキャンペーンを開始してから、

私の予想より沢山の方からご依頼を頂けました!!

私の生活費が1ヶ月保たれたっていうのもありますが、

やはり、この世に、この事をきっかけに、

1冊でも多くのアルバムを生み出せたという事が嬉しいです。

写真はモノで残そう派なので。

本当にありがとうございます*

さて、今後は紹介し切れていなかった方のお写真をブログにしていきたいと思っています。

今回は『退院の日プラン』のお写真の紹介です。

この日は、勿論コロナが発生する数ヶ月前ですが、

院内の撮影がNGだったので、病院前で待ち合わせてそこから初めてお家に帰るシーンの撮影でした。

病院前の公園で鳩さんが綺麗に整列してたのでそっと近づいて撮影。

私は必ず、その日の気候や、その場所の風景が残る様に人物以外の撮影もしています。

この鳩の整列のこの並びはこの日だけのもの。

君が初めて外の世界に出た日の風景だからねという気持ちで残します。

初めまして!彼女が今日の主役です。

このクーファンに入っておりますよー!クーファンで運ばれてますよー!(かわいい)

そして、かんわいいお兄ちゃんもおります。

この位の月齢はね〜、スーパー可愛いからね〜、

主役を持ってかれる可能性大です。

さ、車でお家に帰ります!

ひーーーー!!!可愛い!!!

私は、チャイルドシートの新生児ショットがとにかく好きで、

車帰宅の際は必ず撮っています。

「ちっさ!!!ちっっっさ!!!」ってなって、可愛さが際立つと思う。

お兄ちゃんもチャイルドシートへ。

しかし、いつもと違う助手席に設置された為泣く、可愛い。

これまでの俺の場所に「調整」が施されていくだろう最初の試練。

みんなで宥める車中でした。

主役は落ち着いております。

それにしても帽子可愛すぎる。

お家に着きました!

産院での数日って私たち母親にとっては非現実的で特別(体はバッキバキ)な時間でもありますよね。

でもやっぱり自宅に帰ってくるとホッとします。

ここからいよいよ、君との新しい生活が始まります。

お兄ちゃんもまだまだまだまだ可愛い盛りだよね〜、可愛い。

いつも撮影に行くとすごいなと思うのが、子供はどんなに小さくても、より小さいものを慈しむ事を知っているという事。

お家でのお兄ちゃんの初めての抱っこです。

私は次男が生まれた時、長男がお兄ちゃんとなる姿を見て素直に感動しました。

お兄ちゃんになる事を長男は別に自分で選んだ訳ではないのだけど、

まっすぐに、嬉しそうに、次男を「可愛い」と言う長男が自分より優れた人に見えた。

私は自分で産んでるし、そりゃ可愛いんだけんど、

君もこの子を可愛いと思ってくれるのかい?ありがとう、と思ったのだよな。

主役はいい子でネンネ。

自分で引っ掻いた跡が顔にいっぱいあるところもこの時期ならではで可愛いんですよね。

お兄ちゃんは遊ぶ。

そして早速沐浴の準備です。

ちょうど起きた様ですね!

人に渡った途端に何故か輝いて見えるものってありますよね。

という事で、何かやっぱりイケてる様に見えてきたか、先にお兄ちゃんIN!!

飛行機なんだってーーーー!!もう可愛い!!!!

この『MAX』が彼的には『ANA』らしい。『JAL』だったっけかな。

はあ、愛しい。

はあ〜〜〜〜、かわい!!!

私も2人目を産んで、死ぬほど実感してるのですが、

子供の人数が増えるとこちらが視界に入れれる割合は一人当たりに対してはやはり減ってしまうのですよね。

下の子はより小さい分、より愛らしいのだけれど、

上の子だってまだまだ可愛い。

お客様の写真を見ると、私ももっとかつての様に長男を見てやりたいと思うのです。

私は撮影中にキッチンに立つパパさんのナチュラル度を密かにチェックしています。

その醸し出す雰囲気により、どれだけ家事育児に参加しているか分かるのですよね。

ナチュラル度が高いと心の中で拍手を送ります。

さて、お湯もはれましたが、あれ、お兄たん脱ごうとしてる。

お兄ちゃん、君は脱がなくていいよと窘められ、主役が脱ぎ脱ぎ。

脱がされると不安だよね、泣くよね、かわい。

手のひらに乗るよね、かわい。

かわい。

不安。

気持ちい。

かわいーーーーーーーーー(涙)

不安(笑)

そしてお兄ちゃんもお手伝い。

自分も手に取って、

みんなで洗ったげる。

「ああ、お兄ちゃんまでありがとね。」って言ってないけど、そんな表情、かわい。

尊い(涙)

これでバッチリ完了。

と、ここで・・・

そんな予感はしていたけれど、

何と、お兄ちゃんによる沐浴ジャック。

まあ、ちゃんと待ってたからのっとりではないですけどね。

ひーーーーー!!こんな画撮らせてくれてありがとう!!

最高に可愛いじゃないか!!!

かわいいよー。

2,3歳って本当可愛いですよね。大好き。

あたちはスッキリ!お洋服も着ましたー。

いい風景だなあ。

お兄ちゃんはまだまだ沐浴を楽しんでいます。

お背中パックもね♡

お兄ちゃん、なかなか長風呂派でして、本日真の主役は授乳に入ります。

パパはミルクの準備。このコンビネーション大事ですよね。

そして、お兄ちゃん、まだ上がらないそうです。

ビシっ!

まだ上がらないそうです(笑)

ここでやっと。

もう可愛すぎて無理だ。パパもいい表情(笑)

そして追加のミルクはパパが。

混合の場合はパパミルクのシーンを撮る事が多いですよ。

新生児期のおっぱい授乳は顔が埋まってしまうので実は撮りにくくて、

だから完母でない場合は、ミルクのシーンはオススメしています。

こうやってその辺で遊ぶ上の子も込みの写真って可愛いですよね。

こうしてお腹いっぱいになってまた寝てしまいました。

今はコロナウイルスの影響で、他人が産院に入る事は勿論、

旦那さんが出産に立ち会えなかったり、

入院中の面会さえも制限されてたりすると聞きます。

一人で産んで、産後直後の不安な時期に家族とゆったり会えないなんて、

どんなにか辛かろうと思います。

現在妊娠中の方もとても不安だと思うし、負担もとても大きいですよね。

 

もともと、

「妊婦ってこんな大変なのに、サービスも明らかに不足してるな。」

と思って始めたこの『退院の日プラン』ですが、

写真で貢献する事ができない今は、ここから密かにエールを送る位しかできないです。

本当は新生児期に写真を撮ってもらいたかったという方も沢山いると思います。

この事態は残念ではあるのですが、でも、子供というのは撮った時がいつもベストな時期なので大丈夫です。

いつでも「今が一番かわいい」ので!

安心が戻ったら、またその時に撮らせて下さい。

 

どうやら緊急事態宣言は5月末まで延長になりそうだという事で、

CuiCuiとしても新規の撮影は宣言解除まで中止の対応となるかと思います。

ご予約済みの方には個別で連絡させて頂きます。

詳しくはホームページTopのnewsに随時更新していきますので、

どうぞ宜しくお願い致します*